科学と社会:
2020年1〜4月

ほか「科学と社会」の年月別目次


2020年02月 Science  Prominent spider biologist spun a web of questionable data
ジョナサン・プルイットは、著名な人物へと急速に成長し、社会的なクモの対照的な性格(柔和と攻撃的)についての人目を引く調査結果で、行動生態学の小さな分野に注目を集めました。 しかし、わずか2週間で、このフィールドは若いスターをつけました。 ある論文のデータに関する質問から始まったものはスキャンダルになり、クモや他の動物に関するデータを使用したいくつかの撤回や他の多数の論文が、彼の元学生やポスドクを含む多くの共著者によって精査されています。 さらに多くの収縮が起こると予測されており、おそらく行動生態学にとっては前例のない数ですらあります。 怒りはTwitterハッシュタグ#PruittDataさえも獲得しており、そこで科学者は彼の結果を分析する方法を議論し、その分野への影響を議論しています。 2020年02月 Nature ‘Avalanche’ of spider-paper retractions shakes behavioural-ecology community
 行動生態学者Jonathan Pruittが共著した社会性クモに関する論文の数々で、データ捏造疑惑が。
著名なクモ生物学者のデータに疑惑、広がる波紋
2020年01月  中国:世界第2位の兵器製造国へ (al-Quds al-Arabi紙)
2020年01月 Science/AAAS  Animal rights conflict prompts leading researcher to leave Germany for China
 神経科学者ニコス・ロゴテティスが上海の新しい霊長類研究所を共同指揮する Nikos Logothetis



→ 「科学と社会」2020年1〜4月にはまだつづきがあります 

動物行動学 動物の心:
2020年1〜4月

ほか「動物行動学 動物の心」の年月別目次


2020年02月 幼虫ゴキブリのフェロモンに反応する感覚神経の存在を世界で初めて発見   福岡大学
 ワモンゴキブリの幼虫が性フェロモンと集合フェロモンを高感度で受容できる感覚神経を持つ

2020年02月 Science  Mosquito heat seeking is driven by an ancestral cooling receptor
 Mosquito heat seeking is driven by an ancestral cooling receptor
2020年02月 Science  Prominent spider biologist spun a web of questionable data
ジョナサン・プルイットは、著名な人物へと急速に成長し、社会的なクモの対照的な性格(柔和と攻撃的)についての人目を引く調査結果で、行動生態学の小さな分野に注目を集めました。 しかし、わずか2週間で、このフィールドは若いスターをつけました。 ある論文のデータに関する質問から始まったものはスキャンダルになり、クモや他の動物に関するデータを使用したいくつかの撤回や他の多数の論文が、彼の元学生やポスドクを含む多くの共著者によって精査されています。 さらに多くの収縮が起こると予測されており、おそらく行動生態学にとっては前例のない数ですらあります。 怒りはTwitterハッシュタグ#PruittDataさえも獲得しており、そこで科学者は彼の結果を分析する方法を議論し、その分野への影響を議論しています。



2020年02月 National Geographic  Earthquakes can make it harder for whales to find food, first-ever study says
 2016年、大地震が動物コミュニティ全体を一掃し、食物連鎖を反響させる影響をもたらしました。
2020年02月 National Geographic JP 大地震の被害、クジラの群れにも、初の研究結果





→ 「動物行動学 動物の心」2020年1〜4月にはまだつづきがあります 

監視社会:
2020年1〜6月

ほか「監視社会」の年月別目次


2020年02月 朝日新聞 フェイクニュース、IT企業に自主対策促す 有識者会議
 「プラットフォームサービスに関する研究会」
2020年02月 スラド  Twitter、電話番号からユーザーを見つける機能が悪用されていたことを発表
 何者かがTwitter APIを悪用してユーザー名と電話番号を照合するため、大規模な偽アカウントのネットワークを使用
 特にイラン・イスラエル・マレーシアのIPアドレスから大量のリクエストが送られていた
2020年02月 産経新聞 偽ニュース対策、各国が法制化 国内の自主規制は実効性が課題に
2020年02月 AFP  ツイッター、偽情報根絶の新計画を発表 ディープフェイクも対象に
2020年02月 朝日新聞 米ツイッター、フェイク動画や写真に「情報操作」ラベル

2020年02月 AFP  米「ニュース砂漠」に進出する「なりすまし」地方紙サイト、大統領選前に激増

2020年02月 共同通信 ディープフェイク動画は半年で倍増 96%がポルノだったという



→ 「監視社会」2020年1〜6月にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー