科学と社会:
2021年

ほか「科学と社会」の年月別目次


2021年10月 Science/AAAS  Kyoto University to close leading primate center over misuse of construction funds
京都大学、有力霊長類センターを閉鎖へ 建設資金の不正使用で
  松沢哲郎前所長は昨年解任されたが、大学側はさらなる措置を講じている
2021年10月 Nature NASA won’t rename James Webb telescope — and astronomers are angry
NASAがジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の名称を変更しないと発表したが、多くの天文学者が怒りの声を。
  同庁は、旗艦天文台の名前の由来となった人物が反LGBT+活動に関与していた証拠はないとしていますが、ウェッブに責任があるとする意見もあります。
 「ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)」
2021年10月 Nature Why COVID vaccines didn’t win a science Nobel this year
SARS-CoV-2ワクチンが今年のノーベル賞を逃した理由とは。
  メッセンジャーRNA技術を用いて開発されたCOVID-19ワクチンの受賞が見送られたことに、驚きと落胆の声
  関係者やウォッチャーによると、タイミングや技術的な詳細、政治的な問題から、今年の受賞は望み薄だった
  候補者は、2月1日までに提出しなければなりませんでした。これは、最初のmRNAワクチンをはじめとするいくつかのワクチンが臨床試験でその効果を証明してから2カ月以上が経過していたが、パンデミックへの影響が完全に明らかになる前だった
  発見からノーベル賞受賞までの期間は、現在では平均30年以上
  ノーベル賞は、魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える科学者に贈られる傾向があります
  mRNAワクチンは明らかに候補だが、開発が複数の分野に深く根ざしている関係で、委員会は誰を何のために表彰するかについて決定が難しい
2021年10月 Nature Science agency on trial following deadly White Island volcano eruption
ニュージーランドの地球科学研究機関GNSサイエンスが、2019年のホワイト島の噴火で死者・負傷者が出たことに関して刑事責任を問われ、裁判に。
2021年10月 Nature COVID scientists in the public eye need protection from threats
COVID-19に関して公共の場で発言した科学者がハラスメントを受ける事例が増えており、所属研究機関は彼らを守るよう力を尽くすべきだ。
2021年10月 Nature ‘I hope you die’: how the COVID pandemic unleashed attacks on scientists
科学者への風当たり
  多くの研究者が、COVID-19に関してメディアで意見を述べた後で、殺害予告や身体的・性的暴力の脅しを受けていたことが、Natureのアンケートから明らかになった。
2021年10月 読売新聞 京大霊長類研が解体へ…「ヒトとは何か」解明目指し、国内外の研究をリード
2021年10月 Science/AAAS  Cosmic Dawn, Nitro, GeoTime—diverse South African scientists get superhero alter egos
コズミック・ドーン、ニトロ、ジオタイムなど、南アフリカの多様な科学者たちがスーパーヒーローの分身を得ました。
  マーベルコミック風のトレーディングカードの作者は、子供たちに自分に似た研究者を見てもらいたいと考えています。
2021年10月 Science/AAAS  One reason men often sweep the Nobels: few women nominees
ノーベル賞を男性が独占する理由のひとつは、女性の候補者が少ないことです。
  ノーベル賞科学分野の受賞者の中に女性が含まれていたのは、121年の歴史のうち18年だけでした。
  内部データによると、原因の1つが女性候補者の少なさ。
  近年、プロセスの変更により、候補者に占める女性の割合は約2倍になりました。
  スウェーデン王立科学アカデミーは2018年、多様性を促進するために候補者の推薦方法を変更することを発表しました。選考委員会は、より多くの女性や世界中の科学者を含めるために、推薦書の提出を呼びかける人のリストを広げました。また、招待状の文言を調整して、社会的弱者の存在を明示し、科学者に1つではなく最大3つの発見を推薦するよう求めました。ノーベル賞の生理学・医学部門を担当するカロリンスカ研究所も同様の変更を行いました。
  選考委員会はこれまで、ノーベル財団の規定により、候補者の統計情報を50年間秘密にすることになっていました。しかし、委員会のメンバーは、データの概要を「Science」誌に発表しました。ノーベル生理学・医学賞の候補者総数は、2015年の約350人から今年は874人に急増しました。その間、女性の候補者の割合は、2015年の5%から今年の13%へと、2倍以上に増加しました。化学委員会も同様に増加しました。7%から8%と、2018年以降、女性候補者の割合は倍増しています。
  科学のノーベル賞受賞者の男女格差は、他の権威ある科学・工学・数学の賞の受賞者よりも大きい
  候補者に占める女性の割合は非常に低く、20年前に科学をしていた女性の割合を表しているとは思えません
  もっと多くの女性を推薦してほしい

2021年10月 Nature Human Behaviour  You have to read this
  科学論文を読むことは、研究活動の一環として必要なことですが、文章の質が低いと、著者から読者への情報伝達が妨げられます。科学論文において物語性を取り戻すことは、厳密性や客観性と相容れないものではなく、情報過多を緩和し、出版の主要な目的であるコミュニケーションを実現することができると主張します。
2021年10月 Nature High-profile autism genetics project paused amid backlash
英国の自閉症スペクトラム障害に関する大規模遺伝学研究が、自閉症コミュニーティーへの相談が不十分であると患者や家族から強い反発を受け、中断に。
2021年10月 EurekAlert  Climate change literacy lessons from Africa
アフリカから学ぶ気候変動リテラシー コネチカット大学
 アフリカ人の3分の2以上が、過去10年間で農業生産に必要な気候条件が悪化したと回答しています。また、アフリカ人の71%が気候変動について認識しており、気候変動を食い止めるべきだと考えていますが、自分が変化を起こせると自信を持っているのは51%に過ぎません。

2021年10月 時事通信 ノーベル賞に地球科学賞はない。分野の壁を越えた受賞は、いかに重要な研究だったかを示している
2021年10月 朝日新聞 「世界一スパコンを使う男」と呼ばれた真鍋さん 頭脳流出と話題に
  2021年10月 朝日新聞 環境分野に注目するノーベル賞 「温暖化」提唱者も100年前に受賞
2021年10月 毎日新聞 東大、研究者獲得へ1千億円基金 女子学生3割目標
2021年10月 毎日新聞 将来に不安「稼ぐ力欲しかった」 研究スキル売買「私大教授」が告白
2021年10月 毎日新聞 論文作成ルール調査 文科省、研究スキル売買受け
2021年10月 毎日新聞 研究スキル売買問題 文科省が学会などの論文規定を調査へ
2021年9月 Science/AAAS  ‘It’s like a second extinction’: Retraction deepens legal and ethical battle over rare dinosaur
第二の絶滅のようなものだ」。撤回されたことで、希少な恐竜をめぐる法的・倫理的な争いが深まる 科学的な植民地主義をめぐってドイツとブラジルの党派が対立し、標本は宙に浮いた状態になっている
2021年9月 Nature Swedish research misconduct agency swamped with cases in first year
スウェーデンで2020年に新設された研究不正調査機関NPOFに、初年度だけで予想の3倍以上の調査依頼が。
 新たに設立された政府組織は、2020年に46件の研究不正調査に取り組みましたが、これは予想の3倍にあたります。
2021年9月 Nature ハッキングによって入手されたデータの責任ある使用に向けたルール

2021年9月 EurekAlert  Study: Filipino, Vietnamese and Thai students are ‘invisible’ victims of inequality in STEM fields
研究結果 フィリピン人、ベトナム人、タイ人の学生は、STEM分野における不平等の「見えない」犠牲者である ユニバーシティ・アット・バッファロー
 フィリピン人学生が科学、技術、工学、数学(STEM)分野を専攻する確率は、他のアジア系アメリカ人学生に比べて60%近く低い
  中国人、インド人、スリランカ人の学生は、選択性の高い大学に入学する可能性が最も高い
2021年9月 EurekAlert  Uncertainty on climate change in textbooks linked to uncertainty in students
教科書の気候変動に関する不確実性が学生の不確実性につながる ノースカロリナ州立大学
2021年9月 毎日新聞 研究スキル売買 8万円で購入した私立大助教の不安と背景
2021年9月 毎日新聞 大学教授ら「研究スキル売買」 サイトに118人、能力偽装の恐れ
2021年9月 Science/AAAS  Cat communication, upside-down rhinos, and submarine cockroaches sweep the 31st Ig Nobels
第31回イグ・ノーベル賞に猫のコミュニケーション、逆さサイ、潜水艦ゴキブリが選ばれる

2021年8月 日本経済新聞 日本の研究力、低落の一途 注目論文数10位に
2021年8月 Nature A bridge across the democracy–expertise divide
政治学:民主主義と専門知識の隔たりに架かる橋
  今回、革新的なアルゴリズムによって、特定の議題について学び審議する市民議会の構成員を公平に選ぶ方法が得られた。こうしたグループは、民主主義と専門知識の間のギャップを埋めると期待できる。
2021年8月 Nature African languages to get more bespoke scientific terms
アフリカの研究者たちが、「科学の脱植民地化」プロジェクトの一環として、アフリカの6言語で科学用語を増やす試みを。
2021年8月 EurekAlert  Forensic anthropological work dealing with ancestry may mistakenly support the idea that racial differences are biological
人種の違いは生物学的なものであるという考えを、祖先を扱う法人類学的研究が誤って支持している可能性がある ボストン大学医学部
  法人類学者は、人を識別するために骨格を分析します。 特に家系を扱うこの作業が、人種の違いは生物学的なものであるという考えを、誤って支持してしまう可能性がある
  法人類学は、「人種」や「祖先」の概念化や、人類の人口変動の背後にあるプロセスへの関与において、他の人類学的サブディシプリンに遅れをとっており、人種の違いは生物学的なものであるという、反証された概念を知らず知らずのうちに広めている可能性がある。
2021年8月 Nature Human Behaviour  The value of consent for biobanking
バイオバンクにおける同意の価値
  バイオバンクは、健康を増進する可能性のある仮説の大規模な検証を容易にするが、バイオバンクの参加者が自分のデータの潜在的な使用について十分に理解しているかどうかは、研究者と一般市民の関心事である。しかし、バイオバンクの参加者が、自分のデータがどのように利用されるかを十分に理解しているかどうかは、研究者や一般市民の関心事です。
2021年9月 EurekAlert  Socio-economic status of children can influence microorganisms in their digestive tract
子どもの社会経済的地位が消化管内の微生物に影響を与えることが判明 トランスレーショナル・ゲノミクス・リサーチ・インスティテュート TGen
  家族の社会経済的地位(SES)が、子どもの腸内細菌叢(消化管内の微細な生物の組み合わせ)の構成に影響を与える可能性
  SESなどの環境要因が、血圧、身長、体重、糖尿病、肥満、さらには注意欠陥・多動性障害(ADHD)などの指標に影響を与え、生涯を通じて個人の健康に影響を与えうる
  教育年数の高い親ほど、アナエロスティペス Anaerostipes、ユウバクテリウム Eubacterium、フィーカリバクテリウム Faecalibacterium、ラクノスピラ Lachnospiraceaeの含有量が多く、バクテロイデス Bacteroidesの含有量が少ないという「潜在的マイクロバイオーム因子」のスコアが高い子どもが生まれました。
2021年9月 EurekAlert  Disparities in opioid overdose deaths continue to worsen for Black people, study suggests
オピオイド過剰摂取による死亡の格差は黒人では悪化し続けていることが判明 NIH/米国国立薬物乱用研究所
2021年9月 EurekAlert  Culture determines the likelihood of unhappy employees becoming entrepreneurs
不幸な従業員が起業家になる可能性を決める文化 西安交通大学-リバプール大学
  起業を支援し評価する社会や、人々がリスクを取りやすく、変化に慣れている国では、仕事への満足度と起業の意思との間にはるかに強い関連性が見られます
  反対に、起業の正当性が低く、不確実性回避の割合が高い国では、仕事の不満が起業に結びつくことはほとんどありません
2021年9月 EurekAlert  Low-poverty US communities may eliminate cervical cancer by 2030 but high-poverty communities may lag behind
米国の低貧困地域では2030年までに子宮頸がんがなくなる可能性があるが、高貧困地域では遅れをとる可能性がある 米国癌研究協会
  高貧困地域と低貧困地域のワクチン接種率が同程度であったことから、スペンサーは、このような格差がワクチン接種率の違いによるものとは考えていません。それどころか、この研究では、高貧困地域と低貧困地域の間で子宮頸がん検診率に差があることが確認され、さらに、高貧困地域では、ワクチンの対象外であるがんを引き起こすHPV型の有病率が18.3%と、低貧困地域の8.9%に比べて高いことがわかりました。スペンサーは、これらの要因が格差の原因ではないかと考えています。
  ヒトパピローマウイルス(HPV)
2021年9月 本川・社会実情データ図録  平均寿命の不平等度(各国国内地域別)
  長寿命国の中で地域の不平等度が小さいのはスイス、日本、大きいのはスペイン、フランス。中寿命国の中で不平等度が小さいのはチリ、大きいのは英国、米国。低寿命の中国、ロシアの不平等度は大きい。



2021年8月 EurekAlert  Study: Evolution now accepted by majority of Americans
研究結果 アメリカ人の大多数が進化論を受け入れている ミシガン大学
  受け入れが急増し、2016年には多数派となりました
  2005年に先進国34カ国の進化論の受け入れ状況を調査したところ、アメリカより低いスコアを出したのは27%のトルコだけだった
  しかし、2019年までの10年間で、この意見に賛同するアメリカの成人の割合は、40%から54%に増加
2021年8月 Nature ‘Tortured phrases’ give away fabricated research papers
計算科学分野で「苦し紛れの言い回し」を含む新しいタイプの捏造論文が。
  なぜ研究者たちが「人工知能」「ディープニューラルネットワーク」「ビッグデータ」といった広く認知されている用語の代わりに、「偽造された意識」「深遠な神経組織」「巨大な情報」といった用語を使うのか
  ‘counterfeit consciousness’, ‘profound neural organization’ and ‘colossal information’
  自動翻訳や盗用を偽装しようとするソフトウェア
  このような論文は信用できないので、見つけ出して撤回する必要があります。

2021年8月 EurekAlert  Greater scientific expertise needed in Parliament to improve decision-making
意思決定を改善するためには、議会に科学的専門性を高める必要がある バス大学
  社会科学系のバックグラウンドを持つ国会議員が多いと、STEM科目(科学、技術、工学、数学)のトピックに関する議論が制限される
  国会議員の「認知的多様性」を高めるためには、政党は科学的なバックグラウンドを持つ候補者の採用に力を入れる必要がある
2021年8月 Nature モントリオール議定書は陸域の炭素貯蔵を守ることで気候変動の緩和に役立った
2021年8月 Nature The Montreal Protocol protects the terrestrial carbon sink
モントリオール議定書が陸域の炭素シンクを保護する
2021年8月 EurekAlert  One in five researchers globally report being pressured by funders to delay, alter, or not publish the findings of “unfavorable” health behavior intervention trials
世界の研究者の5人に1人が、資金提供者から「好ましくない」健康行動介入試験の結果を遅らせたり、変更したり、発表しないように圧力をかけられたと報告している PLOS
2021年8月 EurekAlert  Majority of climate change news coverage now accurate
気候変動に関する報道の大部分が正確になった コロラド大学ボルダー校(University of Colorado at Boulder
  5カ国の主要な印刷媒体は、過去15年間で90%の精度で気候変動を事実に基づいて報道している
 偏った報道を発見したのは、保守系メディア
2021年8月 Nature 生態学・進化学・保全生物学界の人種差別主義と闘う
 生態学・進化学・保全生物学(EECB)分野のための反人種差別主義的介入のツールキット
  種の命名に対する人種差別主義的影響、進化生物学界の人種差別主義的イデオロギー、保全における植民地主義的慣行
2021年8月 朝日新聞 注目度高い論文数、中国が初の首位 日本は10位に転落
2021年8月 EurekAlert  Politicians in areas with most climate risk tweet about it least
気候変動リスクの高い地域の政治家は、気候変動リスクについてのツイートが少ない コーネル大学
  民主党も共和党も、ツイートの量は市民がどれだけ関心を持っているかに基づいており、どれだけのリスクに直面しているかには全く基づいていません
  気候変動による深刻なリスクに直面している地区でも、政治家はこの話題を世論以上に押し進めようとはしません。
  地域住民の気候変動に対する関心が高ければ高いほど、その地域の政治家が気候変動に関するツイートをしている
  気候変動のリスクが最も高い地域では、指導者が気候変動に関するツイートをする可能性が低い
 地域社会の貧富の格差の結果
  気候変動の影響を最も受けやすいコミュニティの多くは、最も貧しいコミュニティ
  政治家が世論に左右されることなく、事実に基づいてリーダーシップを発揮するのか、それとも世論に従うだけなのか、つまり「群衆に合わせる」のか
2021年8月 Science/AAAS  Genetic papers containing data from China’s ethnic minorities draw fire
中国の少数民族のデータを含む遺伝子論文が炎上
  同意と虐待の可能性に関する質問が、撤回や調査のきっかけとなる
  「中国の男性遺伝子のランドスケープ」を記述した「Human Genetics」の2017年の論文
 主に法医学の遺伝学分野において、同意の問題やデータの悪用の可能性を考慮して精査する必要がある中国の論文は山ほどあるだろう
 中国では、インフォームド・コンセントの有効性を判断するのは非常に困難です。
  2019年の「4つの異なる中国の集団における遺伝子マーカーの評価」は、漢族については倫理承認を得ていたが、チベット人、ウイグル人、回族の参加者については倫理承認を得ていなかったことが判明し撤回
2021年8月 Science/AAAS  Major U.K. science funder to require grantees to make papers immediately free to all
英国の主要な科学助成団体が、助成対象の論文を誰でもすぐに無料で読めるようにすることを義務付ける
  英国科学財団(UKRI)が助成する研究は、欧州のオープンアクセス推進に沿ったものになるという新方針
2021年8月 Nature NASA investigates renaming James Webb telescope after anti-LGBT+ claims
ジェームズ・ウェッブがゲイやレズビアンを迫害していたとの報道を受け、NASAは今年打ち上げ予定の宇宙望遠鏡の名称を変更するか検討しています。内部調査
  ハッブル宇宙望遠鏡の後継機であるこの旗艦観測所は、差別を記念するものだと主張する天文学者もいる。しかし、もっと多くの証拠が必要だという意見もあります。望遠鏡の名称変更を求める署名活動を開始しました。この嘆願書には、望遠鏡での観測時間を与えられた科学者を含む1250人の署名が集まっています。
  ウェッブが米国政府でのキャリアをスタートさせた1940年代後半、ゲイやレズビアンの従業員は、性的指向を理由に組織的に根絶やしにされ、解雇されていた。
  この時代は「ラベンダー色の恐怖」と呼ばれ、反共産主義の「赤の恐怖」とよく絡めて語られていました。ラベンダー色の恐怖」では、同性愛者は、自分の性的指向を必死に隠している変態であり、脅迫によって政府の機密を漏らしてしまう可能性があると、真実味のないイメージを持たれていました。その震源地は、外交政策を担当する国務省である。
  NASAは、調査が完了する時期の見通しを示していない。Odom氏によれば、COVID-19の大流行により、歴史家が記録文書にアクセスすることが制限されているという。
  最終的にはNASAのビル・ネルソン長官が決定しますが、彼はこの件に関して公には何も言っていません。候補となる名前の明確なリストはありませんが、多くの人が非公式な提案をしています。ウォルコヴィッチをはじめとする天文学者たちは、19世紀の米国で奴隷制廃止のために戦い、星を使って黒人を自由に導いた元奴隷の女性にちなんで、ハリエット・タブマンを提案している。ニュージャージー州ニューブランズウィックにあるラトガース大学の天文学者Saurabh Jha氏は、20世紀初頭に宇宙の組成に関する天文学者の理解に革命をもたらしたCecilia Payne-Gaposchkinの研究を提案しています。
2021年8月 EurekAlert  Family values outweigh politics in US Latinos’ climate beliefs
米国のラテン系住民の気候に関する信念では、家族の価値観が政治を上回っている コーネル大学
 米国のラテン系住民にとって、気候変動に関する意見や政策支持を予測するには、政治的見解よりも家族的価値観の方がはるかに強い
  米国のヒスパニック系およびラテン系住民は、環境に対する関心、特に気候変動に対する関心が最も高く、気候変動の緩和を支持しているという研究結果が増えています
  ラテン系の人々は、海外に住む家族を含む大家族との接触が多く、中には気候変動が壊滅的な影響を及ぼしている場所もある
2021年7月 LiveScience DeepMind says it can predict the shape of every protein in the human body
DeepMind社、人体のあらゆるタンパク質の形状を予測できると発表
  AI企業のDeepMind社は、人体および20種の研究動物のあらゆるタンパク質の形状を予測できると発表しました。
2021年7月 Nature  The lack of people of colour in science images must be fixed
科学界の画像記録には多様性が欠如しており、大学のアーカイブや図書館、出版社、フォトエージェンシーは改善を図る必要がある。
2021年7月 AFP  HeLa細胞提供の黒人女性遺族、製薬大手提訴へ フロイドさん事件弁護士と

2021年7月 BioToday Googleの姉妹会社DeepMindの人工知能がヒトゲノム蛋白質ほぼ全ての構造を予想
2021年7月 朝日新聞 修士課程6人に1人、300万円超の借入金 博士課程へ進学率半減の背景か
2021年7月 National Geographic  Nearly half of Americans say climate change has become a bigger threat
アメリカ人の約半数が「気候変動はより大きな脅威になった」と回答
  この変化の背景には異常気象があり、世論調査の回答者の約3分の1が、この変化が住む場所の決定に影響すると答えています。
2021年7月 ワイアード  「見た目が地味」な植物ほど研究対象になりにくい:研究結果

2021年7月 スラド  米昆虫学会、昆虫2種の「ジプシー」を含む一般名を廃止

2021年7月 Nature Killing at Chinese university highlights tensions over tenure system
中国・復旦大学で起きた殺人事件で、研究成果への強いプレッシャーやテニュアトラックの不公平など、中国の研究機関が抱える問題が浮き彫りに。
2021年7月 Science/AAAS  A racist scientist built a collection of human skulls. Should we still study them?
人種差別主義者の科学者が人間の頭蓋骨のコレクションを作った。私たちはまだそれらを研究すべきでしょうか?
  人類学者は、博物館に展示されている奴隷化された人々の遺骨をめぐって試練に直面している
2021年7月 Nature Human Behaviour  Technical reasoning is important for cumulative technological culture
技術文化の蓄積には技術的推論が重要
  ミクロ社会の研究において、世代を超えた物理システムの改良には、それに対する理解の向上が伴うことを示し、累積的技術文化における技術的推論の役割を示しています。
2021年7月 Science/AAAS  Landmark research integrity survey finds questionable practices are surprisingly common
リサーチインテグリティに関する画期的な調査の結果、疑わしい行為が驚くほど多いことが判明
  史上最大の調査で、オランダの科学者の12人に1人が最近不正を行ったことが判明
2021年7月 Nature 老化を標的にすることに数兆ドルの価値が見込める

2021年7月 日本経済新聞 大学院生の16%が借金300万円以上、文科省研究所が調査



→ 「科学と社会」2021年にはまだつづきがあります 

日本の考古学:
2021年

ほか「日本の考古学」の年月別目次


2021年10月 雑穀を食べていた特異な縄文人集団を発見 ~縄文人による渡来文化受容の実態解明にむけて~   東京大学
  長野県小諸市七五三掛(しめかけ)遺跡で発見された古人骨で放射性炭素年代測定を実施
  15点中13点が縄文晩期末に、2点が古墳時代に属する15点中13点が縄文晩期末に、2点が古墳時代に属する
  日本の先史時代人骨における雑穀食の確認は、長野県更埴市の生仁(なまに)遺跡につづき国内2例目。これまでに、雑穀を食用にしていた縄文人集団は見つかっていません。
  中国の新石器時代集団と比較すると、雑穀は主食とはなっておらず、縄文人が伝統的な狩猟採集を維持しながら、水田稲作ではなく雑穀栽培を主体的に選択したと考えられます
2021年10月 National Geographic JP 古代マヤ、大噴火の後にピラミッド建設、復興の象徴か

2021年10月 日本列島でのブタ飼育は、弥生時代ではなく、縄文時代にすでに行われていた?   名古屋大学
2021年9月 産経新聞 仁徳天皇陵、墳丘の浸食進むも保全事業は道のり長く
 前方部、後円部とも少なくとも10メートル前後崩落
2021年9月 NHK 平原遺跡のガラス製品 シルクロード経由の可能性 研究グループ
2021年9月 江戸時代の人骨から口腔内細菌叢を解析 ―歯石DNAから江戸時代の口腔内細菌群を特定―   東京医科歯科大学 総合研究大学院大学
2021年9月 朝日新聞 弥生時代に女性?点描、類例ない土製品確認 東奈良遺跡
  弥生時代の大規模集落跡がある東奈良(ひがしなら)遺跡(大阪府茨木市)
2021年9月 MBSニュース キトラ古墳の壁画 に「巳」の十二支像が描かれていた可能性示す痕跡 奈良・明日香村
2021年7月 産経新聞 都造営の拠点施設か 長岡京で大路側溝とともに出土
  西一坊大路跡沿い(京都府長岡京市神足2)から大規模施設跡
2021年7月 伊賀タウン情報 YOU 奈良時代の役所か 名張・薦生遺跡で大型の掘立柱建物群確認
  名張川左岸の段丘上にある縄文から中世の遺跡「薦生遺跡」の発掘調査
2021年7月 産経新聞 縄文時代の住居は「土屋根」だった 「茅葺き」は登呂遺跡のイメージが定着、30年の研究で変化
  新たに復元整備される遺跡では土屋根が主流になる
  「御所野遺跡」(岩手県一戸町)で平成8年に行われた焼失住居跡の調査では、焼け残った柱や屋根材と焼土の堆積状況から全国で初めて縄文時代の土屋根住居を確認。樹皮の下地に土をかぶせた土屋根が復元された。



→ 「日本の考古学」2021年にはまだつづきがあります 

ヒト祖先の芸術・技巧、過去の文化:
2021年9〜12月

ほか「ヒト祖先の芸術・技巧、過去の文化」の年月別目次


2021年10月 Nature Human Behaviour  Earliest evidence for human use of tobacco in the Pleistocene Americas
更新世のアメリカ大陸で人類がタバコを使用していた最古の証拠
  更新世の焚き火台からタバコの種子が発見されたことから、人々はアメリカ大陸に到着して間もなく、この植物の酩酊効果を知り、世界的な社会的影響を伴う長い使用の伝統を開始したと考えられる。
2021年10月  チベット高原で旧石器時代の遺跡発掘 アシュール文化に匹敵か
  稲城皮洛遺跡 青蔵高原(チベット高原)東部に位置し、全体で約100万平方メートル 13万年前
  西洋の後期アシュール遺跡の出土品に匹敵する
2021年10月 EurekAlert  Italian sailors knew of America 150 years before Christopher Columbus, new analysis of ancient documents suggests
イタリアの船乗りはコロンブスの150年前にアメリカを知っていた。 テイラー&フランシス・グループ
  ミラノの修道士Galvaneus Flammaが1345年頃に書いた文書を書き起こし、詳細に分析した結果、今日我々が北アメリカとして知っている地域について言及している
  ジェノバの船乗りたちがすでにこの土地を「Markland」または「Marckalada」として認識されており、学者たちは北米の大西洋沿岸の一部(通常、ラブラドルまたはニューファンドランドとされている)と認識しています。
  ジェノバやカタルーニャで描かれた14世紀のポルトラン(海図)には、これらの地域との直接的な接触によって得られた、より高度な北方の地理的表現がある
2021年10月 EurekAlert  Roman noblewoman’s tomb reveals secrets of ancient concrete resilience
ローマ時代の貴婦人の墓から、古代のコンクリートの復元力の秘密が判明 ユタ大学
 1世紀の貴族であるカエシリア・メテッラの大きな円筒形の墓
 建設者が選んだ火山性の骨材と、その骨材が2千年の間に雨や地下水と異常な化学的相互作用を起こした
  Caecilia Metella  チェチーラ・メテッラの墓
  四角い台座の上に乗った太鼓型の塔で、高さ約70フィート(21m)、直径約100フィート(29m)です。前30年頃、ローマ共和国が前27年にアウグストゥス皇帝率いるローマ帝国に変貌した際に建てられたもので、アッピア街道で最も保存状態の良い遺跡の一つ
  セメントを使用しない、共和制末期のローマにおけるコンクリート建築の洗練された技術の一例
  粗いレンガや火山岩の骨材を、水和石灰と火山テフラ(爆発的噴火によるガラスや結晶の多孔質の破片)を使ったモルタルで固めて厚い壁を作る
  火山性テフラの骨材に含まれるカリウムを多く含むリューサイトという鉱物の結晶が、時間の経過とともに溶解して、コンクリートの凝集力を有益に改造し、再編成する
  何世紀にもわたって墓の壁を伝わってきた雨水や地下水がリューサイトを溶かし、モルタルの中にカリウムを放出したのです。現代のコンクリートでは、このようなカリウムの洪水は膨張性のゲルを作り、マイクロクラックや最終的な剥落、構造物の劣化の原因となる。
  しかし、古墳ではカリウムが溶けてC-A-S-H結合相を再構成していたのです。Seymourによると、X線マイクロ回折法とラマン分光法を用いて、モルタルがどのように変化したかを調べることができた。
2021年10月 EurekAlert  Biblical burning
聖書のソドム滅亡の記述は、爆発した隕石で説明できるのだろうか?
  2005年に始まったこの遺跡の考古学的発掘調査で、研究者たちが特に注目しているのは、都市全体に存在する厚さ1.5メートルの炭素と灰の破壊層だという。この層は紀元前1650年頃(約3600年前)のもので、衝撃を受けた石英、溶けた陶器や泥レンガ、ダイヤモンド状の炭素、煤、溶けた漆喰の残骸、プラチナ、イリジウム、ニッケル、金、銀、ジルコン、クロマイト、石英などの溶けた鉱物が含まれている。
  研究者たちは、火山や地震活動、山火事、戦争、雷など、破壊を説明できる他のプロセスの可能性を検討しましたが、宇宙からの衝突やエアバーストなみに、さまざまな証拠を説明できるものはありませんでした。
2021年10月 LiveScience A rare 2,700-year-old luxury toilet found in Jerusalem
エルサレムで発見された2,700年前の珍しい高級トイレ
  考古学者はこのほど、エルサレムにある古代の王宮跡の中から、2700年前の個人用トイレを発見しました。
バイキング
2021年10月 Science/AAAS  Oldest pair of skis unearthed in Norwegian ice
ノルウェーの氷の中から発掘された最古のスキー板
 持ち主の運命はいまだ不明
2021年10月 LiveScience Iron Age skis buried under ice reunited after 1,300 years apart


2021年9月 National Geographic JP 古代エジプト、王たちが交わした382枚の「アマルナ文書」とは
紀元前14世紀に書かれた382枚の粘土板 当時の地中海東部から中東までの世界情勢や力関係
2021年9月 EurekAlert  The promise and perils of tree-ring dating musical instruments
樹木の年輪を測定する楽器の可能性と危険性 米国科学振興協会(AAAS)
 ストラディヴァリ 貴重な芸術作品の年代と出所を確認するために、年輪年代学の手法を用いている
2021年9月 EurekAlert-Science  楽器に対する年輪年代測定法への期待と懸念

2021年9月 EurekAlert  Blowing up medieval gunpowder recipes
中世の火薬のレシピを解明 米国化学協会
 西暦1338年から1400年の間は、塩硝の割合が増え、木炭の割合が減ったため、燃焼熱が下がり、中世のガンナーにとってより安全なレシピができたと考えられる。紀元1400年以降は、最も高価な塩硝の割合がやや減り、硫黄と木炭の割合が増えて、初期のレシピほどではないが燃焼熱が上昇した。
2021年9月 Science/AAAS  World’s oldest known beads found in Morocco
モロッコで発見された世界最古のビーズ
  孔の開いた貝殻は、自分の正体を知らせ、相手を惹きつけたかもしれない
2021年9月 EurekAlert  Those earrings are so last year – but the reason you're wearing them is ancient
そのイヤリングは去年のものですが、あなたがそれをつけている理由は古いものです。 アリゾナ大学



→ 「ヒト祖先の芸術・技巧、過去の文化」2021年9〜12月にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。
  • ご連絡用フォーム

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー