endBooks「 犯罪、暴力、麻薬 」年月別インデックス

  • → 2019年

    2019年9月 豪州ABC Driving under the influence of medical cannabis is illegal, but patients are still taking the risk  医療大麻の影響下で運転することは違法ですが、患者は依然としてリスクを冒しています 2019年9月 BBC News Medical cannabis product approved for epilepsy  てんかんが承認された医療大麻製品 2019年9月 Nature Human Behaviour A randomized controlled trial of restorative justice-in...
     → 全文を表示する

  • → 補稿2019年

    【悲報】学生に「カンニングをしない」という誓いをさせると逆効果多項選択式の問題で席が近いほど答えが似るかどうかで判別してるみたい。比べる方法がすごい😄 https://t.co/htZHl5MO7O— 🔥🔥🔥🔥🔥🔥新井雅之🔥🔥🔥🔥🔥🔥 (@CharNoctambule) 2019年8月9日 気温が高くなると殺人が増える https://t.co/s2Auuj1Wi0※US各都市における10℃以下の日と29.4℃以上の日での銃乱射事件の平均犠牲者数外出者の絶対数が増えることに因るが逆に冷房...
     → 全文を表示する

  • → 補稿2017〜2018年

    来年度は小学校が中学校を抜くな。 暴力の低年齢化傾向。 pic.twitter.com/HJGfe8kjpn — 舞田敏彦 (@tmaita77) 2018年12月19日 ブラジル各州・US各州・EU各国を殺人発生率でソートしてみるUSで一番危険な州でもブラジルで一番安全な州より殺人は少ない。欧州はおおむねUSより安全だがバルト3国はUS並みに危ない。 pic.twitter.com/WmedXIp5sB— Spica (@Kelangdbn) 2018年11月22日 2018年11月 「シャブ山...
     → 全文を表示する

  • → 2018年

    2018年12月 BioToday 乱用が多い合成麻薬フェンタニルに対する抗体を同定してマウスで効果を確認 2018年12月 BioToday 米国小児の交通事故死亡率は1999-2016年に半減〜銃による死亡率は変わらず 2018年12月 BioToday 小児のマリファナ使用が成人使用の合法化後に予想に反して減少/米ワシントン州 2018年12月 Nature 苦難をも乗り越える強迫的欲求  マウス集団の一部は、たとえ報酬獲得時に電気ショックを受けても自...
     → 全文を表示する

  • → 2017年

    2017年12月 AFP  1月1日から嗜好用大麻が解禁に 米カリフォルニア州 2017年12月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Why human society isn’t more—or less—violent than in the past  人口サイズは、暴力において死ぬ人々の割合を決定する 2017年12月 Science 銃器と偶発死:サンディフック小学校銃撃の余波からの証拠 2017年12月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS  サンディフックの銃乱射事件によって、銃の...
     → 全文を表示する

  • → 2016年

    2016年12月 BioToday 警察が薬物依存患者を逮捕せずに治療に向かわせる取り組みが効率よく機能している 2016年12月 BioToday 合成オピオイドによる米国人の死亡率が1年で72%上昇 2016年12月 LiveScience Marijuana Use on the Rise Among Pregnant Women 2016年12月 BioToday 米国で妊婦のマリファナ使用が増えている 2016年12月 LiveScience Teen Use of Many Drugs Drops t...
     → 全文を表示する

  • → 2015年

    2015-12 BioToday 米国の2014年のオピオイド過剰使用死亡率が過去最高〜9人/10万人 2015-12 LiveScience Marijuana's THC May Increase 'Noise' in Your Brain  マリファナのTHCはあなたの脳の『ノイズ』を増大できる 2015-12 AFP 殺傷銃販売、賛成が過半数=背景に「自分で身守る」意識-米調査 2015-12 中央日報@韓国 米国で銃に打たれて死亡する確率、韓国の78倍に 2015-12 毎日新聞 <介護殺人...
     → 全文を表示する

  • → 2014年

    2014/12 産経新聞 SF?「犯罪予知」ソフト独警察が実験 「人権侵害」懸念も 2014/12 Evolution and Human Behavior Regulatory adaptations for delivering information: the case of confession  情報を配布することへの規定の適合: 自供に関するケース 2014/12 BioToday [医学] 脳セロトニンレベルが高いと薬物依存になり難いようだ 2014/12 Science 夏のアルバイトが貧困層の若者の暴力を減らす 2014/1...
     → 全文を表示する

  • → 2013年7〜12月

    2013/12 朝日新聞 刑務所で医師不足…改善へ 矯正医「技能習得しにくい」 コカイン、メタンフェタミン応答は'黒い6'研究用ハツカネズミの2つの亜種の間で異なります。 2013/12 EurekAlert  Cocaine, meth response differ between 2 substrains of 'Black 6' laboratory mouse 2013/12 Science C57BL/6N系統マウスに認められる細胞質FMR(脆弱X精神遅滞タンパク質)会合タンパク質2(Cyfip2)遺伝子の変異が...
     → 全文を表示する

  • → 2013年1〜6月

    2013/06 EurekAlert Long-term cannabis use may blunt the brain's motivation system 長期の大麻使用でドーパミンを作れない脳になっていく 2013/07 LiveScience Marijuana Science: Why Pot Heads Are Slackers 2013/06 EurekAlert Ritalin shows promise in treating addiction 一般的に処方された注意欠陥多動性障害薬の単回投与は、コカイン中毒で頭脳の機能を改良するのを助けます。 2013/06 EurekAlert ...
     → 全文を表示する

  • → 2012年7〜12月

    2012/12 【日本語記事】AFP   米NYの殺人件数、過去50年で最少を記録  銃による暴力を阻止するため、市警が可能な限りのあらゆる対策を講じていることを反映したもの  市警が職務質問などの結果、押収する銃は年間およそ8000丁以上で、うち約800丁が、不法に所持されていたもの 2012/12 【日本語ブログ】ロケットニュース24  アルコールが脳組織に悪影響を与えるのに対して、マリファナは脳に無害という研究結果 ...
     → 全文を表示する

  • → 2012年1〜6月

    2012/06 EurekAlert Policies to discourage drug trafficking should account for complexity of 'the game' 麻薬取り引きに水をさすなら、政策は'ゲーム'の複雑さを考慮すべし  「ゲーム」を離れたがっている麻薬密売人は、しばしば彼らが電源喪失と状態を恐れるので、そうするように戦います 2012/06 EurekAlert Offenders need integrated, on-going, mental health care 犯罪者は統合していて、継続している心の教...
     → 全文を表示する

  • → 2011年7〜12月

    2011/12 EurekAlert Having epilepsy is not linked to committing violent crime てんかんは凶悪犯罪にリンクされません。  神経学的状態てんかんを持っているのは直接凶悪犯罪を遂行するというリスク増に関連づけられません。 2011/12 EurekAlert  More than other drugs, injected meth is associated with an increased risk of attempted suicide メタンフェタミン注射は他剤より自殺未遂リスクを高める  メタ...
     → 全文を表示する

  • → 2011年1〜6月

    特にこの2年で顕著 アメリカの犯罪率はどうして下がったの? 2011/06 BBC News US crime figures: Why the drop? 諸説10件紹介いたします 2011/06 Youth cybercrime linked to friends' influence 友人の影響にリンクされた若者サイバー犯罪  仲間の影響と低い自己抑制はコンピュータへの不正侵入やオンラインいじめなどの少年のサイバー犯罪をあおる重要な要因である 2011/06 EurekAlert Drug use tied to fa...
     → 全文を表示する

  • → 2010年

    2010/12 EurekAlert NIH-led study identifies genetic variant that can lead to severe impulsivity 激しい衝動性に通じることができる遺伝子変異を特定  アルコールの影響を受けると、脳の受容体分子の遺伝子変異によって乱暴かつ衝動的な行動をもたらす 2010/12 EurekAlert Genetic trait could triple odds of whites' susceptibility to heavy cocaine abuse 遺伝形質は白人の重いコカイン中毒なる率を3倍にする...
     → 全文を表示する

  • → 2009年

    2009/12 EurekAlert The use and misuse of alcohol and marijuana can be traced to a common set of genes アルコールやマリファナの使用と誤用を共通集合の遺伝子にたどることができます。 2009/12 EurekAlert Cannabis and adolescence 大麻と青春  カナダのティーンエイジャーは世界の大麻の一番の消費者  大麻の常用が、うつ状態や不安症のような長期効果を刻んでいく 2009/12 EurekAlert Easily led 'ash...
     → 全文を表示する

  • → 2008年

    MRIを使った判決はあかんやろ!  苦しんでいるか、精神状態は正常かを見るのならまだしも、有罪か無罪かを脳スキャンで決めたらあかん 2008/12 New Scientist Judges junk bogus neuroscience 裁判官は、偽の神経科学を却下する 2008/12 【日本語記事】時事通信 犯罪者に「社会奉仕」導入へ=懲役刑の一部執行猶予も-法務省  http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-081230X071.html ミルグラム再び 20...
     → 全文を表示する

  • → 2007年

    アメリカの連続殺人犯は想像以上にたくさん殺しているかも 2007/12 PhysOrg Serial killers may kill more victims than we think  連続殺人犯は、想定の10倍くらいは犠牲者を出している  数に入っていない売春婦、短期滞在者、ゆきずりの同性愛者、里子、家出少年・・・ 2007/12 BBC News 'More toxins' in cannabis smoke 大麻の煙はタバコより有毒 2007/12 New Scientist Inhaled cannabis is more toxic than ...
     → 全文を表示する

  • → 2006年

    攻撃性の進化心理学・進化医学 ヒト肉体で最も致命的なケンカ武器は腕より足 2006/12 EurekAlert Feet, rather than fists, the most dangerous bodily weapon to use in assaults 2006/12 BBC News Kicking causes most severe injury 天気と犯罪 天候と進化心理学 2006/08 ヤフー/Washington Post Science: Human Behavior the link between hot weather and crime * 日本と犯罪 ...
     → 全文を表示する

  • → 2005年

    攻撃性の進化心理学・進化医学 法と殺人の進化心理学 2005/12 Psychology and Crime News: Weekly round-up of new journal articles of forensic relevance in non-forensic journals 2005/12 National Geographic Artists Have More Sexual Partners, U.K. Survey Hints 殺人本能 2005/05 Times Higher Education Theory of the killer-instinct in our genes dismissed as 'bullshit' ...
     → 全文を表示する

  • → 2004年

    攻撃性の進化心理学・進化医学 暴れん坊=人気者 2004/06 American Psychological Association Among young teens, aggression equals popularity サルの攻撃性が文化影響ならヒトが攻撃性を調節できないはずはない  霊長類でもフラワー・パワーはあり サポルスキー&シェア +ドゥ・ヴァール 2004/04 EurekAlert Culture of primate non-aggression 雄チンパンジーの攻撃性 ヒトオスの攻撃性 2004...
     → 全文を表示する

  • → 2003年

    攻撃性の進化心理学・進化医学 人間は戦争をするようにできているのですか?  古代のいくさ ボノボのいさかい 将来のいくさ そしてゲームと損得計算 2003/11 New York Times (2) Is War Our Biological Destiny? 我々は殺しあいをするようにできている生き物なのか?  内戦で3分毎に一人死んでいくこの世界  古代の殺しあいは飢餓から  逆に現代では貧困国でのいくさはまれ 2003/05 The Wall Str...
     → 全文を表示する

  • → 2002年

    攻撃性の進化心理学・進化医学 古来の機能が寿命を縮める ケンカっ早さと心臓病  攻撃性などのテンションの高さ、古代の環境ではサバイバルに有利だったかもしれないが… 2002/05 New York Times Ancient Tool of Survival Is Deadly for the Heart 暴力性差 身体暴力@青年期 男は飲み屋が一番の荒れ場所  女性の暴力は家庭内が最多 2002/06 EurekAlert!  Physical aggression c...
     → 全文を表示する

  • → 〜2001年

    暴力行動、攻撃性/衝動性 ヒト攻撃性 2001/12 Annu. Rev. Psychol. 2002. 53:27-51.  HUMAN AGGRESSION 社会からの阻害や排除が引き起こす暴力行動 2001/12 Yahoo! News Rejection by Peers May Lead to Violent Behavior 前頭葉障害と暴力・犯罪 2001/11 J Neurol Neurosurg Psychiatry 2001;71:720-726  Neuropsychiatry of frontal lobe dysfunction in violent and criminal behaviou...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー