endBooks「 科学と社会 」年月別インデックス

  • → 2017年5〜8月

    2017年6月 大学ジャーナル アジアで最もイノベーティブな大学ランキング発表 1位は韓国のKAIST 2017年6月 Nature データをオープンにすることの重要性には誰もが賛同するが、そうした議論では実際のコストが見過ごされがちである。 Empty rhetoric over data sharing slows science ※ 擬似相関集 Spurious Correlations 華氏は赤ちゃんの体温を100度としたという説がある。※画像は華氏採用国を示したm...
     → 全文を表示する

  • → 2017年1〜4月

    2017年4月 大学ジャーナル 大学発ベンチャー1,851社 うち黒字化は55.7% 経済産業省調べ 2017年4月 毎日新聞 <ゲノム編集>審査委新設で合意 関連4学会と国が和解 2017年4月 Nature 研究を行う外科医は減少し続けており、時間と助成の問題を改善し、この流れを止める必要がある。   More surgeons must start doing basic science 2017年4月 中央日報@韓国 韓経:韓国女性博士の半...
     → 全文を表示する

  • → 2016年9〜12月

    2016年12月 Science インド、エリート機関でも怪しげな論文に手を染める傾向 2016年12月 AFP 韓国美術作品の真贋論争、「検察は科学的証拠を無視」仏専門家 2016年12月 BBC News Brexit uncertainty 'corrosive' for science 2016年12月 NHK 拡大する「日本の科学の空洞化  大隅良典  北森武彦 博士課程に進んで研究者の道を選ぶ学生が大きく減った  樽井寛 悪化する研究者...
     → 全文を表示する

  • → 2016年5〜8月

    よく調べたね なんと1700年(ベルヌーイが生まれた年)からの記録数学博士号取得者の国別シェアの推移 https://t.co/p5lh7TDAhW pic.twitter.com/KmY5KSAT6R— Spica (@Kelangdbn) 2016年8月27日 2016年8月 BBC News Microsoft Excel blamed for gene study errors 2016年8月 大学ジャーナル 「イノベーションの質」部門で日本が世界第1位 2016年8月 Nature アラブ初のノーベル賞受賞者Ahme...
     → 全文を表示する

  • → 2016年1〜4月

    2016-04 Science Sci-Hubの背景にはいら立つ科学の学生が 2016-04 Science メキシコは国外在住のゲノム専門家を獲得しようと悪戦苦闘 2016-04 Science/AAAS Anthropologists say no to sexual harassment  Roiled by high-profile cases in the field and at conferences, anthropology works to change its culture ヒトの腐り方 2016-04 Science/AAAS These rotting rabbits could complicate human murder ...
     → 全文を表示する

  • → 2015年7〜12月

    2015-12 スラド 350万年前の細菌を自らに注射したロシア人科学者  「長寿細菌」の「Bacillus F」は2009年にシベリアで採取されたもの 2015-12 財経新聞 筑波大学、発表論文を原則オープンアクセスにする方針を決定 2015-12 news@nature.com ‘Novel, amazing, innovative’: positive words on the rise in science papers Analysis suggests an increasing tendency to exaggerate and polarize resul...
     → 全文を表示する

  • → 2015年1〜6月

    2015/06 Science/AAAS Contrary to perceptions, politics doesn't always drive public views on science issues 知覚とは逆に、政治はいつも科学問題に関する公共の意見を追い立てるというわけではありません。 イデオロギーは、科学問題に関する意見を形成する1つの要素にすぎないです。 Ideology is just one factor shaping views on science issues 2015/07 Science/AAAS Politics doesn't always rule Ideology ...
     → 全文を表示する

  • → 2014年7〜12月

    2014/12 Nature 幹細胞研究や商業宇宙飛行など、期待が失望に変わるニュースも目立ったが、彗星への着陸、人類起源の解明、脳研究など、称賛すべき成果も多かった。 365 days: 2014 in review 2014/12 Nature 科学における誇大報道はメディアと研究機関の両方に起因しており、その制作過程では両者が慎重であるべきだ。 Spin cycle 2014/12 Nature 米国は国勢調査の質問項目を一部減らそうとしているが、それらは科学...
     → 全文を表示する

  • → 2004年

    12 論文データ改ざん、米医学誌に発表 理化学研究所の2人 改ざんしたのは、副主任と5年契約の若手研究者の2人。血小板が作られる仕組みの一端を解明したとして、米科学誌「GENES&DEVELOPMENT」(03年12月1日号)などに論文を発表した。この中で、遺伝子の解析データの図をコンピューター処理で改変したり、論文に掲載していない実験材料を使ったりして、データの一部を都合のいいように変えてい...
     → 全文を表示する

  • → 2014年1〜6月

    2014/06 BioToday 学術雑誌の出版指針の推奨と報告の完全性の関連は評価不可能 2014/06 朝日新聞 先端研究12人に550億円配分 人工脳の開発など  スパコンを上回る人工脳の開発や放射性廃棄物の大幅削減など 2014/06 毎日新聞 科学技術白書:相次ぐ研究不正を批判、倫理観求める 2014/06 読売新聞 理研の不正防止研修、研究責任者の半数が未受講 2014/06 NatureJP 特集:南米の科学研究の「星」たち:...
     → 全文を表示する

  • → 2013年7〜12月

    2013/12 【日本語ブログ】気候変動否定論には誰が資金提供を行っているのか? データは'驚異的なレート'で科学に失われています。 2013/12 EurekAlert  Data are lost to science at 'astonishing rate'  500以上の手当たりしだいに選択された研究の慎重な評価によって、論文の後ろのオリジナルのデータが急ピッチで科学に失われたのがわかりました。 80パーセントの科学的データは20年間以内に失われています、時間が...
     → 全文を表示する

  • → 2013年1〜6月

    2013/06 Science 米国はいつまでトップランナーでいられるか? 2013/06 ABC@オーストラリア Science doesn't meet business  科学とビジネスの基本的な違いは来世を造る彼らの協調して働く能力を妨げます。 2013/06 読売新聞 日本発の研究論文「質量ともに低下」…科技白書  2009~11年の論文数は、10年前の2位から5位に低下  他の論文に引用された回数が上位10%に入る「影響力の大きい論...
     → 全文を表示する

  • → 2012年7〜12月

    2012/12 【日本語記事】ワイアードビジョン   2012年の科学界を代表する10人 2012/12 毎日新聞 論文捏造:元東邦大准教授 筑波大が60本「不正」と認定  麻酔学の論文の大半が捏造 2012/12 Nature 中国で特許の急増に伴い、訴訟も増えているが、司法が追いついていない面も。  China’s patent boom brings legal wrangles doi: 10.1038/492323a 2012/12 【日本語記事】ワイアードビジョン 科学好き...
     → 全文を表示する

  • → 2012年1〜6月

    2012/06 Nature Openness costs 科学論文のオープンアクセス化は世界的な流れだが、それに不可欠なコストを賄うためには、仕組みや戦略を変えていく必要がある。 doi:10.1038/486439a 2012/07 【日本語記事】ワイアードビジョン  世界記録「日本人研究者、172本の論文データ捏造」 2012/06 読売新聞 元准教授の論文捏造172本…例のない規模  日本麻酔科学会  捏造がないと断定できた論文は、共著者とし...
     → 全文を表示する

  • → 2011年7〜12月

    2011/12 The perils of 'bite-size' science 'ひとくちサイズ'科学の危険 Short, fast, and frequent: 短く、速く、頻繁: Those 21st-century demands on publication have radically changed the news, politics, and culture -- for the worse, many say. 多くが、よりひどく言うので、公表におけるそれらの21世紀の要求はニュース、政治、および文化を根本的に変えました。  心理学的な研究における同様の傾向 2011/...
     → 全文を表示する

  • → 2011年1~6月

    2011/06 Nature Mismeasure for mismeasure 高名な科学者の業績や理論であっても、名声にひるむことなく、活発に検証、批判できることが望ましい。 doi:10.1038/474419a 2011/06 news@nature.com Researchers tweet technical talk 研究者は技術的な話をさえずらせます。 In the latest trend in scientific discourse, journal clubs and data disclosures move to Twitter. 科学論文における最新の傾向では、ジャー...
     → 全文を表示する

  • → 2010年7~12月

    2010/12 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 科研費を繰り越し可能にする制度改正を行う方針が決定される 2010/12 読売新聞 科学研究費、繰り越し可能に…一部を基金で運用 2010/12 朝日新聞 官民の科学技術研究費、2年続けて減少 民間低迷響く 2010/12 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン Science誌、「過去10年間の10大研究成果」を発表 それってコンタミ? 2010/12 EurekAlert New re...
     → 全文を表示する

  • → 2010年1~6月

    2010/06 【日本語記事】東亜日報@韓国 黄禹錫被告の控訴審、8ヵ月ぶりに開催 2010/06 朝日新聞 日本人科学者、待遇に不満? 満足度調査で最下位に 2010/06 毎日新聞 科学者満足度:明暗 デンマーク1位/日本最下位−−主要国英誌調査 2010/06 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 16か国中、デンマーク1位・日本最下位:Nature による科学者満足度調査 2010/06 【日本語ブログ】 日本の科学者...
     → 全文を表示する

  • → 2009年7~12月

    2009/12 news@nature.com Fraud rocks protein community タンパク質の研究現場を震撼させる詐欺 University finds that researcher falsified data supporting 11 protein structures.  11の立体構造を支えるデータを改竄した研究者 2009/12 news@nature.com Europe's medical researchers team up ヨーロッパの医学の研究者は組みます。 Federation of academic societies hopes to influence research policy. 学...
     → 全文を表示する

  • → 2009年1~6月

    2009年6月 【日本語記事】科学技術動向月報 2009/06 news@nature.com Science journalism: Breaking the convention? Blogs and Twitter are opening up meetings to those not actually there. Does that mean too much access to science in the raw, asks Geoff Brumfiel. 2009/06 【日本語記事】Nature 科学とメディア:チアリーダーか番犬か  変わりつつある科学とメディアとの関係  1950年代には「煽り立て...
     → 全文を表示する

  • → 2008年7~12月

    2008/12 【日本語記事】読売新聞 バチカンも動いた!ガリレオ地動説、法王が公式に認める http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20081222-OYT1T00761.htm 2008/12 New Scientist Science heroes and villains of 2008 2008年の科学ヒーローと悪者  Steven Chu George Church Svante Pテ、テ、bo Alan Stern John Pendry Peter Smith Ken Caldeira Lyn Evans   悪者は、炭素菌テロ容疑者で自殺したBruce Ivins ...
     → 全文を表示する

  • → 2008年1~6月

    保全は、言語を新鮮にする  専門家は、ことばを標準化する ― 『本当に科学的な』保全になるために。 2008/06 news@nature.com Conservation gets fresh language  Experts standardize terms to make conservation 'truly scientific'. 2008/06 【日本語記事】毎日新聞 かはくトランプ:生き物の進化をトランプに 国立科学博物館 http://mainichi.jp/select/science/archive/news/ 2008/06/22/20080622ddm016040028...
     → 全文を表示する

  • → 2007年7~12月

     科学なポッドキャスト The Biggest Science Stories of 2007 【MP3ファイル】 2007年の科学トピックスを振り返る 2007-12-22 サイエンス・フライデイ  NPR: Science Friday EurekAlertの2007年人気記事トップ10 2008/01 EurekAlert Climate change, gender differences, health among EurekAlert! 10 Most Popular Stories in 2007 ・2007-05 NASA study suggests extreme summer warming in the future N...
     → 全文を表示する

  • → 2007年1~6月

    2007/06 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン  Natureがピアレビューのない科学論文サイトを開始 2007/06 【日本語記事】毎日新聞 日本女性科学者の会:女性科学者2人に奨励賞 2007/06 【日本語記事】中央日報@韓国 黄禹錫氏の海外研究めぐって攻防   「最後の挑戦、最後まで黄禹錫(ファン・ウソック)博士と共にする」  「韓国内で研究を再開するのが最善」、「もう一度のショーになるだろう」...
     → 全文を表示する

  • → 2006年

    12 京都大学防災研究所21世紀COEプログラム 『サテライト連続講義』動画配信中 2006/12 【日本語記事】読売 論文ねつ造疑惑、東大・多比良教授と助手を懲戒解雇  実験結果を十分にチェックせず、助手らにデータを管理させる責任も果たさず 2006/12 【日本語記事】毎日新聞 東大論文問題:多比良教授を懲戒解雇 「信ぴょう性ない」−−実験担当の助手も 2006/12 【日本語記事】中央日報@韓国 東京大、論文...
     → 全文を表示する

  • → 2005年

    【論文ねつ造】英FT「科学に対する認識に悪影響」 2005/1230 【日本語記事】 朝鮮日報@韓国 東大論文問題:RNA第一人者・多比良教授を処分へ−−裏付け資料出せず 2005/12 【日本語記事】 毎日新聞 論文データ改ざん疑惑、潔白資料出せない可能性 2005/12 【日本語記事】 読売 不正論文:国内で疑惑相次ぎ、罰則科す方針−−文科省 2005/1229 【日本語記事】 毎日新聞 科学界10大ニュース、トップは「進...
     → 全文を表示する

  • → 2003年

    専門家とは 学際は可能か 大人の科学の問題を大人が考えるセンター@イギリス 2003/11 BBC News Centre opens for X-rated science  The Dana Centre in South Kensington 広瀬・金沢大教授にイグ・ノーベル化学賞 2003/10 共同通信 2003/10 毎日新聞 今年のイグノーベル賞、去年(バウリンガル)に引き続きまた日本人受賞  タクシードライバーの海馬サイズ/  入国ができなかった生きた死者代表/ ...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー