endBooks「 性格/性向/感情/幸福感 」年月別インデックス

  • → 2017年

    2017年3月 Nature Human Behaviour  Exome sequencing of healthy phenotypic extremes links TROVE2 to emotional memory and PTSD  健康な表現型の両極端のExome配列は、TROVE2を感情のメモリーとPTSDと結び付ける  TROVE2〈扇動的な反応と自己免疫に巻き込まれた遺伝子〉は、また、心的外傷後ストレス障害において、感情的にチャージされたイベントのための強化されたメモリーと関連する。 恐怖刺激と結びつい...
     → 全文を表示する

  • → 2016年

    2016年12月 LiveScience Your Giving Brain: Are Humans 'Hardwired' for Generosity? 2016年12月 LiveScience Anxiety May Give Dogs Gray Hair 苦労をすると白髪が増える ←ワンコも  ヒトでもあるように、犬も過剰なストレス(強い不安経験や落ち着きのない性格)で白い毛が出てくる傾向があるらしい 2016年12月 Nature 加齢によるリスク選好の変化は脳構造の変化によって説明できる  ...
     → 全文を表示する

  • → 2015年7〜12月

    2015-12 LiveScience Strong Social Connections May Improve Health  社会的な接続はあなたの身体的な健康のために重要である 2015-12 財経新聞 幸福を強く感じる人ほど特定の脳部位が大きい 幸福感の神経基盤を解明=京大・佐藤弥氏ら テレビ視聴でストレスが増加する場合 2015-12 You Can “Catch” Stress Through a TV Screen   Couch potatoes beware—characters in distress are hazardous to your health...
     → 全文を表示する

  • → 2015年1〜6月

    2015/06 Emotional brains ‘physically different’ to rational ones  論理脳の人と感情脳の人とでは脳が物理的に異なっている  Monash University  情動的共感機能のレベルが高かった人は、島葉(音楽や芸術に感情的に反応したり空腹のような体の状態を読み取ったりする)  認識的共感機能のレベルが高かった人は、中帯状回(社会的情報を処理する脳半球と意思決定を手伝う脳半球をつなぐ脳の部分) 2015/06 Science/...
     → 全文を表示する

  • → 2014年7〜12月

    2014/12 不安な気持ちが強い人は “言語能力が優れている” 2014/12 京大 自閉症児童は表情のよみとりが苦手 2014/12 Evolution and Human Behavior Are smiles a sign of happiness? Spontaneous expressions of judo winners 微笑は幸福のサインですか? 柔道勝者の自然発生的な表現 2014/12 スラッシュドット ジャパン 嫌悪感は嘘を生み、清潔さはそれを正す? 2014/11 理研、パニック抑制する細...
     → 全文を表示する

  • → 2014年1〜6月

    2014/06 news@nature.com 脳のサーキットは社会的なふるまいに拍車をかけます。 Neuroscience: Brain circuit spurs social behaviour 2014/06 ためしてガッテン  本当にあった「やる気スイッチ」!その異常とは? 2014/06 news@nature.com  Sun-seekers court addiction  日焼け 2014/06 news@nature.com  Neuroscience: Tanning might be addictive 2014/06 BioToday 腹側被蓋野の刺激でサルの選択-画像の...
     → 全文を表示する

  • → 2013年9〜12月

    感情がボディーでどう写されるか 2013/12 EurekAlert  Finnish research team reveals how emotions are mapped in the body 2013/12 Evolution and Human Behavior The cost of cowardice: punitive sentiments towards free riders in Turkana raids   臆病のコスト: トゥルカナ族襲撃でのフリーライダーに向けられた懲罰的な感情 リラックスしようとするより、エキサイトするように自分たちに言いきかせれば...
     → 全文を表示する

  • → 2013年5〜8月

    2013/08 Evolution and Human Behavior Seeing storms behind the clouds: Biases in the attribution of anger 雲に嵐を見る : 怒りの属性における偏見 若い労働者は団塊の世代より幸せに仕事してる 2013/08 LiveScience Younger Workers Happier Than Boomers at Work ユーモアのセンスが優れている人材のほうが雇用されやすい 2013/08 LiveScience The Funny Personality Trait Most Likely to Land You a Job...
     → 全文を表示する

  • → 2013年1〜4月

    いじめそのものではなく、いじめにどう反応するかが社会不安レベルに重要。 Cyberballで拒絶されると2ヶ月後でも社会不安が高いまま 2013/04 Reactivity to Exclusion Prospectively Predicts Social Anxiety Symptoms in Young Adults 社会不安の人は他者の視線が自分の方を向いていると判断しやすいが、CBTの後ではコントロール群との差がなくなる 2013/04 The widening of the gaze cone in patients with social anxie...
     → 全文を表示する

  • → 2012年9〜12月

    2012/12 Trait emotional intelligence and its links to university performance: An examination 特色の感情的な知性と大学性能へのそのリンク: 試験  キプロスの323人(113女性)の大学生のサンプルの学業成績(AP)と認識力との関係、個性特色、および特色の感情的な知性(特色EIか特色の感情的な自己効力)を調査  専攻課程:コンピュータ科学、ビジネス、管理、電気工学、観光、マーケティング、法、会計学、および心理学 ...
     → 全文を表示する

  • → 2012年5〜8月

    2012/08 Higher sensitivity for low spatial frequency expressions in social anxiety: Evident in indirect but not direct tasks? 社会不安が高い人は空間解像度が低い表情を潜在的に認識、処理する能力が高い。 ■2012/08 Emotion Perception by Recently Incarcerated Males 出所後の感情知覚 :男性の仮釈放者  典型的な観察者は怒った歩行者を最もよく検出できましたが、幸福な歩行者の検出で仮釈放者は最も正確...
     → 全文を表示する

  • → 2012年1〜4月

    2012/04 EurekAlert Unruly kids may have a mental disorder 手に負えない子供には、精神障害があるかもしれません。 ■アカゲザルで扁桃体容量が大きいほど、顔/目に注目し、他個体を記憶するのが得意。 2012/04  Amygdala volume predicts patterns of eye fixation in rhesus monkeys 2012/04 EurekAlert Big girls don't cry 大きい少女は泣きません。  肥満の若者での身体的満足と健康な心理機能との関係 ...
     → 全文を表示する

  • → 2011年7~12月

    2011/12 【日本語記事】中央日報@韓国 戦争・災難など残酷な記憶を電気刺激で消す 韓国研究チームが究明  マウスの視床に極めて弱い電気を短く反復的に加える  恐怖記憶の消滅に関する遺伝子「PLCベータ4」の機能 2011/12 EurekAlert What are emotion expressions for? 感情表出は何のためのものですか?  漫画のおっかない顔(逃走する直前のようなびっくり目)は、私たちの霊長類先祖が危険な荒野で生き残るの...
     → 全文を表示する

  • → 2011年1~6月

    2011/06 ABC@オーストラリア Scan reveals how brain processes jokes 2011/06 ロイター 英科学者が冗談に対する脳の反応研究、植物状態患者の感情理解に道 2011/06 【日本語記事】BioToday 不快な思いは記憶保持を改善しうる 2011/06 【日本語記事】BioToday 栄養飲料をよく飲む音楽家は飲酒問題や処方薬不正使用リスクが高い 幸福度の低い消費者が、幸せな感触を求めるのは本能 2011/06 EurekAlert Animal ...
     → 全文を表示する

  • → 2010年7月~12月

    12月 2010/12 【日本語ブログ】脳構造の違いにあった!?右寄りの考え方をする人は恐怖をつかさどる「扁桃体」が発達している(英研究)  右派志向の人たちは、人生を楽観したり勇気に関係していると言われる脳の「前帯状領域」は通常よりも小さく貧弱  脳の2つの領域の「サイズ」が、政治的見識の如何に直接的な関わりをもつ 2010/12 【日本語記事】AFP セックスに依存する人は親密な人間関係を怖がる傾向が高い、...
     → 全文を表示する

  • → 2010年1月〜6月

    6月 2010/06 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 「悪い自分」を想像すれば身体能力が向上する ? 自分自身のことを「善」や「悪」と捉えることによって、人は身体的持久力および意志の力を向上させることができる 偏狭的利他主義の生物学的基盤 被験者全員を成人男子ボランティアとした実験で、鼻腔スプレーを用いて投与 2010/06 【日本語記事】Science 母熊効果:オキシトシンが促進する「慈しんで守る」反...
     → 全文を表示する

  • → 2009年7~12月

    12月 政治の科学的解析 2009/12 EurekAlert There may be a 'party' in your genes あなたの遺伝子の中に'政党'があるかもしれません。  保守を好む遺伝子、タカ派に投票したがる遺伝子・・・  進化心理学や生物学的な枠組みを使用して、最高学者は政治と政治行動の研究への新しい取り組み方を提供します。 今もらえる少額より、将来の大金を見据えます 2009/12 EurekAlert K-State psychologists show that f...
     → 全文を表示する

  • → 2009年1~6月

    先のことは考えない 2009/06 EurekAlert Teens who believe they'll die young are more likely to engage in risky behavior, University of Minnesota research finds  自分は太く短く生きるのだ(早死にする)とみなしているティーンエージャーは、リスキーな行動にコミットする率が高い 2009/07 ABC@オーストラリア Risky teens are fatalistic: study リスキーなティーンエージャーは、運命論的である 2009/06 ...
     → 全文を表示する

  • → 2008年7~12月

    2008/12 EurekAlert Facial expressions of emotion are innate, not learned, says new study 感情の表情は、学習ではなく生まれつき 2008/12 EurekAlert Childhood anxiety disorders can and should be treated, according to UT Southwestern national expert 小児期の不安障害は治療可能だし、治療すべきである 2008/12 EurekAlert Study finds we are better able to detect racial tension in members of our...
     → 全文を表示する

  • → 2008年1~6月

    2008/06 EurekAlert The perils of overconfidence 自信過剰の直し方 2008/06 EurekAlert NYU, Rutgers study shows how using mental strategies can alter the brain's reward circuitry 心の戦略は脳の報酬回路を変化させる  人間が感情を制御するために使用する認知戦略は、来たるべき報酬への神経学上のと生理的反応を確定することができる 2008/07 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 世界で最も「幸...
     → 全文を表示する

  • → 2007年7~12月

    共感障害「EDD」というコンセプトはどうだろう 2007/12 Washington Post Empathy: Could It Be What You're Missing? 日の丸のサブリミナルでも同じ? 2007/12 EurekAlert Subliminal messages can influence us in surprising ways 意識下のメッセージは、我々に驚くべき影響をもたらす  国旗をサブリミナルすると、左右にエスカレートするどころか、逆に政治的に中庸な方向に意見が振れますよ 気前のよさ 太っ腹...
     → 全文を表示する

  • → 2007年1~6月

    2007/06 BBC News Cerebral palsy children 'happy'  Children with cerebral palsy are just as happy as children without the condition are 2007/06 【日本語記事】Nature@日本 脳:報酬を求める行動  ドーパミンニューロンが報酬関連シグナルを受け取る仕組み ~松本正幸と彦坂興秀 感情を言葉にあらわすと、脳が癒される 2007/06 PhysOrg Putting feelings into words produces therapeutic effects in t...
     → 全文を表示する

  • → 2006年

    人生向き不向き 罪を洗い清める ー マクベス効果 Washing Away Our Sins -- The Macbeth Effect  清潔な人はよく信頼される 肉体的な清濁と倫理的な清濁の心理的互換性 2006/09 【日本語記事】 Science日本版 名前で分かる!?——事故を起こしやすいドライバーはこの人! ■ 2006/07 【日本語記事】 UK Today (JAPAN JOURNALS LTD.) 本好きは遺伝するか否か 〜Twins' Early Development Study (TEDS) ...
     → 全文を表示する

  • → 2005年

    人生向き不向き 成功する人が幸せになるのではなく、もともと幸せを感じやすい人が成功しやすいという事実 2005/12 WebMD  Happiness Comes First, Success Follows  Happy People May Be More Successful 背の高い女性は上昇志向 2005/10 Times Tall women upwardly mobile  the less maternal her personality and the less broody she feels about children ひっこみじあんは人生損 刺激好きな...
     → 全文を表示する

  • → 2004年

    人生向き不向き ジグゾーパズルでわかる人の性格 2004/12 BBC News 'Jigsaw plan' reveals personality ボランティア活動はいいことだらけ  健康アップ、教育効果あり、その上、犯罪率まで減ってしまいます 2004/09 EurekAlert The art of happiness...Is volunteering the blueprint for bliss? 仕事中毒患者と業務適応者の分かれ道 2004/09 New York Times SICK OF WORK  Cracking Under the ...
     → 全文を表示する

  • → 2003年7〜12月

    人生向き不向き 会社が苦痛なのはなぜ? あなたの性格、“組織向き”ですか? 2003/08 All About Japan あなたの“やる気”引き出します 〜広がるコーチング〜 2003/08 クローズアップ現代 NHK 感情とシグナル 操作される性質 2003/12 Nature Science Update Parents' brains tuned to babies' tears  Emotions triggered by wailing tots. 2003/12 BBC News Parents wir...
     → 全文を表示する

  • → 2003年1〜6月

    感情って何? 感情関連書籍 2003/02 The Chronicle Getting Emotional 2003/01 Cognition and Emotion Volume 17, Number 2 167 - 179  The origin and function of pleasure 2003/01 Cognition and Emotion Volume 17, Number 2 181 - 211  What is an unconscious emotion?(The case for unconscious 'liking') 2003/01 Cognition and Emotion Volume 17, Number 2 297 - 314  ...
     → 全文を表示する

  • → 2002年

    感情って何? 2002/12 BioMedNet News FEEDBACK - The brain's social guardian  Science has not solved the question 'What is emotion?' 2002/12 The Philosophers' Magazine Emotions 感情の進化心理学 古来の機能が寿命を縮める ケンカっ早さと心臓病  攻撃性などのテンションの高さ、古代の環境ではサバイバルに有利だったかもしれないが… 2002/05 New York Times Ancien...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー