endBooks「 進化、種分化、古生物学 」年月別インデックス

  • → 2021年9〜12月

    2021年10月 LiveScience Ancient dog-size sea scorpion unearthed in China 中国で発掘された犬サイズの古代海サソリ   古代の超大陸ゴンドワナで、この種の化石が発見されたのは初めてのことです。 2021年10月 白亜紀にはカマキリに似た感覚系をもつゴキブリがいた!〜薄片作製技術で明らかになった琥珀内昆虫のリアルな生態〜   北海道大学 福岡大学 複眼・触角の特徴から現生カマキリに類似した感覚システム・生...
     → 全文を表示する

  • → 2021年5〜8月

    2021年8月 EurekAlert  Bacterial bloom as the earth thawed: Photosynthetic organisms during the snowball earth 地球が解凍されたときのバクテリアの開花。スノーボールアースの光合成生物 東北大  "スノーボール・アース "と呼ばれるマリノアン氷河期(6億5,000万~5億3,500万年前) マリノーン-エディアカランの変遷の進化過程 2021年8月 BBC News 4本足の新種クジラの化石、エジプトで発見 2021年8月 BBC Ne...
     → 全文を表示する

  • → 2021年1〜4月

    2021年4月 Nature カモノハシとハリモグラの進化遺伝学 2021年4月 Nature 脊椎動物ゲノム研究のバックボーン  このプロジェクトの最終的な目標は、既知の現生脊椎動物種(7万1657種)のそれぞれに、高品質で、エラーがほとんどなく、空白部分のない参照ゲノム配列を少なくとも1種類生成することにある。 2021年4月 Nature 脊椎動物研究のフロンティア:脊椎動物種の質の高い塩基配列がゲノム進化に光を当てる 2021年4...
     → 全文を表示する

  • → 2020年9〜12月

    2020年12月 Science/AAAS  Will climate change make animals darker—or lighter?気候変動で動物は暗くなるのか、それとも明るくなるのか?  温暖な気温は暗い色のバリエーションを好むという長年の信念をめぐって議論が勃発する モロッコで発見された大きな目をしたデボン紀のサメは折りたたみ式の牙を持っていたhttps://t.co/S6SXEGZjH9なんだこのギミックはhttps://t.co/pnXOfl3QOW pic.twitter.com/qNCbb8Uv9K&mdash...
     → 全文を表示する

  • → 2020年5〜8月

    2020年8月 朝日新聞 恐竜の時代の大型哺乳類、20年かけほぼ完全に化石復元  ゴンドワナテリウム類 マダガスカル ネコくらいの大きさの新属新種 2020年8月 読売新聞 ケサイ絶滅 暑すぎた?…1万4000年前 ゲノム解析 数を推定 2020年8月 LiveScience Ancient caiman with 'no parallel in the modern world' left 46 bite marks on sloth leg ナマケモノの足に46個の噛み痕を残した「現代世界にパラレルはない...
     → 全文を表示する

  • → 2020年1〜4月

    2020年04月 National Geographic  Hero shrews have the most extreme spine in nature—and we don’t know why  最も極端な背骨 .@nekome006 さんの「(集合体恐怖注意)ヨロイジネズミの背骨の骨格の神秘「宇宙探査とかに使えるかも?」」をお気に入りにしました。 https://t.co/CoT6oTVCJa— 八木ナガハル (@yagi_nagaharu) 2017年12月8日 2020年04月 Nature 「狂獣」の発見によって充実したゴンドワナ大陸の化石...
     → 全文を表示する

  • → 2019年9〜12月

    2019年12月 National Geographic These sleek predatory dinosaurs really are teenage T. rex  これらのなめらかな略奪恐竜は本当に10代のT.レックスです  化石化した足の骨の詳細な分析から、この恐竜のアイコンには食物が不足しているときに興味深い生存戦略があったことが示唆されています。 2020年01月 AFP 恐竜界の30年論争に決着、「新種」恐竜はT・レックスの幼体 研究 2020年01月 National Geographic JP 論争中...
     → 全文を表示する

  • → 2019年5〜8月

    2019年8月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS The world’s first animal was probably a carnivore  世界初の動物はおそらく肉食動物だった 環境光の赤方偏移に合わせた魚のロドプシン配列の変化、汽水域や淡水に適応した魚に多いらしい(収斂進化してる)https://t.co/ili1fwF8nR pic.twitter.com/L4u6P3tzBo— ゆきまさかずよし (@Kyukimasa) August 31, 2019 2019年8月 Nature  哺乳類では代謝率と体温は進...
     → 全文を表示する

  • → 2019年1〜4月

    2019年04月 LiveScience 'Hippie Chimps' Had Sex with Mysterious 'Ghost Ape' Hundreds of Thousands of Years Ago  神秘的な「ゴースト猿」は、ボノボと混血したかもしれない  繰り返し、現在消えているホミニッド家系と性を持っていたヒトと同様に 【2019年4月 LiveScience】現生人類が、今は亡き系譜のデニソワ人やネアンデルタール人と混血していたのと同様に、ボノボの遺伝子にもどうやら未知の絶滅類人猿と交配し...
     → 全文を表示する

  • → 2018年9〜12月

    アンキロサウルスの複雑な鼻腔形状の熱交換器としての性能https://t.co/owW23sztiY現代の鳥の鼻腔を参考にして冷却効果をシミュレーションしている pic.twitter.com/VXZtVrTzz2— ゆきまさかずよし (@Kyukimasa) 2018年12月27日 2018年12月 LiveScience Dinosaur-Era Shark Nabbed Flying Reptile, Losing a Tooth  恐竜時代のサメは飛行爬虫類をひったくり、歯を失った 2018年12月 Science 化石が重要な植物...
     → 全文を表示する

  • → 2018年5〜8月

    今朝の新聞にコンクリーションと呼ばれる丸い岩の記事が載ってた。この中には魚や蟹、アンモナイトなどの化石が入ってる事が多いそうだ。主に海中で生物が死に土砂に埋まると、体から出る酸と海水のカルシウムが反応して固まり、球状に発達するんだそう。自然が作り出す芸術作品。エッグチョコみたい。 pic.twitter.com/3LN5rJtbBS— Green Pepper (@r2d2c3poacco) 2018年8月15日 草も生えない話ですが、ウシやウマは...
     → 全文を表示する

  • → 2018年1〜4月

    2018年04月 スラド 「ワタリガラス」は異なる2つの種が1つに混ざり合って生まれた 2018年04月 National Geographic Prehistoric Toothless Whale Among Oldest of Its Kind 2018年04月 National Geographic JP  歯のない最古のクジラ化石、新種として発表 2018年04月 Nature 大きくなり過ぎた生殖器で危機に瀕した貝形虫類 2018年04月 Nature 進化学:性差が絶滅につながる時 Evolution: When sex differences le...
     → 全文を表示する

  • → 2017年9月〜12月

    2017年12月 少数個体の先祖から50年で急速進化し、脅威に? 世界自然遺産・小笠原諸島の天敵外来トカゲ ゲノム解析の研究成果 東北大学  50年前に、約14個体(最大でも50個体)の移入個体が元   50年間で、筋肉や動きに関係する遺伝子や食物代謝に関わる遺伝子が自然選択を受け進化 2017年12月 EurekAlert-Science  致命的ダメージを与える真菌との進化的軍拡競走にコムギが負けるプロセス 2017年12月 AFP 35億...
     → 全文を表示する

  • → 2017年5〜8月

    京都大学:花の咲く時期の違いで新しい植物が生まれる -初夏に咲くアキノキリンソウの進化学-https://t.co/cAGvv9y1jv 花を訪れる昆虫はそれぞれ同じ系統の中だけでしか花粉を運べないので、早咲きと遅咲きの系統の間で遺伝的な変化が起きていく pic.twitter.com/ZuEH8vMMsD — ゆきまさかずよし (@Kyukimasa) 2017年8月31日 2017年8月 National Geographic Rare Triceratops Fossil Discovered at Construct...
     → 全文を表示する

  • → 2017年1〜4月

    2017年4月 時事通信 国内最大の恐竜全身骨格=体長8メートル 北大など  むかわ町 約7200万年前(白亜紀後期)の地層  ハドロサウルス科  国内で全身骨格の化石が見つかった恐竜で最大  2003年、穂別の堆積層から見つかり、13年から発掘 2017年4月 毎日新聞 <恐竜化石>体長8mの全身骨格 国内最大、北海道で確認 2017年4月 読売新聞 「歴史的な発見」全長8メートル、恐竜全身骨格 ...
     → 全文を表示する

  • → 2016年9〜12月

    2016年12月 朝日新聞 ダチョウの祖先は飛べた DNA解析で新説、小型と推定  「走鳥類」の祖先は、北半球にすむ飛べる鳥だった  マダガスカルで絶滅した巨大な鳥の骨のDNA解析から、走鳥類の起源は南半球にあったという従来の通説を覆した 2016年12月 産総研 新潟県内最古の化石を発見 -糸魚川市小滝から見つかった4億2千万年前の化石  放散虫 2016年12月 BBC News Some young dino...
     → 全文を表示する

  • → 2016年5〜8月

    2016年8月 Science 気候変動と大型動物相絶滅 2016年8月 毎日新聞 ソレノドン:恐竜絶滅後に進化 DNA分析で判明 三葉虫は隊列を組んで海底を行進したとのことhttps://t.co/KV7wixOpiz現代でもイセエビで見られる行動 pic.twitter.com/OYR8asyoQu— ゆきまさかずよし (@Kyukimasa) 2016年8月24日 2016年8月 Science/AAAS Peaceful ant-plant partnerships lead to genomic arms races ...
     → 全文を表示する

  • → 2016年1〜4月

    2016-04 Nature News Genetics rewrites story of fish species trapped in single hole DNA work shows Devils Hole pupfish might have occasionally mingled with relatives.  デビルズ・ホール 2016-04 National Geographic New Droopy Dinosaur Hung Its Head Like an Enormous Eeyore トカゲの都市生活適応(マサチューセッツ大ボストン)https://t.co/QkOETPAILb都市のトカゲは森にいる同じ種よりも足のひだによ...
     → 全文を表示する

  • → 2015年9〜12月

    2015-12 AFP 巨大「アルマジロ」の甲羅化石、アルゼンチンで見つかる 2015-12 Nature 保存状態が極めて良好な極小の胚化石から初期被子植物の種子の休眠が明らかになる   Exceptional preservation of tiny embryos documents seed dormancy in early angiosperms 2015-12 news@nature.com  Evolution: Bacteria cannot stop adapting 進化:バクテリアは、適応をやめることができない 2015-12 AFP N・ケイ...
     → 全文を表示する

  • → 2015年5月〜8月

    2015/08 財経新聞 東工大、ヒレから手足に進化した仕組みの一端を解明 2015/08 【日本語ブログ】キツツキのようなエナンティオルニス/遼寧省 2015/08 【日本語ブログ】アンキオルニスの羽毛化石に残るメラニン色素そのものの証拠 2015/08 Science 世界各地から採取したアーバスキュラー菌根菌の多様性評価から固有性が非常に低いことが明らかになった 2015/08 Science/AAAS Orchids’ dazzling diversity...
     → 全文を表示する

  • → 2015年1〜4月

    2015/04 Science/AAAS  Bone worms feasted on ancient sea monsters 2015/04 BBC News Zombie worms ate plesiosaur bones 2015/04 news@nature.com Tails tell the tale of dinosaur sex  尾骨の大きさ形状の違いは男性の、そして、女性の化石より見分ける方法を提供します。 2015/04 Science/AAAS  How sea snails learned to gobble fish 2015/04 【日本語ブログ】アメリカ大陸における更新世末期の...
     → 全文を表示する

  • → 2014年10〜12月

    2014/12 Nature 羊膜類の進化では総排出腔の相対的な位置変化が外性器の再配置につながった A relative shift in cloacal location repositions external genitalia in amniote evolution 2014/12 Nature 全球H2生成への先カンブリア代大陸リソスフェアの寄与 The contribution of the Precambrian continental lithosphere to global H2 production 2014/12 Nature 最も包括的な鳥類系統樹が発表されたが、この陰には...
     → 全文を表示する

  • → 2014年7〜9月

    2014/09 Nature 脳構造から明らかになるアノマロカリス類の付属肢の体節との関連性 Brain structure resolves the segmental affinity of anomalocaridid appendages 2014/09 【日本語ブログ】新しい王は、"鼻の王"/ユタ 2014/09 【日本語ブログ】遼寧省西部では最大級のアンキロサウルス 2014/09 National Geographic Birds Evolved From Dinosaurs Slowly—Then Took Off 2014/09 時事通信 ...
     → 全文を表示する

  • → 2014年4〜6月

    2014/06 Science 発電器官の収束進化のゲノム的基盤 2014/06 Science Nama層群(ナミビア)で発見されたエディアカラ紀の後生動物の造礁 2014/06 【日本語ブログ】鳥類の生殖機能の進化  爬虫類も羽毛恐竜も卵巣は2つ  鳥類は、ほぼすべてが単一の卵巣と卵管 2014/06 news@nature.com 最初期の骨格の動物は暗礁の建築業者でした。  骨格の動物での環境に配慮した暗礁を造る適合は以前に思われるよりはるかに早...
     → 全文を表示する

  • → 2014年1〜3月

    2014/03 【日本語ブログ】飛行モードを試していた鳥類の祖先 2014/03 news@nature.com Archaeageddon: how gas-belching microbes could have caused mass extinction Study suggests gene transfer led to sudden release of methane 252 million years ago, killing most life on Earth. 2014/03 EurekAlert  Ancient whodunit may be solved: The microbes did it! 2014/03 Nature 原始的な板皮類から得られた...
     → 全文を表示する

  • → 2013年10〜12月

    獣脚類の頭部の含気性の進化 2013/12 【日本語ブログ】上顎と涙骨が含気性の基本/獣脚類の頭部 2013/12 【日本語ブログ】内蔵を動かした翼竜の呼吸メカニズム  内臓 2013/12 news@nature.com  Feathers were the exception rather than the rule for dinosaurs  恐竜の系譜の調査、大部分には爬虫類のような鱗状の皮膚があった 2014/01 【日本語ブログ】羽毛はまれ/恐竜の皮膚 2013/12 【日本語ブログ】表...
     → 全文を表示する

  • → 2013年7〜9月

    2013/09 【日本語ブログ】恐竜時代はジュラ紀から 2013/09 【日本語ブログ】アンキロサウルス類の表皮と真皮の構造 2013/09 【日本語ブログ】渡りをしなかったエドモントサウルス 2013/09 ABC@オーストラリア Fossil dung reveals where ancient moa ate 2013/09 BBC News 'Jaw-dropping' fish fossil discovery 2013/09 EurekAlert Researchers found response of how plants respond to the changing en...
     → 全文を表示する

  • → 2013年4〜6月

    古代肉食有袋類 2013/06 EurekAlert Curious mix of precision and brawn in a pouched super-predator  何百万年も前に南米を恐れさせた奇妙で、袋に入れられた超捕食者が、巨大なサーベルのような歯を持っていましたが、噛み付きは家ネコより弱かったです。 2013/07 LiveScience Saber-Toothed Predator Had an 'Embarrassing' Bite 2013/07 BBC News Thick neck key to sabretooth power 2013/07 National Geog...
     → 全文を表示する

  • → 2013年1〜3月

    2013/03 EurekAlert  Diversification in ancient tadpole shrimps challenges the term 'living fossil' 古代のカブトエビでの多様化は'生きた化石'という用語に挑戦します。 2013/03 LiveScience Blind Cavefish Also Hard of Hearing 視覚を失った洞穴魚、それで聴覚が過敏になったりはしておりません 脳の進化で肝心なのは、サイズではなくその構造 2013/03 LiveScience Brain Size Didn't Drive Evolution, R...
     → 全文を表示する

  • → 2012年11〜12月

    2012/12 EurekAlert Piranha kin wielded dental weaponry even T. rex would have admired ピラニア親類はT.レックスさえ賞賛した歯の武器を振るいました。  約20ポンドの重さがあるピラニアの古代の同類 2012/12 EurekAlert   Saber-toothed cats in California were not driven to extinction by lack of food カリフォルニアの剣歯虎  サーベルタイガーは食料不足で絶滅したわけではなさそうだ 2012/12 E...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。
  • ご連絡用フォーム

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー