意識・記憶・学習・ウソ:
2019年

ほか「意識・記憶・学習・ウソ」の年月別目次


2019年02月
インテリジェントな問題ソルバーは認識の操作を具体化する
私達は、漆黒の知能テストの新しいバリエーション、認識の機能の設立された手段を提出する;問題解決が具体化されることを可能にするこの新しいバージョンのよりよい性能は、試験についての学生の成功と関連する。
2019年02月 
意識の円熟科学のための機会と挑戦
  意識についての科学の研究は、複数の科学、臨床、および倫理の問題のために危険である。フィールドの成長は、また、神経学と精神衛生研究を含むいくつかのエリアに有益であるかもしれない。このゴールを達成するために、私達は必要がある 出資優先事項を慎重に設定するおよび 仕事作成や潜在的なメディア誤伝などのアドレス問題 。
2019年01月 Science 小脳による報酬回路と社会行動の調節 Cerebellar modulation of the reward circuitry and social behavior
 小脳への損害は、自身を認識の損傷および異常な社会的な行動の様々な形に明示する。
 腹被蓋エリアへの小脳のインプットは、社会的な探検の間に、よりアクティブであった。従って、腹被蓋エリアニューロンの消極は、同様な報酬刺激がマウスのための社会的なインタラクションであるのを見せる。
2019年01月 Nature Human Behaviour 
  脳接続性の多峰性の画像処理は、統計の学習の時に個々の決定戦略の予言者を明らかにする
  行動のモデリングを機能的で、構造の脳接続性と結合することによって、私達は、個人が、別個の脳ネットワークを雇う交替の決定戦略を使用して可変の環境の構造を学ぶことを示す。



→ 「意識・記憶・学習・ウソ」2019年にはまだつづきがあります 

生命倫理、生命操作、安楽死:
2019年

ほか「生命倫理、生命操作、安楽死」の年月別目次


2019年02月 Nature Human Behaviour 
生殖系列ゲノム編集のための提案された翻訳上の小道に質問する
  科学のコミュニティからの汚名にもかかわらず、生殖系列ゲノム編集による最初のCRISPR赤ん坊の万物は、実行について意思より多く討論に通じていた。『大まかな社会合意』 時 whether に達するために、私達には、公立の教育、婚約、およびエンパワーメントが必要である、どのように 遺伝性のゲノム編集を追跡する not
フランソワーズ・ベイリス Françoise Baylis
2019年02月 Nature 他国が敬遠する中、中国はヒト疾患モデル作製を目指して非ヒト哺乳類のクローン化研究を。 Chinese effort to clone gene-edited monkeys kicks off
2019年02月 朝日新聞 遺伝子改変による受精卵での妊娠認めず 政府有識者会議
2019年01月 読売新聞 ゲノム編集で妊娠、昨春に懸念伝える…米研究者
 賀氏が昨年4月に米国の研究者に妊娠成功を伝えていた
 2006年ノーベル生理学・医学賞、米マサチューセッツ大のクレイグ・メロー特別教授
  賀氏が設立したバイオ関連企業のアドバイザーを務めていた
2019年01月 AFP  中国「遺伝子編集」でもう1人妊娠中、研究者は警察捜査対象に 報道
2019年01月 Science 政府報告書がCRISPR双子の作製者を非難  Government report blasts creator of CRISPR twins
2019年01月 BioToday 遺伝子編集赤ちゃんを作った中国研究者が倫理報告を捏造したと報じられている



→ 「生命倫理、生命操作、安楽死」2019年にはまだつづきがあります 

再生医療 ES細胞、幹細胞、iPS細胞:
2019年1〜6月

ほか「再生医療 ES細胞、幹細胞、iPS細胞」の年月別目次


2019年02月 iPS 細胞の品質管理を迅速かつ簡便に行える顕微鏡システムの開発
 顕微鏡観察により細胞の多能性を生きたままで定量的に評価  筑波大学
2019年02月 iPS細胞を用いて遺伝性間質性肺炎の病態解析に成功 間質性肺炎の原因究明の足がかりに 京都大学 日本医療研究開発機構
2019年02月 「ヒトiPS細胞由来肝星細胞の作製と細胞間相互作用を介した肝細胞の成熟化に成功」 肝再生医療発展への寄与、肝硬変の治療法開発に期待 東京医科歯科大学 日本医療研究開発機構
2019年02月 Nature 幹細胞機能の翻訳調節

2019年02月 Nature マウスの関節の再生
2019年02月 毎日新聞 ラット体内でマウス腎臓作製に成功 複雑で大きな臓器では初
 ラットの受精卵にマウスのES細胞(胚性幹細胞)を入れて子宮で育てる
2019年02月 AFP  ラット体内でマウスの腎臓作製、ヒト移植に道を開く可能性 生理学研
2019年02月 Nature ラットの体内でマウスの腎臓を作製する
2019年02月 EurekAlert-Science 遺伝子操作によって腎臓を作ることが出来ない動物に 別の種の多能性幹細胞からなる腎臓を発生させることに成功!
 科学技術振興機構 東京大学 生理学研究所 日本医療研究開発機構



→ 「再生医療 ES細胞、幹細胞、iPS細胞」2019年1〜6月にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー