endBooks「 アルコール中毒、飲酒の影響 」年月別インデックス

  • → 2017年

    2017年5月 朝日新聞 ネット依存の中高生、飲酒や喫煙も多い傾向 厚労研究班 2017年5月 LiveScience Booze Snooze: Why Does Alcohol Make You Sleepy, Then Alert? ビール2杯はアセトアミノフェンより高い鎮痛効果https://t.co/0Xpz0pdXX4 コデインなどのオピオイド系薬剤に匹敵するとか書いてる。まじかhttps://t.co/HHBDkZ5vfr — ゆきまさかずよし (@Kyukimasa) 2017年4月30日 2017年...
     → 全文を表示する

  • → 2016年

    適度な飲酒 2016年11月 LiveScience Moderate Drinking May Have Some Heart Benefits 2016年11月 AFP 飲酒によるがん死者、2012年に36万人 国連機関調査 2016年10月 LiveScience Women's Alcohol Consumption Catches Up to Men's 2016年10月 BBC News 女性のアルコール消費 男性とほぼ同じに=豪調査  データは世界中から集められているが、北アメリカと欧州がかなりの部分を占...
     → 全文を表示する

  • → 2015年

    2015-12 MT Pro 女性の飲酒が増加傾向,喫煙率は男女とも横ばい 2014年国民健康・栄養調査 2015-10 BioToday 妊娠中に安全な飲酒はない~米国小児科学会 2015-10 LiveScience 妊婦は絶対禁酒 For Pregnant Women, Absolutely No Drinking, Docs Say 【妊婦の飲酒一切ダメ 米で勧告】米小児科学会が、妊婦に「アルコールは一切飲んではいけない」と呼びかけ。1日1杯でも子どもの発達障害の危険が高まると指摘。 20...
     → 全文を表示する

  • → 2014年

    2014/11 BioToday 度を過ぎた飲酒者のうちアルコール依存基準を満たすのは僅か10% 2014/11 BioToday 腸細菌由来物が全身炎症を焚き付けてアルコール渇望を促しうる 2014/11 【日本語ブログ】思春期における飲酒は神経細胞節を減少させ、認知能力を損なう 2014/10 MT Pro 週にビール5缶程度でも精液の質が低下?/デンマーク・住民ベース横断研究 2014/10 BioToday [医学] 酒量が多い男性にヒトパピローマウイ...
     → 全文を表示する

  • → 2013年7〜12月

    2013/12 ワイアードビジョン カフェインとアルコールは、染色体「老化の指標」に影響 適度のアルコールの消費量はボディーの免疫システムを高めます。 2013/12 EurekAlert  Study: Moderate alcohol consumption boosts body's immune system 2013/12 BioToday 適度な飲酒はワクチンへの免疫応答を改善しうる 2013/12 LiveScience Binge Drinking Rates Lower in States with Strong Alcohol Policies アルコ...
     → 全文を表示する

  • → 2013年1〜6月

    2013/06 news@nature.com Online games offer trove of brain data オンラインゲームは脳のデータの貴重な発見を提供します。   脳トレーニングソフトウェアの3500万人のユーザの研究は認識能力にリンクされたアルコールと睡眠を見つけます。 2013/06 news@nature.com Blocking boozy memories reduces risk of relapse   酔っている思い出を妨げると、アル中再燃の危険は減少します。   学習とメモリに関連して...
     → 全文を表示する

  • → 2012年7〜12月

    2012/12 EurekAlert Impaired executive function may exacerbate impulsiveness and risk of developing alcohol dependence 損なわれた執行的職能は衝動的であることとアルコール依存を発生するという危険を悪化させるかもしれません。  執行的職能(EF)は計画や、意志決定や、応答制御などの複雑な挙動を誘導します。  アルコール依存(AD)がEFを損なうのが知られています。  新しい調査結果は、増加する衝動的であるこ...
     → 全文を表示する

  • → 2012年1〜6月

    酒の席は社会の潤滑油 2012/06 EurekAlert University of Pittsburgh study reveals moderate doses of alcohol increase social bonding in groups 適度の投与量のアルコールによってグループ靭帯が社会的に増加するのを明らかにします。  適度の量のアルコール(社会的環境では、消費される)が積極的な感情と社会的な接着を高めて、  それらの飲酒の中で否定的情動を救うことができる 2012/07 BBC News Two thirds 'tu...
     → 全文を表示する

  • → 2011年

    性格のある一面が、酔った時に大虎になるかどうかを大きく左右する 2011/12 1 trait has huge impact on whether alcohol makes you aggressive 「将来の結果を考える能力」、これしだいで「酒で攻撃的になる」がどうかが決まってくる  しらふのとき、先々のことを慮って行動できる人より、目先のことばかり考えがちな人のほうが攻撃的。  その差は、酔った時にさらにあらわになるわけで 2011/12 EurekAlert Analysis ...
     → 全文を表示する

  • → 2010年

    無礼講 2010/12 Influence of alcohol on the processing of emotional facial expressions in individuals with social phobia  対人恐怖さんにおける、感情的な表情の処理へのアルコールの影響  アルコールは対人恐怖患者の上で険悪な社会的刺激の衝撃を減衰させる 2010/12 【日本語記事】BioToday ナルトレキソンでアルコール依存を安全で効果的に治療しうる 2010/12 毎日新聞 赤ワイン:認知力向上 マウス...
     → 全文を表示する

  • → 2009年

    2009/12 EurekAlert Switching off hunger hormone affects desire to drink 食欲がらみのホルモンであるグレリンを操作すると、アル中がなんとかなるかも 2009/12 時事通信 「酒強ければ分解早い」は錯覚=飲酒運転防止呼び掛け−佐賀の医師 二日酔い:酒の色と二日酔いと仕事の関係 2009/12 Nature Hangovers: Uncongenial congeners doi:10.1038/462992a 2009/12 【日本語記事】Dr赤ひげ.COM 色の濃い酒...
     → 全文を表示する

  • → 2008年

    2008/12 EurekAlert Moderate drinking can reduce risks of Alzheimer's dementia and cognitive decline 適度な飲酒、アルツハイマーの認知症と認知減少のリスクを減らすことができる 2008/12 EurekAlert Prenatal alcohol exposure damages white matter, the brain's connective network 胎児期のアルコール暴露は白質(脳の接続ネットワーク)にダメージを与える 2008/12 EurekAlert Published reports inaccur...
     → 全文を表示する

  • → 2007年

    2007/12 EurekAlert Cognitive, genetic clues identified in imaging study of alcohol addiction アルコール中毒のイメージング研究で特定される認知、遺伝子の手がかり  COMT遺伝子の変異はアルコール中毒患者の衝動性にかかわる 脳スキャンと遺伝子研究から見える、思考パターンと中毒のおつながり 2007/12 EurekAlert Brain imaging and genetic studies link thinking patterns to addiction  衝動的な決定をする...
     → 全文を表示する

  • → 2005〜2006年

    飲酒の影響総論  科学なポッドキャスト 「飲酒の影響」 MP3ファイル 30分  ヴォイニッチの科学書 Chapter-128 2006-09-23  ・飲酒が身体に与える影響 2006/08 EurekAlert First-of-its-kind Italian school study finds high levels of prenatal alcohol exposure  酒の飲み方、アメリカより欧州のほうがまし  胎児性アルコール症候群児の出生数はどっこい 飲酒運転 酒をやめて...
     → 全文を表示する

  • → 2003〜2004年

    飲酒運転 2004/11 EurekAlert Brain imaging study of drunk drivers pinpoints neurological changes 2003/04 EurekAlert  Alcohol makes auto crash injuries worse for drivers and passengers, study finds 2003/04 EurekAlert  Alcohol's double threat: A greater chance of crashing, and more severe injuries 脳が酔っぱらう 2004/04 EurekAlert The cognitive damage o...
     → 全文を表示する

  • → 2002年まで

    飲酒運転 飲んだら乗るな、飲んだら検査  飲酒量自己診断の簡単キットで飲酒運転が減らせます 2001/12 Yahoo! News Self-Test May Prevent Drunken Driving 酔っぱらい運転をする人は心に病を持っているかも  飲酒行動で過去に問題があった人が9割にのぼる 2001/10 Yahoo! News Drunk Drivers Often Have Mental Disorders: Study 2001/11 Psychiatric News Volume 36, Issue 22  Drunken Drivers Oft...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー