遺伝子、DNA、ゲノム:
2017年1〜6月

ほか「遺伝子、DNA、ゲノム」の年月別目次


2017年2月 共同通信 アイヌ遺骨をDNA研究 協会と札幌医大が覚書
 遺跡調査などの際に発掘されたアイヌ民族の遺骨が、アイヌのルーツを調べるDNA研究に使われていた
2017年2月 Nature News An epigenetics gold rush: new controls for gene expression
2017年2月 LiveScience Tweaked DNA Snippets Could Become Tiny Electrical 'On' Switches
2017年2月 Science/AAAS Biologists propose to sequence the DNA of all life on Earth
 Still-unfunded plan would start with all plants, animals, and other eukaryotes—some 1.5 million species—for the cost of the original human genome project
2017年2月 Nature がんやヒト組織の細胞レベルのアトラス作製が盛んに。
  The race to map the human body — one cell at a time
2017年2月 Nature News RNAメチル化を介して起こるtRNA修飾
2017年2月 Science DNA損傷は広範なシークエンシングエラーの原因であり、バリアントの同定に直接的な混乱を生じさせる
2017年2月 Science TZAP:テロメア長制御に関わるテロメア結合タンパク質

2017年2月 Science 遺伝子複製は酵母のタンパク質相互作用ネットワークに頑強さではなく脆弱性を付与しうる
2017年2月 NatureJP 希少な遺伝的バリアントを新たな高みに
2017年2月 かずさDNA研究所 分裂期染色体の構成要素は、DNAとヒストンからなるクロマチンだけではないことを明らかにしました。 ~DNAは“鞘(さや)”のようなもので包まれている
2017年2月 BBC News Quinoa genome could see 'super-food' prices tumble
2017年2月 AFP 奇跡の穀物キヌア、ゲノムほぼ解読 世界食糧供給の一助となるか
2017年2月 財経新聞 キヌアのほぼ完全なゲノムが解読される、品種改良につながる可能性
2017年2月 NatureJP  キヌアのゲノム:塩基配列で未来の作物をおいしくする
2017年2月 東北大学 鳥類の進化に関わったDNA配列群を同定-鳥エンハンサーの発見-
2017年2月 AFP 身長に関わる遺伝子変異83個を確認、最大2センチに影響
 83個のうちの24個は、身長に与える影響が1センチ分以上
2017年2月 NatureJP プラスモジウム属のゲノムからマラリア原虫の進化についての手掛かりが得られた



→ 「遺伝子、DNA、ゲノム」2017年1〜6月にはまだつづきがあります 

遺伝子組み換え、クローン生物:
2017年1〜6月

ほか「遺伝子組み換え、クローン生物」の年月別目次


2017年2月 AFP ゲノム編集技術による家畜改良、米専門家らの期待と警鐘
 ゲノム編集は、別の種の遺伝子を導入するのではなく既存のDNAに改変を加えるもの
2017年2月 阪大 世界初!ロタウイルスの人工合成に成功
2017年2月 LiveScience 8 Mammals That Have Been Cloned Since Dolly the Sheep
 ヒツジ、ブタ、ネコ、シカ、ウマ、イヌ、ネズミ、ヤギ、ハイイロオオカミ
 これまでにクローンが作成された哺乳類9種類
2017年2月 AFP ゲノム編集のブタ、PRRSウイルスに抵抗性か 研究
2017年2月 Nature ヨーロッパの遺伝子編集に関するルール作りは遅れており、科学者は進展のために動くべきだ。
  Gene editing in legal limbo in Europe
2017年2月 読売新聞 筋ジストロフィーのマウス、ゲノム編集で筋力回復
2017年2月 Science/AAAS New gene drive technology could wipe out malaria, but is it safe?
2017年2月 Nature  【医学研究】CRISPR遺伝子編集による筋肉の修復

2017年2月 BioToday ゲノム編集の扱い方を米国が発表〜生殖細胞への使用は厳密な監視下で可能
2017年2月 Science 胚の編集に黄色信号


2017年2月 朝日新聞 ゲノム編集の特許はハーバード・MIT側に 米当局決定
 米特許商標庁
 先に論文を発表したカリフォルニア大バークリー校のジェニファー・ダウドナ教授らが特許を認めた同庁に異議を申し立て、再審査されていたが、認められなかった。
 ダウドナ教授らが細菌のDNAを対象にした研究だったのに対し、ブロード研のフェン・ジャン博士らは13年に発表した論文で、マウスやヒト細胞にもクリスパーが使えることを示し、特許を申請していた。
 ダウドナ氏側は、連邦控訴裁判所に訴えることを検討
2017年2月 Science/AAAS Round one of CRISPR patent legal battle goes to the Broad Institute
2017年2月 Science/AAAS How the battle lines over CRISPR were drawn
2017年2月 Nature News Broad Institute wins bitter battle over CRISPR patents
2017年2月 朝日新聞 受精卵のゲノム編集、米で臨床容認へ 遺伝疾患予防のみ
2017年2月 Science/AAAS U.S. panel gives yellow light to human embryo editing
2017年2月 毎日新聞 <米科学アカデミー>ゲノム編集で出産容認 遺伝病に限定
2017年2月 AFP ゲノム編集、ヒト胚への応用一部容認を提言 米科学アカデミー
2017年2月 ワイアード 遺伝子編集がもたらすのは種の存続か、絶滅か──CRISPR-Cas9と倫理の迷宮
2017年2月 ワイアード 革命的ゲノム編集「CRISPR」、ヒトへの応用の第一歩は?
2017年2月 朝日新聞 受精卵のゲノム編集、米で臨床容認へ 遺伝疾患予防のみ
2017年2月 理研 野生マウスをおとなしく  ゲノム編集技術を応用、野生マウス系統の研究利用促進へ
 MSM系統は小型で、がんや肥満になりくい。しかし、野生由来の俊敏性により取り扱いが容易ではなく、遺伝子改変個体の作出が難しい
 アグーチタンパク質は被毛と脳に分布
  「CRISPR/Cas9法」と呼ばれるゲノム編集技術により、アグーチタンパク質遺伝子が働かない野生マウスを作出
 一部の野生マウスは人の手に乗るまでに“おとなしく”

2017年2月 BioToday 酵母の病原関連遺伝子一式を構造や相互作用も加味してより完全にヒト化
2017年2月 EurekAlert Science 細菌をハイジャックして癌を殺す
 無害になるようデザインした細菌株を注射したマウス20匹中11匹で、腫瘍の大きさが検出限界未満まで縮小
 「トロイの木馬」として弱毒化Salmonella typhimurium 細菌を利用
 この細菌は腫瘍内の低酸素環境に侵入し、海洋微生物Vibrio vulnificus の移動に関与しているFlaBと呼ばれるタンパク質に由来する、防御性マクロファージの癌排除活性を活性化する免疫反応誘発シグナルを分泌した。
サルモネラ
2017年2月 Science/AAAS Scientists turn food poisoning microbe into powerful cancer fighter
2017年2月 読売新聞 ロタウイルス、人工的に作製…ワクチン開発に期待
2017年2月 大学ジャーナル 大阪大学、ロタウイルスの人工合成に世界で初めて成功
2017年2月 Nature News Gene drives thwarted by emergence of resistant organisms
  Until this obstacle is overcome, the technology is unlikely to succeed in the wild.
2017年2月 BBC News 'Tuberculosis-resistant' cattle developed in China
 Scientists in China say they have produced cloned cattle with increased resistance to bovine tuberculosis.
 中国の科学者、結核抵抗クローン牛を生み出した
2017年2月 BBC News New 'super yield' GM wheat trial gets go-ahead



→ 「遺伝子組み換え、クローン生物」2017年1〜6月にはまだつづきがあります 

再生医療 ES細胞、幹細胞、iPS細胞:
2017年1〜6月

ほか「再生医療 ES細胞、幹細胞、iPS細胞」の年月別目次


2017年2月 読売新聞 iPS細胞から脳の血管内皮細胞を再現 京大グループ
2017年2月 毎日新聞 神経 シート巻いて再生 阪大などチームが開発
 指先がしびれる「手根管症候群」などに有効と考えられ
 体内で分解されるプラスチック
2017年2月 大学ジャーナル 乳がん患者自身の脂肪幹細胞で乳房再建 関西医科大学が臨床研究
2017年2月 LiveScience Hear This: Scientists Regrow Sound-Sensing Cells
 科学者は音感知セルを再生する
2017年2月 京都新聞 iPSで脳血管モデル 京大グループ、中枢神経薬の効果予測に
2017年2月 朝日新聞 人間の臓器、動物から作る 米で研究先行、日本は禁止
2017年2月 読売新聞 アンチエイジング目的、さい帯血幹細胞を無届け投与…医院の治療一時停止に
 埼玉県所沢市の「埼玉メディカルクリニック」
2017年2月 毎日新聞  3Dプリンター京大チーム、神経再生に成功 体負担軽く
2017年2月 朝日新聞 自分の細胞で「筒」、末梢神経を再生 京大
 自分の細胞から筒状の組織を作り、傷んだ末梢(まっしょう)神経を再生  ラットによる実験
2017年2月 京大 バイオ3Dプリンターを用いた末梢神経損傷に対する神経再生技術の開発
2017年2月 九州大学 造血幹細胞が血液細胞を作り続けるメカニズムを解明  再生医療の加速に貢献すると期待
2017年2月 財経新聞 ヒトES、iPS細胞から1週間で神経細胞を分化 慶大らが成功
2017年2月 NatureJP  乳腺幹細胞の動態
2017年2月 大学ジャーナル 脊髄損傷後の運動機能回復に重要な脊髄神経細胞を特定 京都大学ほか
2017年2月 京都大学iPS細胞研究所  患者さん由来iPS細胞を用いて、筋強直性ジストロフィーの病因である遺伝子変化を詳細に解析
2017年2月 読売新聞 iPSで脊髄治療、来年にも…慶大が学内倫理委に申請
2017年2月 財経新聞 3Dプリントで皮膚生成、6年以内に最初の身体器官が作られる可能性
2017年2月 Science miR-34aマイクロRNAの欠損は多能性幹細胞の分化能を拡大する
2017年2月 読売新聞 患者1人に1億円かかっていた!?…再生医療のコスト、初の調査
2017年2月 時事通信 iPS大量培養法を開発=臓器作成に活用期待 京大
2017年2月 読売新聞 iPS培養、特殊な「布」使って10倍に増産…京大・グンゼチーム成功
2017年2月 京都大学 ヒトES/iPS細胞の大量培養に適した細胞培養基材の開発に成功 ナノ加工した「布」が細胞培養の新機軸へ
2017年2月 京都新聞 他人のiPSで目治療、移植被験者を募集 理研など
2017年2月 読売新聞 パーキンソン病治験、他人のiPS細胞使い2018年度開始へ
2017年2月 読売新聞 他人iPSを使った臨床研究、患者募集へ
2017年2月 AFP 女性の卵子、肉体労働や夜間勤務が悪影響? 研究
 影響が最も顕著だったのは体重過多の女性と37歳以上の女性
2017年2月 LiveScience Heavy Lifting at Work Linked to Decreased Fertility in Women
2017年2月 BioToday 肉体的負担が大きい仕事をしている女性は不妊治療が成功し難いかもしれない
2017年2月 読売新聞 ゲノム新技術「受精卵応用は高リスク」…開発者
2017年2月 LiveScience Egg-Hibernating Technique Could Keep Women's Eggs Fresh
 卵子冬眠テクニック 、女性の卵を新鮮にしておくことができた



→ 「再生医療 ES細胞、幹細胞、iPS細胞」2017年1〜6月にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー