endBooks「 意識・記憶・学習・ウソ 」年月別インデックス

  • → 2017年

    2017年8月 Nature Human Behaviour Neuroscience: Connectivity mapping and behaviour  基礎の中枢は、脳の外皮のほとんどのエリアとの強いおよび相互の接続を持つ人の脳の中心的な構造である。人機能的MRIデータ、これらの接続性パターンが下にある観念をサポートすることの分析 意志決定行動の違い 。 それは休息の間に収集されて、斬新なアプローチを使って分析された 2017年8月 脳の配線を望ましい方向に...
     → 全文を表示する

  • → 2016年7〜12月

    2016年12月  国際電気通信基礎技術研究所 自己意識を本人が無自覚のうちに変容できるニューロフィードバック技術の開発 2016年12月 財経新聞 特定の脳活動に報酬で、知覚した物事に対する「確信度」を操作 2016年12月 Science 空間的注意は皮質の局所神経活動を調整する 2016年12月 Science 経頭蓋磁気刺激により「忘れた記憶」を再活性化する 2016年12月 脳内に「やる気」の...
     → 全文を表示する

  • → 2016年1〜6月

    2016年6月 スラド メチレンブルーで記憶能力が上がる? 2016年6月 ワイアード 「頭がよくなる薬」が見つかる:米大学 運動と記憶 2016年6月 豪州ABC Why exercise might boost your memory 2016-06 Science/AAAS ヒトの概念的知識のグリッド細胞様のコードによる組織化 2016-06 ワイアード 「自由意志」は存在する(ただし、ほんの0.2秒間だけ):研究結果 2016-06 Science ヒト海馬では行...
     → 全文を表示する

  • → 2015年7〜12月

    2015-12 財経新聞 マウスが物体の輪郭を認識する際の脳の働きを明らかに 九大・大木研一氏ら 2015-12 財経新聞 優秀なサッカー選手は、状況の見極めと反応の出力が速い 筑波大・浅井武氏ら 2015-12 財経新聞 脳活動から人が予測したシーンを解読することに成功 京大・石井信氏ら 2015-12 脳波から頭に浮かべた地図を読み取り、京都大学が成功 | 大学ジャーナルオンライン 2015-12 財経新聞 脳の記憶を支え...
     → 全文を表示する

  • → 2015年1〜6月

    2015/06 毎日新聞 名古屋大:似顔絵、記憶の変化再現 米科学誌発表/愛知 2015/06 NatureJP 空間記憶の性質 2015/06 財経新聞 筑波大、軽い運動が記憶力を高める仕組みの一端を明らかに 2015/06 Nature 作業記憶の際の空間符号化に必要な海馬–前頭前野間入力   Hippocampal–prefrontal input supports spatial encoding in working memory 2015/06 news@nature.com Activating happy memories cheers mood...
     → 全文を表示する

  • → 2014年7〜12月

    2014/12 BioToday シナプスは記憶の保管場所ではなさそう/アメフラシ神経の実験 2014/12 スラッシュドット ジャパン 嫌悪感は嘘を生み、清潔さはそれを正す? 2014/11 Science どのようにして大統領を忘れてしまうのか:集合的記憶の忘却過程 2014/11 BioToday 内側嗅内皮質が損傷しても海馬の場所細胞は形成されて機能する 2014/11 情報通信研究機構 下手な人を見たら、自分も下手になったエキスパート ~...
     → 全文を表示する

  • → 2014年1〜6月

    2014/06 Science ヒトの前頭前野が寄与する推論の計算論的モデル 2014/06 NatureJP 学習へのプルキンエ細胞スパイクの関わり 2014/06 BioToday 脳は幾つかの神経活動状態を経て麻酔から覚める 2014/06 BioToday 神経連結の強さを変えて記憶を封じたり呼び戻したりできる 2014/06 BioToday 学習後の睡眠は学習依存的な樹状突起棘形成/維持を促しうる 2014/06 BioToday ストレスホルモンは老化に伴う短期...
     → 全文を表示する

  • → 2013年9〜12月

    高い行動興奮性をもっている人間には、良いワーキングメモリがあります。 2013/12 EurekAlert  Motor excitability predicts working memory 2013/12 WSJ.com 電気けいれん療法、記憶消去実験で成果―オランダの神経科学者 2013/12 news@nature.com  Zapping the brain can help to spot-clean nasty memories 2013/12 ワイアードビジョン 電気ショックで記憶を消す実験に成功 研究者は学習と言語理解におけるミ...
     → 全文を表示する

  • → 2013年5〜8月

    外皮の長期記憶 2013/08 EurekAlert Long-term memory in the cortex 脳は、海馬ではなく、知覚の協会を作るのに皮質を使用します。 2013/08 ワイアードビジョン 脳への電気ショックを利用した学習には副作用も 2013/08 EurekAlert Researchers discover how inhibitory neurons behave during critical periods of learning 脳の回路の1つの部品(抑制性ニューロン)が学習の要継続期間の間、どう振る舞うか  抑...
     → 全文を表示する

  • → 2013年1〜4月

    高高度で大事な決断をすべからず 2013/04 BBC News Mental tasks 'impaired in the air' 魚油を摂取して肉や乳製品を避ければ記憶力アップ 2013/04 EurekAlert More evidence suggests eating omega 3s and avoiding meat, dairy linked to preserving memory 2013/04 NTV 知識の宝庫!目がテン!ライブラリー  1日にたくさんの場所を回るバスツアーが人気の理由は? 右の手をぎゅっと握ると記憶力アップ 2013...
     → 全文を表示する

  • → 2012年10〜12月

    2012/12 【日本語記事】BioToday   カフェインで文書校正能力の一部が改善しうる 2012/12 EurekAlert  Fat influences decisions taken by brain cells for production and survival 脂肪は生産と生存のための脳細胞によって取られた決定に影響を及ぼします。  脳での神経細胞の生存と生産で重要な役割を果たす2個の分子を特定しました  ドーパミンを生産する神経細胞を含んでいます。  コレステロールにはいくつ...
     → 全文を表示する

  • → 2012年7〜9月

    2012/09 EurekAlert  Exercise improves memory, thinking after stroke, study finds 脳卒中後の運動、記憶力を改善する  6カ月の運動は記憶、言語、思考、および判断能力をおよそ50パーセント改良できます。 2012/09 読売新聞 子猫・子犬「かわいい!」で集中力アップ…研究 2012/09 【日本語ブログ】かわいい画像は集中を助ける 2012/09 EurekAlert  Cogmed Working Memory Training: Does it act...
     → 全文を表示する

  • → 2012年1〜6月

    2012/06 EurekAlert Easter Island drug raises cognition throughout life span イースター島ドラッグは年齢にかかわらず認識力を上げます。 Rapamycin ラパマイシイン(最初にイースター島で土から孤立している化合物) 若くて、中年の、そして、より古いネズミの研究で学習とメモリを機能アップしました。 2012/07 【日本語記事】BioToday   DHAの記憶や学習の改善は海馬シナプス伝達亢進に起因しうる 2012/07 ...
     → 全文を表示する

  • → 2011年7~12月

    2011/12 【日本語記事】中央日報@韓国 戦争・災難など残酷な記憶を電気刺激で消す 韓国研究チームが究明  マウスの視床に極めて弱い電気を短く反復的に加える  恐怖記憶の消滅に関する遺伝子「PLCベータ4」の機能 2011/12 【日本語記事】BioToday 海馬の後部が前部に比べて大きい人は回想記憶力が優れている 2011/12 EurekAlert How do we split our attention? 私たちはどのように注意を分散させますか? ...
     → 全文を表示する

  • → 2011年1~6月

    2011/06 EurekAlert New study: Even in flies, enriched learning drives need for sleep ハエでさえ、豊かにされた学習は睡眠の必要性を追い立てます。  脳のサーキットが環境で濃い新しいシナプスを育てて、それらが彼らの刺激となっている脳のエネルギー需要にダイヤルし返すために眠らなければならないからです 2011/06 Science Sleep and Synaptic Homeostasis: Structural Evidence in Drosophila 睡眠とシナプス...
     → 全文を表示する

  • → 2010年7~12月

    12月 ■ 自由意志を奪う植物、ダチュラ 科学なポッドキャスト Cultural Chemistry (Part 3 of 3): Colombia - the plant that steals your free will? 【MP3ファイル】 2010/12/18 ABC@オーストラリア  All In The Mind  薬草、もしくは毒草としての天使のトランペット。  ブルグマンシア属、キダチチョウセンアサガオ。  人間の記憶も意思も奪う薬物。  この音声ファイルは内容をテキストで読むことがで...
     → 全文を表示する

  • → 2010年1~6月

    6月 一過性全健忘の患者における海馬CA1神経細胞の局所損傷は場所記憶障害の原因である 2010/06 Science Focal Lesions of Human Hippocampal CA1 Neurons in Transient Global Amnesia Impair Place Memory 2010/06 EurekAlert UM School of Medicine scientists develop new strategy that may improve cognition キヌレン酸 kynurenic acid で頭しゃっきり 2010/06 EurekAlert Is your left hand more motiva...
     → 全文を表示する

  • → 2009年7~12月

    12月 2009/12 EurekAlert UCSB scientists discover how the brain encodes memories at a cellular level  脳が細胞の段階でどのように思い出をコード化するか 分子とシナプスが思い出をセメント付けする Molecules and synapses cement memories, say scientists 2009/12 BBC News Scientists 'decode' memory making 科学者は記憶作成を'解読します'。 Scientists believe they have uncovered one of the mec...
     → 全文を表示する

  • → 2009年1~6月

    6月 2009/06 PhysOrg Sleep helps build long-term memories 睡眠は、長期記憶を構築するのを助ける 関係は、学生成功を改善する  クラスの人数や時間割とかじゃなく 2009/06 EurekAlert Relationships improve student success  関係こそが、成績をアップさせる強力かつコストパフォーマンス良好な方法っぽい  教師や学校とポジティブな関わりをもつ学生は、テストの成績もよろしい 山肩葉子 自然科学研究...
     → 全文を表示する

  • → 2008年7~12月

    12月 MRIを使った判決はあかんやろ!  苦しんでいるか、精神状態は正常かを見るのならまだしも、有罪か無罪かを脳スキャンで決めたらあかん 2008/12 New Scientist Judges junk bogus neuroscience 裁判官は、偽の神経科学を却下する 2008/12 EurekAlert Our unconscious brain makes the best decisions possible 我々の脳は、無意識のうちに最善の決定をなしている  かつて、いいかげんな意思決定者であると...
     → 全文を表示する

  • → 2008年1~6月

    6月 2008/06 PhysOrg Midlife smokers may have worse memory than non-smokers 中年の喫煙者は非喫煙者より記憶が悪いんじゃないか 墓穴を掘るど忘れ 科学なムービー Tip of the Tongue Learning 2008/06 ScienCentral  何かの名前をど忘れしたとき、無理に思い出そうとすると、よけいに思い出せなくなるらしいよ。  あれってなんだっけ、鳥山じゃなくて、鳥山じゃなくて、鳥山じゃ・・・と、やっていると、「...
     → 全文を表示する

  • → 2007年7~12月

    12月  科学なポッドキャスト Authors Investigate the Body's 'Mind of Its Own' 【MP3ファイル】 脳とは別に、体が独自に持つ『心』を調査する著者たち 2007/12  NPR : Authors Investigate the Body's 'Mind of Its Own' Your brain and body use "maps" to translate incoming sensory signals into meaningful information. Science writers Sandra and Matthew Blakeslee talk about their new book, The Bod...
     → 全文を表示する

  • → 2007年1~6月

    6月 2007/06 【日本語記事】Nature@日本 脳:サルも「確率的推論」を行う ヒトで確率的推論を担う大脳基底核中の記憶回路、サルでも確率量の足し算・引き算をやっている 2007/06 EurekAlert Blind people are 'serial memory' whizzes 盲目の人々は、『連続的記憶』ビューである 2007/06 【日本語記事】 UK Today (イギリス)  一瞬の判断が最良の決断 考える時間が長いほど、よい決断ができるとは限らない ...
     → 全文を表示する

  • → 2006年7~12月

    12月 2006/12 EurekAlert Longevity gene also protects memory, cognitive function 長命遺伝子、記憶(認知機能)もプロテクトする 2006/12 EurekAlert Gene tied to longevity also preserves ability to think clearly 長命に結びつけられる遺伝子、クリアに思考する能力を保つ 2006/12 BBC News 'Longevity gene keeps mind sharp' 2006/12 EurekAlert Watching with intent to repeat ignites key lear...
     → 全文を表示する

  • → 2006年1~6月

    6月 糖尿病が損なう記憶力 2006/06 EurekAlert Edinburgh researchers to probe memory loss in people with diabetics 脳年齢ゲームの川島教授「活性化は簡単作業の反復」 2006/06 【日本語記事】 asahi.com SciencePortal 道を拓く 川島隆太教授 動画ポッドキャスト (えらいかさばるわりには中薄い…)  脳のメカニズムに迫る 東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授 2006-06-27 第4回 脳のメカニズ...
     → 全文を表示する

  • → 2005年7~12月

    12月 ポッドキャスト:Oliver Sacksインタビュー Science Friday Podcast  オリバー・サックス、音楽と記憶のミステリーについて語る:記憶喪失患者と音楽の記憶 MP3、約30分 ロボットにおける「自意識」 名大のタケノジュンイチ 2005/12 Discovery Robot Demonstrates Self Awareness 2005/12 EurekAlert Researchers know what you were about to say; fMRI used to detect memory storage and retrieval...
     → 全文を表示する

  • → 2005年1~6月

    6月 2005/06 EurekAlert Study shows how sleep improves memory 2005/06 EurekAlert Mental processing is continuous, not like a computer 「タモリ細胞」や「みのもんた細胞」が私たちの脳の中にあるわけ? 2005/06 New Scientist Why your brain has a ‘Jennifer Aniston cell’ 神経科学:友達用とおばあちゃん用は別 2005/06 Nature Neuroscience: Friends and grandmothers 2005/06 news@nature.c...
     → 全文を表示する

  • → 2004年

    倫理 2004/12 ScienceDaily Your Brain And You: Penn Researcher Forecasts Ethical Challenges Ahead For Neuroscience And Society 神経科学が問いなおす「自由意志と責任」 2004/12 ▲日本語記事 ワイアードジャパン 脳強化革命、すでに進行中  脅かされるアイデンティティ 神経倫理学は間に合うか 2004/06 The Christian Science Monitor Strange food for thought 認識の自由と倫理センター ...
     → 全文を表示する

  • → 2003年

    自意識の研究 魂は存在するか 意識は存在するか ディック・バージェス@ユタ大 2003/11 Deseret News  The soul hypothesis: Scientist wonders if there is proof for existence of consciousness 2003/11 University of California  A meeting of the minds: Buddhists and behavioral scientists compare notes on the workings of the mind  Investigating the Mind: Exchanges between Buddhism ...
     → 全文を表示する

  • → 2002年

    自意識の研究 2002/12 New York Times  More Than Good Intentions: Holding Fast to Faith in Free Will 2002/12 U.S. News and World Report  The ghost hunters  Scientists and novelists share insights into the enduring mystery of human consciousness ガンマ波と意識/てんかん失神中のSPECT像 2002/09 EurekAlert!  New research adds to understanding of conscious awaren...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー