endBooks「 うつ病、躁鬱病、自殺 」年月別インデックス

  • → 2021年

    2021年9月 EurekAlert  Suicide rates fell in Canada during pandemic despite rise in unemployment パンデミック中のカナダでは、失業率の上昇にもかかわらず、自殺率が低下した SAGE 2021年9月 EurekAlert  Insulin resistance doubles risk of major depressive disorder, Stanford study finds インスリン抵抗性は大うつ病性障害のリスクを2倍にすることがスタンフォード大学の研究で明らかになった スタンフォ...
     → 全文を表示する

  • → 2020年

    2020年12月 BioToday うつ症状と冠疾患や脳卒中を生じ易いことが関連〜うつ病水準未満でも関連 2020年12月  Comparison of Suicide Risk by Mental Illness: a Retrospective Review of 14-Year Electronic Medical Records  精神病性障害で最も高い自殺リスク 精神疾患別の検討で明らかに  精神疾患患者における自殺リスクが高いことは知られているが、中でもうつ病、双極性障害、精神病性障害は特に高リスクである...
     → 全文を表示する

  • → 2019年

    2019年12月 スラド 大気汚染がうつに関係しているという研究結果 2019年12月 BioToday お金の管理が苦手な多発性硬化症患者は遂行機能が弱く、うつ症状がより酷い 2019年12月 BioToday 脳の視床下部AgRP神経細胞のDNAメチル化が減ったマウスは自発的な運動を怠る 2019年12月 EurekAlert Brain differences detected in children with depressed parents  米国で行われた子供の最大の脳画像研究は、両親がうつ病に...
     → 全文を表示する

  • → 2018年

    2018年12月 BioToday 統合失調症/双極性障害と関連する遺伝子発現を調節する転写因子やlncRNAを同定 2018年12月 朝日新聞 若者の自殺防止のSNS相談、半年で9548件 厚労省 2018年12月 月経困難症の既往が周産期のメンタルヘルス管理に重要   妊娠前に月経困難症であった女性は妊娠中も心理的ストレスが大きい 東北大学 2018年11月 BioToday 癌と診断された患者に自殺はより多い〜心理的支援の改善が必要 ...
     → 全文を表示する

  • → 2017年7月〜12月

    2017年12月 BioToday 負けっ放しでうつ病になったラットの認知機能障害と海馬細胞外基質増加が関連 2017年12月 BBC News UK suicide rate shows largest drop for 20 years  UK自殺レートは20年の間最も大きい落下を示す   男と女両方の低下  男はまだ全体の3/4 2017年12月 Nature 多発性硬化症のマウスモデルの治療に有効な抗うつ剤 2017年12月 魚を食べると「抑うつ状態」になりにくい エコチル調査にて検...
     → 全文を表示する

  • → 2017年1〜6月

    2017年6月 BioToday 大うつ病の経頭蓋電気刺激治療は抗うつ薬シタロプラムに劣り、有害事象が多い 2017年6月 スラド 自殺を予測する人口知能システム 人工知能のタイポ  年齢、性別、郵便番号、使用している薬、事前診断内容といった病院が入手できるデータに基づいている 2017年6月 BioToday GABA調節薬で重度産後うつ病女性のHAM-Dスコアが有意に改善/小規模Ph2試験 小・中学生の自殺、原...
     → 全文を表示する

  • → 2016年

     『ミニ特集:心の病について入門する本 患者側』  『ミニ特集:うつを生きる』 『うつ病の人の気持ちがわかる本』 2016年12月 ワイアード パイロットの12%がうつ病に苦しんでいる:研究結果 2016年12月 東大 ガーデニングと健康促進の関係を示す科学的根拠を実証 メタ解析を用いた初の試み 2016年12月 PubMed Association of Hormonal Contraception With Depres...
     → 全文を表示する

  • → 2015年7〜12月

    2015-12 LiveScience Brain Circuit Linked to Depression Found in Rats  ねずみのうつ 脳回路 2015-12 本川・社会実情データ図録 うつ病やその他のこころの病気の職業別通院者数   職業別のこころの病はホワイトカラーで多い(数では専門職・技術職が最も多く、率では事務職が最も高い)。   もっとも仕事なしの家事従事者の方がホワイトカラーより数でも率でも患者は多い。 2015-12 朝日新聞 減らぬ福島...
     → 全文を表示する

  • → 2015年1〜6月

    2015/06 朝日新聞 若者自殺、減り方鈍く 18歳以下は夏休み明けなど突出 2015/06 news@nature.com Activating happy memories cheers moody mice  Findings could help researchers to target the neural mechanisms behind depression. 2015/06 理研 光遺伝学によってマウスのうつ状態を改善  楽しかった記憶を光で活性化 2015/06 時事通信 脳細胞を光で刺激、うつ改善=「楽しい記憶」再現、マウスで 理研 ...
     → 全文を表示する

  • → 2014年7〜12月

    2014/12 MT Pro 自殺再発予防プログラムの有効性を証明/ACTION-J 2014/12 Nature うつ病を切り刻む分子ナイフ A molecular knife to dice depression 2014/12 NatureJP うつ病におけるβカテニンの役割 2014/11 AFP 管理職の女性、うつ症状が増加 男性では減少 米研究 2014/11 Nature 特集:大いなるうつ病:うつが病気であるとの認識は広がっているが、治療法の進歩には、日常的な偏見をなくす必要があ...
     → 全文を表示する

  • → 2014年1〜6月

    2014/06 読売新聞 睡眠薬常用、目にダメージ…神経過敏でけいれん  睡眠薬や抗不安薬を長期服用すると、脳の中央にある視床が過度に興奮し、まぶたのけいれんや目のまぶしさ、痛みなどを伴う眼瞼がんけんけいれん 2014/06 BioToday アスペルガー症候群の成人は自殺念慮リスクが10倍高い 2014/06 MT Pro 妊娠初期の抗うつ薬使用,先天性心疾患リスク上昇認められず/米・妊婦95万例のコホート研究 2014/06 ...
     → 全文を表示する

  • → 2013年9〜12月

    特発の(未知の原因の)胃不全麻痺の患者の中では、偽薬と比べた抗うつ剤ノルトリプチリンの15週間の使用は総合的な兆候で改良をもたらしませんでした 2013/12 EurekAlert  Use of antidepressant does not improve symptoms from stomach disorder 2013/12 BioToday ノルトリプチリンで特発性胃麻痺症状は改善せず/無作為化試験 双極性障害のための抗うつ剤 2013/12 EurekAlert  Antidepressants for bipolar disorder...
     → 全文を表示する

  • → 2013年5〜8月

    2013/08 BioToday 適度なワイン摂取はうつ病発現リスクを下げうる 2013/08 LiveScience Does Wine Drinking Protect Against Depression? 2013/08 EurekAlert Winter depression not as common as many think, OSU research shows 多くが思うほど一般的でない冬期うつ病 2013/08 EurekAlert Divorce elevates risk for depression, but only for some people 離婚は、うつの再発を促す。 フルタイムで孫の育...
     → 全文を表示する

  • → 2013年1〜4月

    効く遺伝子の人、効かない遺伝子の人 2013/04 Impact of 5-HTTLPR and BDNF polymorphisms on response to sertraline versus transcranial direct current stimulation: Implications for the serotonergic system 経頭蓋直流電気刺激によるうつ治療、5-HTTLPRの長い人が有利。 家族との関係はうつ病の発症率を左右する 2013/04 EurekAlert  Risk of depression influenced by quality of relationships, U-M research...
     → 全文を表示する

  • → 2012年7〜12月

    2012/12 【日本語記事】BioToday   妊娠中にSSRI使用しても胎児や新生児の死亡リスクは上昇しない 2013/01 EurekAlert Use of anti-depressants during pregnancy not linked with increased risk of stillbirth, infant death 妊娠中の抗うつ剤使用: 死産、乳児死亡のリスク増にリンクされなかった 2012/12 The moderating effect of humor style on the relationship between interpersonal predictors of suicide...
     → 全文を表示する

  • → 2012年1〜6月

    2012/06 【日本語記事】MT Pro   うつ病患者に運動を勧めるべきか? 英国ではメディアを巻き込んでの論争/TREAD研究から 2012/06 【日本語記事】BioToday  喘息若者ロイコトリエン調節剤使用と自殺企図リスク上昇は関連せず 2012/06 Major depressive disorder is characterized by greater reward network activation to monetary than pleasant image rewards 大鬱病性障害は報酬ネットワーク起動が、快いビジュ...
     → 全文を表示する

  • → 2011年7~12月

    2011/12 EurekAlert  More than other drugs, injected meth is associated with an increased risk of attempted suicide メタンフェタミン注射は他剤より自殺未遂リスクを高める  メタンフェタミンを注入する麻薬愛用者が、他の物質を注入する麻薬愛用者より80パーセント高い自殺リスクを持っていた 2011/12 EurekAlert Diagnosis, treatment of depression among elderly depend on racial, cultural factors 高齢...
     → 全文を表示する

  • → 2011年1~6月

    1~6月 2011/06 Payday can be a killer, new study shows 自殺率は給料日のあとアップする 2011/06 【日本語記事】BioToday 優位な双極性障害薬物療法はなかった/レトロスペクティブ試験  双極性障害の1年間の治療転帰は薬物治療の内容に関わらず殆ど同じ 中年のヨーロッパ人のうち、2010年に抗鬱剤を飲んだことがある人は一割にものぼる 2011/06 Research reveals that 10 percent of middle-aged Europeans ar...
     → 全文を表示する

  • → 2010年7~12月

    2010/12 【日本語記事】BioToday ストレスへの反応が鈍い人はうつや肥満リスクが高い 2010/12 【日本語記事】BioToday  末梢の炎症刺激は脳セロトニン輸送体を介して気分変調を誘発しうる  リポ多糖等による末梢のサイトカイン誘発性炎症性刺激はうつなどの気分変調をもたらしうる  IL-1Rやp38 MAPK経路を介した脳セロトニン(5-HT)トランスポーター(SERT)活性化亢進によって 2010/12 【日本語記事】BioToday ...
     → 全文を表示する

  • → 2010年1~6月

    2010/06 【日本語記事】薬事日報社  【厚労省研究班/自殺者を調査】半数以上が向精神薬を過量摂取‐青少年の8割が精神疾患に罹患 2010/06 EurekAlert Brief psychological therapy is effective in primary care 簡潔な心理療法は初期医療で効果的です。  一般外科における短期療法は不安症やうつ病を治療できます。  不安障害を治療に、認知行動療法(CBT)が効果的  CBT、問題解決療法、およびカウンセリングはう...
     → 全文を表示する

  • → 2009年7~12月

    2009/12 朝日新聞 増える鉄道自殺 運休・遅れ原因の45%に 2009/12 EurekAlert Depression saps endurance of the brain's reward circuitry うつ状態は脳の報酬回路の耐久性を徐々に破壊します。  うつ病患者は、積極的な感情に関連する脳活動を支えることができない 2009/12 Antidepressants cut risk of hospital readmission for suicidal youth 抗うつ剤は自滅的な若者の再入院率を8割以上減らす 2009/1...
     → 全文を表示する

  • → 2009年1~6月

    2009/06 EurekAlert Antidepressant directly stimulates brain growth factor receptors 抗うつ薬は、直接脳発育因子受容体を刺激する 2009/06 EurekAlert Irritability should be considered when diagnosing bipolar disorder in children 児童で躁鬱病を診断するとき、短気は考慮されるべきである ― 自殺者1万4236人=5月末、前年比5%増-警察庁  2009/06 時事通信  2009/06 PhysOrg Study Pinpo...
     → 全文を表示する

  • → 2008年7~12月

    2008/12 EurekAlert Iowa State study finds early family depression has lasting effects on teens, young adults ティーンエージャー(若い大人)は、初期の家族うつ病の影響をながくひきずる 2008/12 EurekAlert Study reveals antidepressants most common medication for Australian women オーストラリアの女性たちが、一番たくさん処方されている薬物は、抗うつ薬 2008/12 PhysOrg Death on TV reveals a Sw...
     → 全文を表示する

  • → 2008年1~6月

    2008/07 【日本語記事】朝日新聞 自殺対策きめ細かく 民間チームが警察署単位で統計分析 http://www.asahi.com/national/update/0703/TKY200807030494.html  「命は人口の割合で扱うべきでない」との考えから、自殺率ではなく自殺者数を採用  全国の警察署管内で最も自殺者が多かったのは、  青木ケ原樹海を抱える山梨県警富士吉田署389人  福岡県警早良署330人  青森県警青森署291人  福岡県警筑紫野署...
     → 全文を表示する

  • → 2007年7~12月

    2007/12 MSNBC  Suicide on the rise for middle-aged Americans 中年のアメリカ人で自殺増加  この25年間で最も自殺率がアップした層は年齢45-54 2007/12 MSNBC  Tantrum-prone kids at risk for depression 疳の虫の強い子にうつ病リスク {長い、頻繁なあるいは攻撃的な機嫌不機嫌を持つ} 子供は、うつ病あるいは統合失調症のリスク高めかも 2007/12 EurekAlert Kaiser Permanente -- Group Health study sho...
     → 全文を表示する

  • → 2007年1月~6月

    特集、概説 2007/01 BBC News Women drinkers 'depression link' 2007/01 EurekAlert Binge drinking, gender and clinical depression 耽溺飲酒、ジェンダーと臨床うつ病 うつ病 躁鬱病とは 子供のうつ・躁鬱 2007/05 EurekAlert High-quality child care for poor children found to offset the risk of later depression 高品質の育児ケア、 貧乏な子供たちにおいて後のうつ病リスクを減らす 2...
     → 全文を表示する

  • → 2006年7月~12月

    特集、概説 きっちり会社のほうからうつ病対策をなさるほうが、結果的にオトクですよ 2006/12 EurekAlert Enhanced depression care may be cost-effective for employers  うつ病予防の強化は、雇主にとって経済的 うつ病の治療コストをしのぎます 2006/12 EurekAlert Benefits to employers outweigh enhanced depression-care costs 2006/09 【日本語記事】 asahi.com 米医学賞ラスカー賞、うつ病認知療法...
     → 全文を表示する

  • → 2006年1~6月

    特集、概説 科学なポッドキャスト:社会とジェンダーと抗鬱薬 MP3ファイル 30分 Mother's Little Helper on the Couch All in the Mind 2006-06-03 ABC@オーストラリア  「母」とマイルド抗うつ剤という社会的構築  ジェンダーステレオタイプと「うつ」の関係の変遷史  この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。 All in the Mind  「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持っ...
     → 全文を表示する

  • → 2005年7月~12月

    特集、概説 うつ病 躁鬱病とは うつ気味の人は感情察知能力が高めですよ  本格的なうつの人は感情察知がダメになるのに 2005/11 EurekAlert Mildly depressed people more perceptive than others 子供のうつ・躁鬱 2005/12 EurekAlert Bipolar disorder more common than expected in hospitalized adolescents 子どもが心を病む率、親の姿勢に左右される 2005/11 EurekAlert Parental discipline,...
     → 全文を表示する

  • → 2005年1月~6月

    特集、概説 心の病のお国柄  アメリカ人、半数以上は死ぬまでに狂います  中国や日本がうつ病率低いのはなぜ  西洋とは逆に日本では男のほうがうつ病率高いのはなぜ 2005/06 New York Times Who's Mentally Ill? Deciding Is Often All in the Mind  THE release last week of a government-sponsored survey, the most comprehensive to date, suggests that more than half of Americans will develop a mental d...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。
  • ご連絡用フォーム

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー