endBooks「 生命倫理、生命操作、安楽死 」年月別インデックス

  • → 2017年〜

    2017年7月 朝日新聞 受精卵のゲノム編集「法規制の検討を」 学術会議提言へ 2017年6月 朝日新聞 卵子の提供、7割が「認める」  岡山大などの研究班 2017年6月 毎日新聞 ES細胞医療用、作製へ 京大申請、厚労省専門委も了承 2017年6月 朝日新聞 医療用ES細胞、今年中にも作製へ 京都大、国内初了承 2017年5月 毎日新聞 <ヒト生殖細胞>基礎研究は容認 政府が新方針策...
     → 全文を表示する

  • → 2014年〜2016年

    2016年12月 Nature Human Behaviour  成人後に経済的負担となる少人数の集団を小児期に予測する  人口の20%が経済的負担の約80%の原因  3歳の時点から高い精度で予想できる Nature Human Behaviour創刊前コンテンツ | 無料公開中 | 「成人後に経済的負担となる少人数の集団を小児期に予測する」 https://t.co/odhQ7CzNGY pic.twitter.com/T6IbTNIXcH— Nature Japan (@NatureJapan) 2017年1月10日 20...
     → 全文を表示する

  • → 2013年

    2013/12 BBC News Right-to-die case at Supreme Court 世界銀行は胎児の人生を含むように貧困インディケータを再定義せよ。 2013/10 EurekAlert Call for World Bank to redefine poverty indicator to include the life of the unborn child...
     → 全文を表示する

  • → 2012年

    2012/11 【日本語サイト】「どんなDNAなら生まれてきていいのか」ダウン症協会理事長 2012/11 BBC News Vegetative patient Scott Routley says 'I'm not in pain' 10年以上にわたり植物状態カナダ人男性が、彼は痛みではないことを科学者に伝えることができました。 2012/11 EurekAlert  Scientific progress could be casualty in public health vs. privacy debate over newborn blood samples 科学の進...
     → 全文を表示する

  • → 2010〜2011年

    2011/12 news@nature.com US bioethics panel urges stronger protections for human subjects 米国バイオエシックス委員会は人間の対象のための、より強い保護を促します。 Present regulations are adequate but not optimal, report says. レポートには現行規制が適切ですが、最適でないと書かれています。 2011/12 朝日新聞 尊厳死、法制化の動き 延命回避の医師免責 議連が骨子  終末期医療における患者の意思...
     → 全文を表示する

  • → 2009年

    2009/12 EurekAlert Physician-assisted suicide: A perspective from advocates for people with disability 医師による自殺幇助 障害者のための支持者からの見解  オレゴン州とワシントン州だけが合法化 科学なポッドキャスト 人類はまだ進化中ですか? SciFri Radio:Are Humans Still Evolving? 2009/10 サイエンス・フライデイ Science Friday Has access to modern medical care thrown a wrench into the 's...
     → 全文を表示する

  • → 2008年

    米国の公衆は、遺伝子研究やDNAテストと政府の意向を支持している 2008/12 EurekAlert VCU survey: US public supports genetic research, testing and government spending on research  8割は、もっと気軽に遺伝子検査を利用できるようになるべきだとみなしている  半数以上は、遺伝子研究によって得られる利点は、弊害を上回っておつりがくると考えている  :アメリカは、科学や医療技術の成果に対して異様に楽天的...
     → 全文を表示する

  • → 2007年

     科学なポッドキャスト Neuroscience and the Law 【MP3ファイル】 2007-11-28 Scientific American:Science Talk  「神経科学と法律、倫理」 殺人で服役中の男には、刑務所内結婚をした女性と、人工授精で子をなす権利が認められるか 2007/12 BBC News Murderer wins right for IVF baby Murderer wins right to be father 殺人者は、父になる権利をゲット 殺人者は、体外受精赤ちゃんにおいて権利を得る 200...
     → 全文を表示する

  • → 2006年

    2006/12 【日本語記事】読売 人間住める惑星探せ!仏が探査衛星打ち上げ 2006/12 BBC News Doctor 'helps Italian man to die' 幹細胞採取のためにウクライナで健康な新生児が殺されていた! 2006/12 BBC News Ukraine babies in stem cell probe  元気な赤ちゃんから骨髄性幹細胞や臓器を収穫してあとは廃棄  科学なポッドキャスト 「動物細胞にヒト遺伝子はダメなのか ほか」 MP3ファイル 50分 Scien...
     → 全文を表示する

  • → 2005年

    不正続発、科学者の規範作りへ学術会議が検討委 2005/1228 【日本語記事】 毎日新聞 論文ねつ造に罰則、研究費返還請求も…文科省が導入へ 2005/1228 【日本語記事】 読売 患者のために幹細胞を! ~イアン・ウィルマット  検証だの倫理だのもたもたしている間にみな死んで行くんだ 2005/12 BBC News 'Give stem cells to ill patients' 2005/12  Guardian Scientist urges stem cell tests on terminal...
     → 全文を表示する

  • → 2004年

    さまざまな撹乱 死亡後に医療機関が研究目的で無断保持! 乳児の遺体1,000体の合同埋葬が開始される 2004/08 UK Today (JAPAN JOURNALS LTD.) 2004/08 BBC News Organ scandal babies are buried  The funerals of the first unidentified babies whose remains were found during the organ retention scandal at Alder Hey Hospital have taken place. 第二次サイエンス・ウォーズ?  近来まれにみる非科...
     → 全文を表示する

  • →

    さまざまな撹乱 2003年:生物学・医学  SARSほか新伝染病  クローンエイド騒動  ヒトの男女キメラ胚  幹細胞から精子  凍結精子幹細胞移植で繁殖 2003/12 New Scientist 2003: The year in biology and medicine 正常とは何ぞや  「正常」の基準からはずれていても「健康」であることはありえる  「正常」の範囲であっても結果が大きく異なることもありえる  中途半端な遺伝子研究成果 2003/11 BioMe...
     → 全文を表示する

  • → 2002年

    それは人間以外? スタンフォード大学、感情表現や意思疎通機能を持つヒトの脳細胞を組み込んだスーパーマウスを開発 2002/12 中央日報@韓国 おい、このネズミしゃべらなかったか?  ネズミ胚にヒト細胞を入れる実験が盛んだが、もしかしてそのうち…? 2002/11 BioMedNet News That mouse just spoke with me 2002/11 BBC News Debate over human mouse mix 2002/11 New York Times  Stem Cel...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー