endBooks「 古人類学 人間の祖先、ヒトの進化 」年月別インデックス

  • → 2017年1〜6月

    2017年4月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Mutations may reveal how Tibetans can live on world’s highest plateau 2017年3月 AFP 人間の脳の大型化、果物が後押しか 研究  果物を食べる霊長類は、葉を主食とする霊長類よりも約25%大きな脳を持っている  大型の脳は、複雑な社会集団の中で生存、繁殖する必要に迫られて発達したとする説が、1990年代半ばから主流となっているが、今回の結果はこの説...
     → 全文を表示する

  • → 2016年7〜12月

    2016年12月 【日本語ブログ】ネアンデルタール人による持続的な土地の利用 2016年12月 【日本語ブログ】ヨーロッパの初期人類の食性と火の不使用 2016年12月 Nature News Archaeology: Early humans cooked vegetables 2016年12月 BBC News Fossil footprints tell story of human origins 2016年12月 National Geographic Newfound Footprints Stir Debate Over Our Ancestors’...
     → 全文を表示する

  • → 2016年1〜6月

    2016年6月 37,000 year old skull from Malaysia related to indigenous people of Borneo 2016年6月 【日本語ブログ】古代DNAの解析でより詳細になる人類の進化史 2016年6月 【日本語ブログ】ネアンデルタール人像の見直し 2016年6月 【日本語ブログ】ヨーロッパ勢力侵出前のオーストラリアの人類のミトコンドリアDNA 2016年6月 NatureJP 後期旧石器時代のユーラシア人 2016年6月 Nature 氷期のヨー...
     → 全文を表示する

  • → 2015年7〜12月

    2015-12 BBC News DNA sheds light on Irish origins  アイルランド古代人ゲノム- ケルト人口の起原を明白化する。 2015-12 Bronze Age people from Ireland had steppe ancestry and R1b  アイルランド青銅器時代の人々はステップ系の先祖とR1bを持っていた 2015-12 Nature 古代DNAから推定される選択圧 2015-12 Nature 【惑星科学】エアロゾルによって上昇する木星の大気温度 2015-12 Nature 230...
     → 全文を表示する

  • → 2015年1〜6月

    2015/06 Science/AAAS 人のゲノムへの文化的な刷り込み 2015/06 National Geographic JP 4代前にネアンデルタール人の親、初期人類で判明 2015/06 AFP 初期現生人類、欧州でもネアンデルタール人と交配か 研究  ルーマニア南西部のワセ(Pestera cu Oase)洞穴系で2002年に発見された4万年前の下顎骨からDNAを抽出  欧州で見つかった中で最古の現生人類のもの 2015/06 豪州ABC Ancient European had close ...
     → 全文を表示する

  • → 2014年9〜12月

    2014/12 BioToday 移住の歴史が今日のアメリカ人のDNAに刻まれている 2014/12 【日本語ブログ】コイサン語族の人口史 2014/11 Science 少なくとも36,200年前に遡る、現代ヨーロッパ人の最古の祖先のゲノム構造 2014/11 Science 皮膚の色、解明 2014/11 news@nature.com  Lucy discoverer on the ancestor people relate to 2014/11 National Geographic Humans' Amazing Evolution From Hunter-Gatherer...
     → 全文を表示する

  • → 2014年1〜4月

    2014/05 National Geographic JP ネアンデルタール人も煮炊きしていた? 2014/05 National Geographic Gap Between Neanderthals and Us Narrows, But Does Not Close 2014/04 【日本語ブログ】ネアンデルタール人は煮炊きをしていた? 2014/04 【日本語ブログ】イベリア半島地中海沿岸のネアンデルタール人の食性 2014/04 National Geographic JP ネアンデルタール人は小集団で生活か 2014/04 news@nature....
     → 全文を表示する

  • → 2014年5〜8月

    2014/08 スラッシュドット ジャパン 人間の成長が猿よりも遅い理由  ヒトの幼年期が他の霊長類より長いのは脳が多くのエネルギーを要求し身体発育が遅くなるため。5歳がピークで脳は全身の66%のエネルギーを消費する 2014/08 Metabolic costs and evolutionary implications of human brain development 2014/08 Science 遺伝子データ、古代人の北米北極圏定住を解明する手掛かり Genetic Data Sheds Light on Early ...
     → 全文を表示する

  • → 2013年9〜12月

    2013/12 news@nature.com  Ancient European genomes reveal jumbled ancestry  ヨーロッパの古代ゲノムはごっちゃにされた祖先を明らかにします 2013/12 Reconstructing Native American migrations  初期アメリカ人類の移動 二型糖尿病(特にメキシコの、そして、他のラテンアメリカの人口の高いリスク)リスク増に寄付する新しい遺伝子の手がかり 2013/12 EurekAlert  New genetic risk factor for type 2 diab...
     → 全文を表示する

  • → 2013年5〜8月

    2013/08 Nuclear sequences of mitochondrial origin and gene flow in Pleistocene Africa  ミトコンドリアの起源の核解析と更新世のアフリカの遺伝子流動 2013/08 EurekAlert Digesting milk in Ethiopia: A case of multiple genetic adaptations エチオピアの読みこなしているミルク:   複数の遺伝的適応に関するケース   すべてが複数の遺伝子突然変異の品揃えのために同様の結果に通じることができる遺伝子...
     → 全文を表示する

  • → 2013年1〜4月

    現代アイヌの血筋、男系のY遺伝子ハプログループDは縄文系だけど、女系mtDNAはオホーツク系。複雑な日本ヒトとその言語ルーツ 2013/04 Okhotsk and Ainu: linguistic connection?  Evolution of the Ainu Language in Space and Time  長谷川寿一&リー・ショーン 人間は柔軟かつアンバランスな脳を進化させました。 2013/04 LiveScience Humans Evolved Flexible, Lopsided Brains  人間の脳は同じくすべて形成...
     → 全文を表示する

  • → 2012年7〜12月

    2012/12 LiveScience What We Learned About Humanity in 2012 我々は2012年に人類について学んだ  ホビットの顔が発表され、人間が様々な他の原人とセックスをしたが判明した。 2012/12 EurekAlert Fluctuating environment may have driven human evolution 変動環境は人類の進化を運転したかもしれません。  およそ200万年前の東アフリカの一連の急速な環境の変化が人類の進化駆動に原因となるかもしれません。 2...
     → 全文を表示する

  • → 2012年1〜6月

    神経科学:遺伝子とヒトの脳の進化 2012/06 Nature Neuroscience: Genes and human brain evolution doi:10.1038/nature11380 2012/06 EurekAlert  Insights into primate diversity: Lessons from the rhesus macaque 霊長類の多様性への洞察: アカゲザルからの教訓  アカゲザルには3倍の遺伝的変異が人間よりあるのを示しています。  しかしながら、遺伝子の中にこの余分な変化がある多くにもかかわらず、それは...
     → 全文を表示する

  • → 2011年7〜12月

    2011/12 Am J Phys Anthropol DOI: 10.1002/ajpa.21591 Ecogeographical associations between climate and human body composition: Analyses based on anthropometry and skinfolds 気候と身体組成  気候と人体構成との生態地理学的相関 2011/12 BBC News Viewpoint: Has 'one species' idea been put to bed? フロレス人、デニソワ人、ネアンデルタール人、および私たち自身の先祖。  「多くの地理的変異にもかか...
     → 全文を表示する

  • → 2011年1~6月

    2011/06 Did Denisovans have genetic adaptations to high altitude? デニソワ人は高緯度に適応していたっけか? 2011/06 Ancient links between Siberians and Native Americans Ancient links between Siberians and Native Americans revealed by subtyping the Y chromosome haplogroup Q1a. シベリア人とインディアンの間の古代のリンク 染色体haplogroup Q1aを副タイプすることによって明らかにされたシベリア人と...
     → 全文を表示する

  • → 2010年7~12月

    12月 2010/12 How old is Y-chromosome Adam? Y染色体アダムは何歳? 2010/12 【日本語記事】AFP イスラエルの洞窟で40万年前の歯、最古の人類のものか 2010/12 BBC News Evidence of early man found in Israel 初期の人類の証拠、イスラエルで発見 2010/12 news@nature.com Human remains spark spat 古代の歯が人類の進化を書き直すかもしれない 2010/12 【日本語記事】AFP ネアンデルタール人は野菜...
     → 全文を表示する

  • → 2010年1~6月

    6月 初期北米人のミトコンドリア・ゲノム分析 2010/06 EurekAlert Mitochondrial genome analysis revises view of the initial peopling of North America 2010/06 EurekAlert Separation between Neanderthal and Homo sapiens might have occurred 500,000 years earlier ネアンデルタールとホモサピエンスの分岐は50万年前に起こったのかも  過去400万年間存在しているヒト科のほとんどすべての種の歯を分析 ...
     → 全文を表示する

  • → 2009年7~12月

    12月 2010/01 EurekAlert 30,000-year-old teeth shed new light on human evolution  3万年ものの歯は人類の進化を新しい観点から解明しました。 霊長類の親知らずの進化 2009/12 EurekAlert First molars provide insight into evolution of great apes, humans 人間の第1大臼歯は大型類人猿の発展に関する洞察を備えます。  生えかけの親知らずがあるオランウータンとゴリラの頭骨 2009/12 EurekAlert Usi...
     → 全文を表示する

  • → 2009年1~6月

    6月 2009/06 National Geographic Nut-Size Ancient Skull Explains Our Brains' Bigness? 木の実サイズの古代の頭蓋骨は、我々の脳の寸法を説明する?  ざっと5400万年前のクルミの大きさ頭蓋骨を調べることによって、科学者は初期の霊長類脳の最初のバーチャル三次元モデルを生み出した 2009/06 National Geographic Egypt Mummy Has Sex Changed 2500年前のエジプトの女性ミイラ(Lady Hor)をCTスキャンしたとこ...
     → 全文を表示する

  • → 2008年7~12月

    12月 2008/12 【日本語ブログ】雑記帳 イベリア南東部でのサピエンスとネアンデルタールの接触  イベリア南東部のパラモスで発見されたネアンデルタール人骨に、北のネアンデルタール人には稀な特徴 野郎ども、ずらかるぜ 2008/12 Discovery Males Dominated 'Out-of-Africa' Migration オスは、『Out-of-Africa』移住を支配した 2008/12 EurekAlert Ancient African exodus mostly involved men, geneticists ...
     → 全文を表示する

  • → 2008年1~6月

    6月 2008/06 EurekAlert Britain's last Neanderthals were more sophisticated than we thought 英国の最後のネアンデルタールは驚くほど精巧だった 2008/06 BBC News 'Neanderthal tools' found at dig 『ネアンデルタール道具』発見 2008/06 Discovery Last Neanderthals Were Smart, Sophisticated 最後のネアンデルタールは、賢く巧みであった 2008/06 National Geographic Human Ancestors Shuffled Bef...
     → 全文を表示する

  • → 2007年7~12月

    12月 リチャード・ランガム、料理とヒト進化を語る 2007/12 Scientific American Cooking Up Bigger Brains 我々のホミニッド先祖は、生食だけでは大きな脳をサポートしきれなかったはずだ 我々の進化への秘密は、料理である 2007/12 National Geographic Ancient Pandas Competed With Giant Apes for Bamboo 古代のパンダは、身の丈10フィートの巨大類人猿と竹の食餌で競合した  おそらく古代中国における早...
     → 全文を表示する

  • → 2007年1月~6月

    ヒト進化の考察 2007/06 Scientific American What is the latest theory of why humans lost their body hair? 人間が体毛を失った理由の最新の理論は、どうなっていますか? なぜ、我々は唯一無毛の霊長類であるか シラミのDNA オキシトシンの進化 トゥーマイ、フロレス原人 次々と現れる新しい発見は、人類の系図にばっさりハサミを入れ過激に作り変えていく まるで盆栽みたいだよ 2007/03 MSNBC Beyond Sto...
     → 全文を表示する

  • → 2006年7月~12月

    ヒト進化の考察 2006/12 【日本語ブログ】 今年の古人類学界(1)新C14法・象徴的思考・最古の子供人骨・ロブストスの食性 雑記帳 「血の匂いがする」  金属臭をかぎ分ける能力が人に備わっているのは… 2006/10 New Scientist Ancient human hunters smelt blood on the breeze 古代人類の狩猟民は、そよ風に血のにおいを感じとる 2006/10 news@nature.com A 'metallic' smell is just body odour ...
     → 全文を表示する

  • → 2006年1月~6月

    ヒト進化の考察 2006/06 Science ヒトの系統における正の自然淘汰 Positive Natural Selection in the Human Lineage 2006/06 PLoS Genetics Possible ancestral structure in human populations 気候とヒト進化 2006/02 ScienceWeek HUMAN EVOLUTION: CLIMATE CHANGE AND HUMAN EVOLUTION 耳あかのタイプ、1塩基の違いで決定 長崎大教授ら発表_ 2006/01 【日本語記事】 asahi.com 耳あかの型は1塩...
     → 全文を表示する

  • → 2005年

    ヒト進化の考察 お笑いの進化 2005/12 Discovery Study: Laughter Can be Genuine, Strategic A new analysis of how humans laugh looks at its evolution over seven million years. 新石器文化と河の道 2005/12 Dienekes' Anthropology Blog: Waterways and the Neolithic 2005/12 Journal of Archaeological Science  doi:10.1016/j.jas.2005.09.017 The role of waterways in the spread of the Neol...
     → 全文を表示する

  • → 2004年

    ヘアスタイル 髪は長〜いトモダチ 毛皮とはチガウモノ なぜ2〜6年も伸び続けるのか 2004/12 ScienceDaily After Combing The Scientific Literature, Researchers Conclude Head Hair And Fur Aren't The Same 2004/12 Washington University School Of Medicine In St. Louis Don't call it fur! 頭ジラミの2系統  ホモ・サピエンスは頭ジラミをホモ・エレクトゥスからうつされた 2004/10 news@nat...
     → 全文を表示する

  • → 2003年

    ヘアスタイル 人類が裸のサルなのはなぜ? その上、男がハゲちゃうのはなぜ? 2003/12 Economist.com Human hair  The bare truth 「ハゲは健康美」  ヒトの無毛は性淘汰のせいか? 水棲? それとも寄生虫よけ? 2003/11 The Scientist The Hirsute, the Hairless, and the Human  Human intelligence has changed the world. Has it also affected how our bodies look? ヒトの「体毛退化」は寄生...
     → 全文を表示する

  • → 2002年7〜12月

    ヒトはどこに生まれ、どう移住して地球上に広がっていったか 遺伝子検査も盛ん 人類移住第二波は第一波を完全には駆逐していない  遺伝子調査から、いくぶん混血したらしい 2002/12 BBC News Fresh debate over human origins ヒトゲノム上に最近生じた正の選択をハプロタイプ構造から明らかにする 2002/10 Nature 419, 832 - 837  Detecting recent positive selection in the human genome from hap...
     → 全文を表示する

  • → 2002年1〜6月

    ヒトはどこに生まれ、どう移住して地球上に広がっていったか 遺伝子検査も盛ん  中には民族紛争がらみで物議をかもす研究結果も 真のブリテイン人はウェールズ人 アングロサクソンとの遺伝子差 2002/06 BBC News English and Welsh are races apart 2002/07 Ananova Gene gap shows Welsh are the 'real Britons' イギリスには70万年前からヒトが棲んでいた? 2002/06 Ananova  New research ...
     → 全文を表示する








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー