endBooks「 地球温暖化、古気候学、異常気象 」年月別インデックス

  • → 2019年9〜12月

    2019年11月 National Geographic The environmental toll of cremating the dead  死者を火葬する環境被害   火葬がより一般的になるにつれて、世界中の人々はより環境に優しい終末期の選択肢を求めています。 2019年11月 National Geographic JP  火葬で良いのか? その環境負荷と新たな選択肢 2019年11月 National Geographic Most countries aren't hitting 2030 climate goals, and everyone will pay the pri...
     → 全文を表示する

  • → 2019年5〜8月

    2019年8月 AFP  氷河の融解、氷床とともに海面上昇の脅威に IPCC特別報告書ドラフト 2019年8月 毎日新聞 温暖化で「波」に影響出る海岸線は世界の5割以上にも 京大などの国際研究チーム   地球温暖化波の高さに影響 4度上昇で海岸線の5割 京大など研究 2019年8月 Nature  ヨーロッパの洪水パターンは気候変動に関連している 2019年8月 National Geographic Seaweed 'forests' can help fight climate chan...
     → 全文を表示する

  • → 2019年1〜4月

    2019年04月 AFP  世界遺産の氷河、今世紀中に半数が消失の恐れ 温暖化の影響 2019年04月 BBC News Signs of faster melting in world's largest ice shelf 2019年04月 BBC News How cow dung can help fight climate change  土をよい条件に保持することは、向こうにロックされた保持カーボン紙にキーであり、それは可能な雌牛である 助けることができる 。 2019年04月 BBC News Climate change being fuelled by s...
     → 全文を表示する

  • → 2018年9〜12月

    石油会社が毎年発表する「企業の社会的責任」リポートから「気候変動」という言葉が2007年あたりから減ってきているとのこと。温暖化問題の解決意欲喪失の現れか。 https://t.co/ptWzXztV0C pic.twitter.com/ygWBbMpRX7— Spica (@Kelangdbn) 2018年12月29日 2018年12月 National Geographic As glaciers disappear, humans lose a lot more than ice  暖めている世界が人の文化と歴史を深く変えている 2018...
     → 全文を表示する

  • → 2018年5〜8月

    2018年08月 Science 永久でない永久凍土 2018年08月 豪州ABC Fossil record points to 'major transformation' of Australian ecosystems in next 100 years  科学者は、この前の氷河時代の後に4および7度の暖めが、どんな惑星にしたかのアイデアを理解するために、化石記録を使用した。「普段それゆえビジネス」排出は、同じ物が起こるの この世紀 を見ることができた。 2018年08月 Science 気候変動条件下での過去お...
     → 全文を表示する

  • → 2018年1〜4月

    2018年04月 CNN.co.jp 北極圏の海氷に謎の穴、NASAも原因分からず 2018年04月 LiveScience NASA Doesn't Know What Poked These Holes in the Arctic's Sea Ice 2018年04月 National Geographic Mysterious Arctic Ice Holes Baffle Scientists 2018年04月 毎日新聞 温室効果ガス国内排出量、1.2%減 16年度確定値 2018年04月 Nature エネルギー:炭素の未来の明暗 Can the world kick its fossil-fuel a...
     → 全文を表示する

  • → 2017年9月〜12月

    2017年12月 ワイアード 南極の巨大氷河が急速に解けている理由は、気温上昇だけではない──その原因は「西風」にあった  南極大陸東部で最大のトッテン氷河の下部が急速に解けつつあり、すべて解けると海面が約3〜6m上昇する可能性 2017年12月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS The deep Pacific is a climate time capsule from the ‘little ice age,’ 19th century ship records show 2017年12月 毎日新聞 樹氷今世...
     → 全文を表示する

  • → 2017年5〜8月

    2017年8月 急激な気候変化の記録を千葉セクションで多数発見 温暖化が突然大寒冷へ変わる現象も 神戸大学  78-76万年前に北大西洋と北太平洋で同時に起こった百年~千年スケールの急激な気候変化  前例のない高解像度(10年)の古海洋環境記録 2017年8月 北極海の夏の海氷が激減したメカニズムを解明 黒い開水面が吸収する日射の効果  北海道大学 情報・システム研究機構 国立極地研究所  北...
     → 全文を表示する

  • → 2017年1〜4月

    2017年4月 Nature News Huge Arctic report ups estimates of sea-level rise  海面上昇 2017年4月 NatureJP  砂漠が温暖化するほど嵐が増える 2017年4月 Nature 気候温暖化で増える悪天候   Severe weather in a warming climate 2017年4月 Nature 1982年以降に3倍になった衛星観測におけるサヘル地域の極端な嵐の頻度   Frequency of extreme Sahelian storms tripled since 1982 ...
     → 全文を表示する

  • → 2016年9〜12月

    2016年12月 中央日報@韓国 韓国の海水面上昇が加速化…世界平均より高い  2016年12月 Science/AAAS メタン急増の新しい原因を特定 2016年12月 National Geographic JP 全地球の二酸化炭素の流れを3D映像化、NASA 炭素観測衛星OCO-2のデータを初めて可視化 2016年12月 Nature 水収支が全球規模の土壌pHのしきい値を生み出す   Water balance creates a threshold in soil pH at the gl...
     → 全文を表示する

  • → 2016年5〜8月

    2016年8月 AFP 植物の水分吸収量、温暖化で低下か 研究  大気中の二酸化炭素(CO2)の増加に伴い、植物が必要とする水分量が減少する  CO2が増加する環境からの恩恵を植物が受けるため、気候変動に起因する干ばつに直面するのは、世界の37%にとどまる  これまでの研究で、今後の約100年間で、CO2濃度が産業革命前の水準の4倍に増加するにつれて、世界の70%以上が干ばつの増加に見舞われることが、予測されてい...
     → 全文を表示する

  • → 2016年1〜4月

    2016-04 Nature News  Oceanography: Rising seas differ by region  海面上昇の地域差 2016-04 NatureJP リザリアが海洋生態学の主役に浮上  600 μmよりも大きいリザリア(海洋原生生物の大系統群の1つ)  最大で全海洋生物相の炭素貯蔵量の5.2%にも相当 2016-04 NatureJP 炭素フラックスに関わる海洋プランクトン 2016-04 National Geographic Japanese Monks Recorded the Climate for 700 Years  ...
     → 全文を表示する

  • → 2015年7〜12月

    2015-12 Science 地球の湖は大気よりも速く温暖化している 2015-12 AFP 積雪少ない仏アルプス、季節労働者にも影響 2015-12 Science 北大西洋における円石藻類の数十年の増加とCO2増加の潜在的な評価 2015-12 Science 炭素追跡システムが気候誓約の後押しに役立つかもしれない 2015-12 LiveScience Huh? Could Cleaner Air Be Worsening Global Warming?  大気汚染が減ると温暖化が悪化する場合 2015...
     → 全文を表示する

  • → 2015年1〜6月

    千年前の人類を襲った大温暖化 [ ブライアン・M.フェイガン ] 気候工学入門 新たな温暖化対策ジオエンジニアリング / 杉山昌広 地球温暖化スキャンダル 2009年秋クライメートゲート事件の激震 温暖化の〈発見〉とは何か [ スペンサー・R.ワート ] 2015/06 Science/AAAS 冬眠している甲殻類は海洋に多くの炭素を沈めます。 研究によって、小さいカイアシ類が自然な炭...
     → 全文を表示する

  • → 2014年7〜12月

    2014/12 Nature 全球の保護地域の拡大は、予測される土地利用や偏狭的な対策によって効果が損なわれる Global protected area expansion is compromised by projected land-use and parochialism 2014/12 Science 最終間氷期における南大西洋深層水の停滞イベント 2014/12 毎日新聞 温暖化予測:世紀末、西日本降雪ゼロ 農業、生態系に影響 2014/12 Nature 最終退氷期における亜酸化窒素の海洋排出と陸域排出の...
     → 全文を表示する

  • → 2014年4〜6月

    2014/06 NatureJP グリーンランド氷床の過去の崩壊 2014/06 Nature 地球上の二酸化炭素排出源・吸収源をかつてない精度でマッピングするNASAの軌道上炭素観測衛星OCO-2が、間もなく打ち上げへ。 NASA carbon-monitoring orbiter readies for launc 2014/06 news@nature.com 北極熱は急激に襲う寒気を少なくします。 Atmospheric science: Arctic heat lessens cold snaps 2014/06 news@nature.com 気候変動の効果...
     → 全文を表示する

  • → 2014年1〜3月

    2014/03 EurekAlert 温暖化が地球3分の1を乾かすかもしれない。  Warming climate may spread drying to a third of earth, says study 2014/03 EurekAlert  夏の季節の北極氷域は予測しにくくて  Seasonal Arctic summer ice extent still hard to forecast, study says 2014/03 EurekAlert  地球が温暖化されるとき、CO2、メタン排出より強力な地球温暖化ガスは跳激増するでしょう。 A more potent greenhouse gas...
     → 全文を表示する

  • → 2013年10〜12月

    2100年までに少なくとも4℃上昇する地球温度 2013/12 EurekAlert  Cloud mystery solved: Global temperatures to rise at least 4°C by 2100 2013/12 news@nature.com  Water risk as world warms  最初の包括的な地球への影響プロジェクトは、水危機が主要な心配であることを示しています。 2013/12 【日本語ブログ】気候変動否定論には誰が資金提供を行っているのか? 2013/12 AFP グリーンランド氷床下に広...
     → 全文を表示する

  • → 2013年7〜9月

    2013/09 産経新聞 氷河期繰り返す原因解明 10万年周期、氷で地盤が上下 2013/09 朝日新聞 温暖化、原因は「人」 IPCC、6年ぶり報告書 海の科学: 海洋学の10億ドルの宝物 2013/09 Nature Marine science: Oceanography's billion-dollar baby doi: 10.1038/501480a 海洋科学分野では増大する維持管理費が予算を圧迫するようになっており、米国立科学財団(NSF)は、大規模プロジェクトを助成する際には...
     → 全文を表示する

  • → 2013年4〜6月

    2013/06 日本学者 2015年から北半球で寒冷化が 北大西洋海流 70年周期説: The Voice of Russia 2013/06 Science 鮮新世の暖かさ、極振動および段階的な更新世の寒冷化が北極圏のロシア北東で記録された 2013/06 EurekAlert 21 percent of homes account for 50 percent of greenhouse gas emissions 2割のご家庭は、5割の地球温暖化ガス放出を占めます。   少ない数の家庭の省エネは地球温暖化ガス放出を減少さ...
     → 全文を表示する

  • → 2013年1〜3月

    2013/03 【日本語記事】Nature 気候:深海のオパールと二酸化炭素の放出  過去55万年間に出現した各氷期の末期にオパールの移出量が最大となる  氷期の北大西洋中層水が退氷により減少し、暖かく密度の低い表層水が下方へ向かって混合され、これが最終的に南極の鉛直循環と大気への二酸化炭素放出のきっかけとなった 2013/03 Science 北方林の根と着生した菌類が長期の炭素隔離を促進する 2013/03 news@nature.com...
     → 全文を表示する

  • → 2012年9〜12月

    2012/12 【日本語記事】ワイアードビジョン   気候変動による損害急増、保険業界の対応は 2012/12 日本経済新聞 「地球温暖化」でも厳冬なのはなぜ? 原因は夏の北極海に 2012/12 【日本語記事】AFP 西南極氷床が予想以上の温暖化、国際チームが報告  2013/01 EurekAlert Portions of the West Antarctic Ice Sheet are warming twice as fast as previously thought 2012/12 When the ice melts, the Earth...
     → 全文を表示する

  • → 2012年5〜8月

    2012/08 【日本語記事】Nature 気候:炭素循環の歴史と気候変動 赤道太平洋における炭酸塩補償深度を過去5300万年間にわたって詳細に再構築 すすの影響を見なおして 2012/08 EurekAlert Up in the air: Heating by black carbon aerosol re-evaluated  空中黒い炭素が科学者が予測したよりかなり少ない日光を吸収する  大気温暖化ですすの衝撃を再考するように 2012/08 Science 大気中の黒色炭素の混合状態によっ...
     → 全文を表示する

  • → 2012年1〜4月

    2012/04 BBC News Wind farms affect local weather 風力発電は、地域の気象に影響を与える 風力発電所が地面に夜間の温度を上げ、彼らの即時地域の気象に影響を与えることが、研究者が確認してください。 2012/04 ABC@オーストラリア Temperature changes linked to wind farms 風力発電所にリンクされている温度変化 WIND温暖化:科学者は、ローカル温度で風力発電所と変化の間のリンクを発見した。 2012/05 LiveScie...
     → 全文を表示する

  • → 2011年9〜12月

    気候の見通しはほとんど同じまたはさらに悪化の模様 2011/12 Science Climate Outlook Looking Much The Same, or Even Worse 2011/12 【日本語記事】National Geographic アフリカの気候変動、柔軟な水戦略が鍵 2011/12 National Geographic Africans Must Adapt to Drought in Warming World: Report 森林火災を軽減させるために行われる森林伐採は、火災以上に二酸化炭素放出を増加させてしまう 2011/12 Forest...
     → 全文を表示する

  • → 2011年5~8月

    2011/08 EurekAlert Cutting soot emissions: Fastest, most economical way to slow global warming すす排出量削減:地球温暖化を遅くする最も速くて、最も経済的な方法  空気におけるディーゼルの排気煤煙のような粒子  地球温暖化の現在、2番目に重要な因子を減少させるのが、北極の海氷融解を留めるに最効率 2011/08 EurekAlert Bedrock nitrogen may help forests buffer climate change, study finds 岩盤の窒...
     → 全文を表示する

  • → 2011年1~4月

    2011年1~4月 2011/04 EurekAlert Water currents of South Africa could stabilize climate in Europe 南アフリカの海流はヨーロッパの気候を安定させうる  アガラス海流からの塩水が地球温暖化に持つ効果 2011/04 ABC@オーストラリア Trade shift masks global rise in emissions 製造拠点の新興国家へのシフトは、豊かな国の温室効果ガス排出量を安定させるのを助けていますが、 放出における総合的な包括...
     → 全文を表示する

  • → 2010年9~12月

    2010年9~12月 2010/12 【日本語記事】AFP 欧州で近年増加する大寒波、原因は「温暖化」 独研究 2010/12 BBC News Life may have survived 'Snowball Earth' in ocean pockets 生命がスノーボールアースを生き延びたわけ 約700万年前の世界的凍結を外洋のポケットでサバイバル 過去650年間の南半球におけるバイオマス燃焼の大きなばらつき 650年間にわたり南極のアイスコアに記録されていた大気中の一酸化...
     → 全文を表示する

  • → 2010年5~8月

    2010年5~8月 2010/08 news@nature.com Comet theory carbonized 彗星理論は炭化されます。 Sediment studies rule out impact as cause of ancient cold spell. 沈殿物研究は古代の寒い期間の原因として衝撃を除外します。 2010/08 news@nature.com Climate panel must adapt to survive 気候パネルは、生き残るために適合しなければなりません。 Review recommends better governance and transparency for...
     → 全文を表示する

  • → 2010年1~4月

    2010年1~4月 2010/04 ABC@オーストラリア Sea ice loss key to Arctic warming, study 2010/04 EurekAlert Research shows part of Alaska inundated by ancient megafloods 地球史上最大の淡水洪水の1つが一部約1万7000年前に起こって、 Wasillaの都市のそばで現在占領されるアラスカの広い地域を水浸しにしたのを示します。 2010/04 EurekAlert Melting icebergs causing sea level rise 氷山の溶解が...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー