endBooks「 微生物、腸内細菌叢、疫学 」年月別インデックス

  • → 2019年7〜12月

    2019年11月 BioToday マラリアが原虫が蚊の体内での成熟過程でmRNAを作り置きしていることが判明 前に「インフルエンザのウイルスは感染者をハイにして外出したくさせる」な話を流したような気がするけれど探し出せず…「インフルエンザ 外出したく」でTL検索すると「体調最悪だけど外出したくなったし行ける気がする」とか言ってる人が出てくる…https://t.co/pGcakJrYCv— 科学に佇むサンクコスト (@endBooks) 2019年11月2日 2...
     → 全文を表示する

  • → 2019年1〜6月

    2019年6月 毎日新聞 一流マラソン選手、持久力高める腸内細菌保有か 2019年6月 BioToday 腸のαシヌクレイン線維が迷走神経を介して脳に至ってドパミン神経を減らしうる 2019年6月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Viruses—not bacteria—cause most childhood pneumonia  2019年6月 Nature 微生物学:腸内細菌やそれらの遺伝子によるヒトマイクロバイオームの薬剤代謝マッピング Mapping human microbiome drug meta...
     → 全文を表示する

  • → 2018年7〜12月

    2018年12月 大学ジャーナル 細菌の前進・後退を制御する分子機構を解明 名古屋大学など  べん毛モーター FliGの構造動態が回転方向決定に支配的な役割を果たす 2018年12月 EurekAlert-Science  微生物叢の構成の違いにより一般的な腸疾患が識別される  炎症性腸疾患(IBD)患者と過敏性腸症候群(IBS)患者の間では、腸内細菌叢の構成および機能に違い  IBD患者では9種の細菌の、IBS患者では1種の細菌の増殖率に...
     → 全文を表示する

  • → 2018年1〜6月

    2018年06月 Nature 微生物に見つかった新しいロドプシン  既知の他の微生物由来ロドプシンとはトポロジーが異なる新しいロドプシンサブタイプ  土壌、淡水、海洋の環境から採集された細菌、アーキア、藻類、藻類ウイルスに広く存在 2018年06月 口の中の歯周病菌が大腸癌の発癌に関与 新たな治療法や予防法に繋がる可能性 『GUT』に掲載 横浜市立大学  大腸癌患者の患部組織と唾液からFusobacterium nucleatum (F. n...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー