endBooks「 睡眠、体内時計、サーカディアンリズム、時間感覚 」年月別インデックス

  • → 2017年

    2017年4月 大学ジャーナル PTSD治療 睡眠中の音で効果 筑波大学 2017年4月 阪大 AI技術により音から睡眠個性を視覚化、快適な眠りのパーソナル化に期待  脳マネジメントにより潜在力を発揮するスーパー日本人の実現を目指し 昏睡の光療法 2017年4月 LiveScience How Bright Lights May Help Wake Patients from a Coma 2017年4月 北海道大学 哺乳類の体内時計を構成する2つの概日リ...
     → 全文を表示する

  • → 2016年

    2016年12月 体の一日を刻むタイマー機構を発見 遺伝子導入マウス個体高速作成法を用いた概日時計周期長制御の解明 2016年12月 財経新聞 理研と東大、体内時計を24時間周期に定める細胞機構を解明 2016年12月 読売新聞 「眠育」学校に広がる…遅刻・欠席減、学力向上 2016年12月 EurekAlert Science 脳内ニューロンが時間をたどるのを助ける 2016年12月 Science 中脳ドーパミ...
     → 全文を表示する

  • → 2015年

    2015-12 財経新聞 体内時計が周期は保ちながら時刻合わせできる仕組みを明らかに 東大・畠山、金子氏  体内時計における周期の頑健 性と位相の可塑性という二つの性質が両立されているメカニズム 2015-12 LiveScience Too Much Sleeping & Sitting as Bad as Smoking & Drinking  眠りすぎに座りすぎ、これ喫煙や飲酒と同じくらい健康に悪いのだった 2015-12 Science 長寿の秘訣、概日時計 2015-12...
     → 全文を表示する

  • → 2014年

    2014/12 【日本語ブログ】 寝る前に電子書籍を読むと睡眠の質が下がる 2014/12 BioToday [医学] 遅い就寝や短い睡眠時間はマイナス思考傾向を高めるようだ 2014/11 NatureJP  植物の概日時計系も二元性だった 2014/11 Nature シロイヌナズナの組織特異的な概日時計は非対称的にカップリングしている Tissue-specific clocks in Arabidopsis show asymmetric coupling 2014/11 朝日新聞 植物の体内時計、...
     → 全文を表示する

  • → 2013年9〜12月

    NSEとS-100Bの朝の血液集中   これらの分子は脳で通常見つけられます。   睡眠不足の後の血液におけるそれらの上昇は、睡眠不足が脳組織の損失に関与するかもしれないのを示すかもしれません。 2013/12 EurekAlert  Sleep to protect your brain 2014/01 BioToday 睡眠欠如は神経変性を亢進しうる 2014/01 AFP 睡眠不足で脳にダメージ?スウェーデン研究 2013/12 Science ナルコレプシーのカギを握る豚イン...
     → 全文を表示する

  • → 2013年5〜8月

    2013/08 EurekAlert Researchers identify new drug target for treating jet lag and shift work disorders 2013/08 EurekAlert Study reveals the face of sleep deprivation 睡眠妨害が目や、口や皮膚などの顔の特徴に影響する 2013/08 BBC News Insomnia scans show brain struggles 2013/08 LiveScience Insomnia's Surprising Effects on the Brain  新しい研究は、不眠を伴う何人かの人々が短期的なメ...
     → 全文を表示する

  • → 2013年1〜4月

    睡眠を削ると、血管機能と呼吸制御に悪影響 2013/04 EurekAlert  Cutting back on sleep harms blood vessel function and breathing control 2013/04 【日本語サイト】理研  睡眠状態を全自動で判定できる「FASTER法」を開発 -動物を用いた睡眠研究がより大規模で定量的に- 2013/04 【日本語ブログ】睡眠中の脳活動パターンからの夢の内容の解読 2013/04 【日本語記事】BioToday 睡眠の記憶強化作用は別の類...
     → 全文を表示する

  • → 2012年7〜12月

    2012/12 Morning is tomorrow, evening is today: relationships between chronotype and time perspective 朝型人間は未来志向で、夜型人間は現在志向 2012/12 日本経済新聞 不眠の原因「むずむず脚症候群」 新薬で症状改善 2012/12 【日本語記事】BioToday   不眠の心理学的介入にもっと力を入れるべき 2012/12 【日本語記事】BioToday   夏時間のために時計を早めた翌日は心臓発作が若干生じやすいようだ...
     → 全文を表示する

  • → 2012年1〜6月

    2012/06 読売新聞 寝不足の脳は不快なものに反応、抑制利きにくい  4時間睡眠で寝不足の時は、不安や緊張などに反応する脳の扁桃体の活動が8時間睡眠時に比べて活発になった。 夢遊状態で暴れる人 2012/06 EurekAlert  Smoking, head injury, pesticide use may be risk factors for rare sleep disorder 喫煙、頭部負傷、殺虫剤の使用 まれな睡眠障害のための危険因子かも  喫煙、頭部外傷、殺虫剤暴露、農耕、...
     → 全文を表示する

  • → 2011年7〜12月

    2011/12 Childhood hypersensitivity linked to OCD OCDにリンクされた幼年期の過敏症  知覚の処理と儀礼的行動との正相関  子供経験が感度のレベルを高めたとき、彼らの環境によりよく対処するために儀礼的行動を開発します  OCDへの1つの可能なパスウェイ 生理学:時計に従う代謝 2011/12 Nature Physiology: On time metabolism doi:10.1038/480466a 2011/12 EurekAlert How exposure to irregular light af...
     → 全文を表示する

  • → 2011年1~6月

    2011/06 読売新聞 サマータイムは不健康 睡眠学会が反対を提言へ  睡眠時間の短縮、睡眠の質の悪化  朝起きるのが苦手な夜型人間は4週間たっても生体リズムが同調しなかった。  帰宅後の冷房使用で消費電力が1~4%増えた例も 2011/06 【日本語記事】BioToday 暴力的コンテンツや夜間メディア使用は小児の睡眠を障害しうる 2011/06 Science Inducing Sleep by Remote Control Facilitates Memory Consolidat...
     → 全文を表示する

  • → 2010年

    2010年 2010/12 【日本語記事】BioToday 睡眠は経験における特定の要素の記憶固定を促す 2010/12 EurekAlert The high price of sleep disorders 睡眠障害は高くつく  睡眠障害には、個人と社会全体の両方のための遠大な結果があります。 2010/12 EurekAlert Study shows caffeine negatively affects children 子供のカフェイン消費量はしばしば睡眠障害と夜尿症について非難されます。  多くの両親は彼...
     → 全文を表示する

  • → 2009年

    2009年 就寝時間を早めにすれば、若者のうつや自殺企図を減らせるかも 2009/12 EurekAlert Earlier bedtimes may help protect adolescents against depression and suicidal thoughts 子どもの成長は眠りに現れる 2009/12 EurekAlert Sleeping off childhood?  睡眠タイプの変化が思春期の開始を予測する  おしなべて宵っ張りになり、有効睡眠時間も減り気味になる  男子は女子より夜中に目が覚めがち 2...
     → 全文を表示する

  • → 2008年

    2008年 2008/12 EurekAlert Another reason to avoid high-fat diet -- it can disrupt our biological clock 高脂肪飲食物を避けるべき、もう一つの理由-それは、我々の体内時計を混乱させることができる 妙な夢遊病や睡眠中の動作が起き始めると・・・ 2008/12 BBC News Sleep gives brain disease warning 異常な睡眠は、脳の病気の前兆かも 2008/12 EurekAlert Sleep disorders: A warning sign for neur...
     → 全文を表示する

  • → 2007年

    睡眠とは 寝るコツ 眠るコツ 2007/12 EurekAlert  Napping a more effective countermeasure to sleepiness in younger people 居眠りは若人の眠気に有効 2007/12 PhysOrg Napping a more effective countermeasure to sleepiness in younger people 居眠りは若い人々になら眠気対策に有効  コーヒーは若人にも中高年にも効くけれど、居眠りは若い人々において効果が上 ・・・のメガ...
     → 全文を表示する

  • → 2006年

    睡眠とは あなたが知らない睡眠の科学20  ・手術で治せるいびき  ・注射で治すいびき  ・羊は数えるな  ・マットレスの寿命  ・寝具の害虫トコジラミはエサなしで一年生き延びる  ・睡眠薬使用者激増中  ・眠いドライバーがケータイするといや増しに危険 ほか 2006/07 Discovery 20 Things You Didn't Know About... Sleep 寝るコツ 眠るコツ お子さんを寝かせたければマ...
     → 全文を表示する

  • → 2005年

    睡眠とは インサイト特集:なぜ眠るのか? 2005/10 【日本語記事】 Nature@日本 2005/08 EurekAlert Researchers describe new cost-effective method to assess sleep 健康へのデザイン 不眠大国の処方せん  親の夜更かし子に影響(2005.4.30)  園児に早寝 半年で効果(2005.4.29)  「金縛り」原因は睡眠不調(2005.4.28)  光浴びて体内リズム調整(2005.4.27)  日本人の半...
     → 全文を表示する

  • → 2004年

    睡眠とは 睡眠の深さラクラク測定…携帯型機器開発 2004/10 ▲日本語記事 読売 医療と介護 悪臭で眠っている人を起こすのは無理 就寝中は嗅覚器も寝てしまいます  においは人の睡眠を邪魔できない 2004/05 ▲韓国語和訳 中央日報(Naver経由) 眠り、深ーく研究 滋賀医大に日本初「睡眠学講座」 2004/04 ▲日本語記事 asahi.com : サイエンス 寝だめはやめておきましょう  寝過ぎ...
     → 全文を表示する

  • → 2003年

    睡眠とは 眠りがあるのはなぜ? これはかなりな難問 2003/11 New York Times (15) Why Do We Sleep? 2003/07 ScienCentral Sleep and Brain Chemistry 寝るコツ 不眠対策には朝の運動が効果的 米研究 2003/11 cnn.co.jp 熟睡のヒミツは光にあり!(睡眠・快眠) 2003/09 All about Japan 正しい眠りの基礎講座Vol.3 体内時計と睡眠 2003/08 All About Ja...
     → 全文を表示する

  • → 2002年

    寝るコツ、寝不足 安眠を求めて  1・ストレスで不眠、退職  2・水泳始めて「睡眠薬離れ」  3・「睡眠制限療法」で改善  4・足の不快感 夜ひどく  5・必要なのは正しい知識 2002/09 読売 か・ら・だ / け・あ 医療ルネサンス 2002/09 Science News, Vol. 162, No. 10, p. 152.  Missed ZZZ's, More Disease?  Skimping on sleep may be bad for your health '8時間睡眠' 誤った...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー