endBooks「 教育、子ども、乳幼児~思春期 」年月別インデックス

  • → 2019年7〜12月

    2019年11月 BioToday 子供が何人かいる家族は一人っ子家族より食事方針がより健康的〜肥満も少ない 2019年11月 BioToday 子供の頃に悲惨な目にあった大人はより苦しむ   米国の成人14万人超(144,017人)を調べたところ、子供の頃に悲惨な目にあうことと成人してからの体調不良、健康に悪い振る舞い、苦境(無保険、失業、低学歴)が関連しました。 2019年11月 EurekAlert New 'bike helmet' style brain scan...
     → 全文を表示する

  • → 補稿2019年9〜12月

    たとえばイジメや不祥事の隠蔽など「うちの先生が悪いことをしていた」ということが世間に広く報道された後の学校というのは独特の荒廃の仕方をすると、某教育学者が言っていた。— ジロウ (@jiro6663) 2019年10月9日 タテマエや損得で回る大人の社会と違って、学校教育というのはかなりの程度、子供が先生を信頼するということで成り立っているので、そのような「うちの先生の悪事」によって学校中の子供が先生を信じられな...
     → 全文を表示する

  • → 2019年1〜6月

    2019年6月 朝日新聞 小学生の自殺、最多は「家庭問題」 厚労省が原因分析 2019年6月 BioToday  英国小児の5人に1人はずっと貧困 長患い・精神の不調・肥満をより被っている 2019年6月 朝日新聞 急性内斜視、若者に多発? スマホの長時間使用が影響か 2019年6月 AFP  「子どもの花婿」1億1500万人 児童婚の実態 ユニセフ初の徹底調査 Fussy, hungry, or even in pain? Scientists create an AI tool to tell babie...
     → 全文を表示する

  • → 補稿2019年5〜8月

    10代の年間自殺者数 男女差 10代の自殺動機で多いのは「学業不振」や「親の叱責」だが,そういう圧力は男子のほうが強い。 pic.twitter.com/IIPF8oGtbM— 舞田敏彦 (@tmaita77) 2019年6月9日 高校生の裸眼視力の分布受験社会,日本と韓国の闇(病み)。 pic.twitter.com/9QHzLpLexZ— 舞田敏彦 (@tmaita77) 2019年6月10日 高校生の夜更かしと欠食 朝食 睡眠時間 韓国,ヤバいな。 pic.twitter.com/TOR2o9...
     → 全文を表示する

  • → 補稿2019年1〜4月

    海外旅行格差。 グローバル化を見越した,富裕層の教育戦略かね。 pic.twitter.com/6vGBK3vcAe — 舞田敏彦 (@tmaita77) 2019年3月26日 水泳も同じ。 幼少期の「習い事」格差の広がりか。 pic.twitter.com/MBbicAr4H8 — 舞田敏彦 (@tmaita77) 2019年3月26日 富裕層だけ増えているわ。 pic.twitter.com/deDxav5N4C — 舞田敏彦 (@tmaita77) 2019年3月26日 女性・若年からの校長輩出率 https://t....
     → 全文を表示する

  • → 補稿2018年9〜12月

    「Googleでは「どんな大学を出たか」は入社後のパフォーマンスと相関関係がなかったことがわかりました。次にわかったのは「これまでの人生で苦労をしたかどうか」でした。(中略)苦労した人たち、挫折した人たちは、会社のなかでパフォーマンスを発揮していました」https://t.co/1tW85LVYmL— 山本 和英 (@y8o) 2018年12月24日 補助スタッフの不足により教授活動が妨げられる さもありなん。 pic.twitter.com/I...
     → 全文を表示する

  • → 2018年7〜12月

    2018年12月 大学ジャーナル 脱いじめ傍観者教育プログラム、学級風土が効果に影響  脱いじめ傍観者教育プログラムを実施したところ、いじめを否定する意識が高まる   ただ、学級風土の良くないクラスでは逆効果も 2018年12月 BioToday 米国小児の交通事故死亡率は1999-2016年に半減〜銃による死亡率は変わらず 2018年12月 時事通信 小学、高校生の視力最悪に=スマホ、携帯型ゲーム影響か 学校保健統計 2018年...
     → 全文を表示する

  • → 補稿2018年5〜8月

    早生まれ 生まれ月による学力差。 pic.twitter.com/Xn4yQBDrRZ— 舞田敏彦 (@tmaita77) 2018年8月14日 小学生では,くっきり出るな。 pic.twitter.com/xmjRZWYDsZ— 舞田敏彦 (@tmaita77) 2018年8月14日 “溺死事故は女児よりも男児のほうが多い。外での水遊び時の溺死は0歳から19歳の男性が84%を占める。”感覚的には男児の方が多いんだろうなとは思うが、これほど圧倒的とは。男児の方が、無鉄砲で、お調子者...
     → 全文を表示する

  • → 2018年1〜6月

    2018年06月 LiveScience A Man's Testosterone Levels May Depend on Where He Spent His Childhood  A study of men from Bangladesh and the U.K. shows that childhood environment, not race or genetics, appears to be the most important factor in testosterone levels.  テストステロン(男性ホルモン)の量は「どこで育ったか」によって決まる  厳しい環境下で育った男性は、より健康的な環境で子供時代を過ごし...
     → 全文を表示する

  • → 補稿2018年1〜4月

    コンピュータが自宅に何台あるか 違うもんだ。 pic.twitter.com/y6K4iWBYdz— 舞田敏彦 (@tmaita77) 2018年5月1日 自宅に教育用のITツールがあるか 国際比較 先進諸国から外れている。 pic.twitter.com/Y4OKnzAwVN— 舞田敏彦 (@tmaita77) 2018年5月1日 都道府県別大学進学率 都道府県別の大学進学率(2017年春) https://t.co/Gy86GpZXZp この凄まじい格差は,各地域の高校生の自由意志の結果では...
     → 全文を表示する

  • → 補稿2017年9〜12月

    中学校の教員一人あたりの補助スタッフ数 地方−都市部比較 田舎ほど状況は悲惨。へき地では,教員が何から何までやる,という話をよく聞くしな。 pic.twitter.com/DniFJO8V1e— 舞田敏彦 (@tmaita77) 2017年12月29日 13〜15歳の携帯・スマホ所持率 諸外国では,小・中学生でも所持率が高い。授業にも使えるツールだろうて。 pic.twitter.com/NWni5ty9XQ— 舞田敏彦 (@tmaita77) 2017年12月24日 日本...
     → 全文を表示する

  • → 2017年7〜12月

    2017年12月 読売新聞 赤ちゃんの脳の活動、体触りながら話すと活発に  明和政子  くすぐられながら聞いた単語を流した時の方が、言語に関係する左側頭部の活動が活発に 2017年12月 赤ちゃんの突然死防止へ ベビーセンサー導入広がる | NHKニュース 2017年12月 朝日新聞 小中学生の近視、過去最多 文科省調査 2017年12月 読売新聞 視力1・0未満、小中学生の割合が過去最高に 2017年12月 京都新聞 複雑に泣く...
     → 全文を表示する

  • → 補稿2017年5〜8月

    BBCニュース - 学校教育で大切なのは規律か創造性か 19カ国で意識調査 https://t.co/KnQL7Z62tq pic.twitter.com/Ly6t0GaLsS— BBC News Japan (@bbcnewsjapan) 2017年9月1日 教育に求めるのは規律か、独創性か? https://t.co/5qBkqJf5Ar 調査19国でUKは最も独創性重視。スペイン・ドイツは創造性重視・規律軽視。 pic.twitter.com/FYgOmVgUhH— Spica (@Kelangdbn) 2017年9月1日 私立高校教員の非正規化...
     → 全文を表示する

  • → 2017年1〜6月

    2017年6月 BioToday 小児期の知能が高いことと主だった死因による死亡リスク低下が関連 2017年6月 BBC News Suntans on children 'are not healthy'  日焼け 2017年6月 LiveScience Babies Retain Their Early Exposure to Foreign Languages  乳幼児期に取得した言語の音 2017年6月 科学技術振興機構 マウスモデルで咀嚼刺激の低下が記憶・学習機能を障害するメカニズムを解明 よく噛...
     → 全文を表示する

  • → 補稿2017年1〜4月

    親学の根拠を調べ始めて改めて浮上してきたのが澤口俊之氏という人物の重要性。ニセ科学としての親学を考える場合、焦点ともいうべき発達障害への珍解釈について、高橋史朗氏はほとんど澤口氏に依存している。で、澤口氏、リアル「学界を追放されたマッドサイエンティスト」なわけで— 原田 実 (@gishigaku) 2017年4月24日 高校生のアルバイト実施率。 近畿は子どもの貧困率が高かったような。それと田舎の生徒のほ...
     → 全文を表示する

  • → 2016年7〜12月

    2016年12月 Nature Human Behaviour  成人後に経済的負担となる少人数の集団を小児期に予測する  人口の20%が経済的負担の約80%の原因  3歳の時点から高い精度で予想できる 2016年12月 中央日報@韓国 「一人が気楽」…20-40代男女66%「一人酒」経験=韓国 2016年12月 朝日新聞 子どもの身長、頭打ちに 伸びる要因は出尽くした? ブログ更新。データえっせい: 身長の伸び盛りの変...
     → 全文を表示する

  • → 2016年1〜6月

    教育費支出と合計特殊出生率 https://t.co/oiCLUvFgMq こんなの書いたな。pic.twitter.com/EgPTsLODZ1— 舞田敏彦 (@tmaita77) 2016年6月27日 高等教育機関の奨学金の内訳 入ったら最後 ブラックバイト業種別被害マップ https://t.co/5mRWF3vUpz 「「学費バカ高 & 奨学金返済義務」のダブルパンチを食わせているのは、日本だけです。」 pic.twitter.com/QdtlswWWYh— 舞田敏彦 (@tmaita77) 2016年6月25日 中...
     → 全文を表示する

  • → 2015年

    カンガルーケア、低体重出産児の死亡リスクを減らしうる 2015-12 LiveScience Skin-to-Skin 'Kangaroo-Style' Care May Benefit Newborns' Health 2015-12 Nature 7つの社会集団における公平性の個体発生   The ontogeny of fairness in seven societies 2015-12 NatureJP 子供が「それは不公平だ」と思うようになるとき 2015-12 LiveScience Childhood Bullying Can Have Lasting Effects on Mental Healt...
     → 全文を表示する

  • → 2014年7〜12月

    2014/12 BioToday 妊婦の多種微量栄養素補充で乳児死抑制できず/バングラディシュ 2014/11 BioToday 一時より終日預かりの方が就学に必要な技能や健康がより整う 2014/11 BioToday 就学前小児の言語発達遅延の検診は支持も否定もできない/USPSTF 2014/11 BioToday 乳幼児の咳がプラセボで治まることが無作為化試験で示された...
     → 全文を表示する

  • → 2014年1〜6月

    2014/05 news@nature.com 栄養学的介入は腸の微生物叢を回復できません。  Malnutrition in children mars gut microbiome  栄養失調は腸内細菌叢を損なう 2014/06 National Geographic JP 栄養失調の子供が“追い付けない”理由  栄養失調の乳幼児の消化管では微生物の生態系が確立されていない 2014/06 National Geographic Why Can’t Once-Malnourished Children “Catch Up”? Answe...
     → 全文を表示する

  • → 2013年7〜12月

    小児科の偏頭痛の治療に認知行動療法を加えると、症状の軽減は改良されます。 2013/12 EurekAlert  Adding cognitive behavioral therapy to treatment of pediatric migraine improves relief of symptoms 2013/12 BioToday 片頭痛小児の認知行動療法の効果が示された 2013/12 BBC News Pesticides may harm growing brains  ネオニコチノイド殺虫剤が発達している人間の神経系に影響を与えるかもしれない 3才...
     → 全文を表示する

  • → 2013年1〜6月

    思春期特有の脳 2013/06 EurekAlert Teens' self-consciousness linked with specific brain, physiological responses 特定の脳、生理反応にリンクされたティーンエイジャーの自意識   自意識が強く、仲間の目を気にする。   この自意識が青春に現れて、ピークに達するように思える生理的、そして、脳の特定の応答にリンクされるのを明らかにします。  自意識過剰の科学 2013/07 LiveScience Why Self-Conscious...
     → 全文を表示する

  • → 2012年7〜12月

    2012/12 EurekAlert For pre-teens, kindness may be key to popularity 思春期直前の子供、親切なら人気もの  親切な行為を実行する9~12歳は、より満足であるだけではなく、同輩からよく承認される 2012/12 EurekAlert Kindness key to happiness and acceptance for children 2012/12 Impact of early vs. late childhood early life stress on brain morphometrics 子どもに対するストレスが脳容量に与える影響は...
     → 全文を表示する

  • → 2012年1〜6月

    2012/06 EurekAlert Sometimes, cheating is allowed 時々、不正行為することは許されています。  小学生は基本的に正直でありたがっています。  しかしながら、学校状況によって、彼らは、例外を作って、型破りの正直規則を採用します。  彼らは、良い成績を取るために時々不正直です。 2012/06 EurekAlert Giving makes young children happy, UBC study suggests 贈与で幼児が幸福になる  御馳走を他のものに...
     → 全文を表示する

  • → 2011年7〜12月

    2011/12 Key to school improvement: Reading, writing, arithmetic ... and character? 学校改良のキー: 読み、書き、算数 + キャラクタ?  社交性、感情、性格をターゲットにした授業は、成績全般を向上させます 2011/12 To children (but not adults) a rose by any other name is still a rose 子供にとって、いかなる他の名前のバラも、バラです。大人じゃそうではないけど 2011/12 Children don't give words ...
     → 全文を表示する

  • → 2011年1~6月

    2011/06 Social anxiety as a basis for friendship selection and socialization in adolescents' social networks. 社会不安が高い若者は人気がなく、友達が少ない。  友達には社会不安を抱える者が多く、互いに影響を与え合ってどんどん社会不安になっていく。  少女の方が友達の不安に影響されやすい。 1歳4ヶ月児は失敗した行動の原因について合理的に推測する 2011/06 Science 16-Month-Olds Rationally Infer C...
     → 全文を表示する

  • → 2010年7~12月

    2010/12 【日本語記事】BioToday PCBやダイオキシンの血清濃度が高い男児は発育が不良 2010/12 EurekAlert Study finds food in early life affects fertility 子どもの時にちゃんとした食事をしていないと、ちゃんとした繁殖ができなくなるかもしれませんよ  男女の繁殖成功度は彼らが幼いときに食べた食物によって影響されます 2010/12 EurekAlert Kids got the blues? Maybe they don't have enough friends 友...
     → 全文を表示する

  • → 2010年1~6月

    2010/06 産経新聞 自然体験豊富なほど高学歴・高収入? 青少年教育振興機構調査 自然経験が豊富な大人ほど、大学・大学院を卒業・修了した割合が高かった 2010/06 神戸新聞 「慢性疲労症候群」の子 脳機能多く使用か 理研 2010/06 EurekAlert Abusive mothering aggravates the impact of stress hormones 虐待的な育児はストレス・ホルモンの衝撃を悪化させます。  虐待的な関係の子犬は、母親に対する混乱した...
     → 全文を表示する

  • → 2009年7~12月

    子どもの成長は眠りに現れる 2009/12 EurekAlert Sleeping off childhood?  睡眠タイプの変化が思春期の開始を予測する  おしなべて宵っ張りになり、有効睡眠時間も減り気味になる  男子は女子より夜中に目が覚めがち 2009/12 毎日新聞 小中高生自傷行為:99年ごろから急増 奈良教育大調査 2009/12 EurekAlert Study finds orphanages are viable options for some children アジアとアフリカの5ヶ国にお...
     → 全文を表示する

  • → 2009年1~6月

    2009/06 日経 夏になると公立校に通う子ども達の「成績が落ちる」  「高温ハラスメント」とすら呼べる現状 夏は教室が暑い→ 室温25~26度以上では1度upで学習効率5%低下  →「夏になると公立校に通う子供たちの成績が落ちる」 私立は冷房がある 先のことは考えない 2009/06 EurekAlert Teens who believe they'll die young are more likely to engage in risky behavior, University of Minnesota resea...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー