生態系、遺伝子プール、生物多様性:
2020年4〜6月

ほか「生態系、遺伝子プール、生物多様性」の年月別目次


2020年06月 THE CUT  BUNNY EBOLA ウサギエボラ(ウサギ出血病ウイルス)は人に感染する本家のエボラウイルスとは無関係
 アメリカでウサギエボラがアウトブレイクしたのは4度目(世界初事例は35年前の中国)
2020年06月 海洋深層の生物多様性で想像に反する気候変動の影響を予測 ~気候変動適応策への貢献に期待~   北海道大学
 相対的に「早い」水温変化へ対応しづらい可能性
2020年06月 National Geographic JP 心臓を一突きされたハクトウワシ 真犯人は意外な動物
 米国北東部では、ハクトウワシの個体数が回復し、攻撃的な水鳥とのいさかいが生まれている。
2020年06月 朝日新聞 感染者いない南極…コロナ持ち込まないため次期隊員半減
2020年06月 ニホンヤマビルの全国的な吸血動物を解明しニホンジカとの関係性を検証   宇都宮大学
 ニホンジカの分布しない地域ではカエル類が重要な宿主動物
2020年06月 微生物の生態系を設計する基幹技術を開発 -生態系レベルの機能を農業・医療・工業に-   京都大学
 生態系全体の生物機能を最大化・安定化する可能性の高い微生物(「 機能コア微生物」)を見つけ出す手法
2020年06月 毎日新聞 ネオニコ系農薬を規制強化 野生ミツバチへの影響評価も追加 環境省方針
2020年06月 毎日新聞 イネ害虫駆除農薬制限 ネオニコ系 ハチ大量死一因
2020年06月 Science  Information arms race explains plant-herbivore chemical communication in ecological communities
生態学的コミュニティにおける情報軍拡競争が植物-草食動物の化学コミュニケーションを説明
2020年06月 Science  Landscape-scale forest loss as a catalyst of population and biodiversity change
人口と生物多様性変化の触媒としての景観規模の森林損失
 世界中の生態系群集における6000種以上の時系列の種の豊富さ、豊富さ、構成からのデータを統合
2020年06月 Science  Genetic variation in boreal conifers
亜寒帯針葉樹の遺伝的多様性
北方林は気候変動の影響を受けています
 より乾燥した気候の場所からの樹木は、より湿度の高い場所からの樹木よりも、木部の解剖学の変化と干ばつ後のより良い回復を示しました。
サンゴと共生者
2020年06月 Nature 共生の秘密
 ソフトコーラルであるウミアザミ属(Xenia)の1種に関してゲノムの塩基配列解読を行い、この種をモデルとして用いて藻類との共生に関連する細胞集団が胃腔の内層にある
2020年06月 Nature Model system might reveal how coral cells take up and evict algae
サンゴの細胞が共生藻類を追い出す仕組みを明らかにし得るモデル系
2020年06月 Nature Lineage dynamics of the endosymbiotic cell type in the soft coral Xenia
ウミアザミ属のソフトコーラルにおける、細胞内共生を行う細胞タイプの系譜ダイナミクス
2020年06月 南極の海氷がペンギンの繁殖に影響するメカニズムを解明   国立極地研究所
 渡辺佑基
 ビデオカメラを背中に、加速度記録計を頭にそれぞれ取り付けたアデリーペンギン
 歩くよりも泳いだほうが速いため、海氷のなくなったシーズンには、移動距離が増えたにもかかわらず、移動時間が減り、割れ目を探して浮上する必要がないため、一回の潜水時間が短くなりました。
 海氷のなくなったシーズンには、ペンギンが一回の潜水で捕らえるオキアミの数が上昇
 アデリーペンギンは普段から海氷が少なく、海面が露出している南極半島などの地域にも生息
2020年06月 National Geographic  National parks are being overrun by invasive species
国立公園は外来種だらけ
 自然災害よりも多くの生息地の損傷を引き起こし、これらの生き物は在来の野生生物を危険にさらします。
2020年06月 AFP  プラスチック、南極の陸上食物連鎖に「すでに侵入」 研究

2020年06月 BBC News Climate change: Planting new forests 'can do more harm than good'
 新しい森林を植えることは「善よりも害を及ぼす可能性がある」
 気候変動と戦うための大規模な植樹は裏目に出るかもしれない
2020年06月 ワイアード  海はマイクロプラスティックを大気中に放出し、爽やかな潮風まで“汚染”していた:研究結果

2020年06月 National Geographic JP 中国、センザンコウのウロコを伝統薬の承認リストから除外

2020年06月 ワイアード  マイクロプラスティックは深い海底にも堆積し、生態系を“汚染”している

2020年06月 Science  Cascading social-ecological costs and benefits triggered by a recovering keystone predator
 回復期にある中枢の捕食者によって引き起こされる社会生態学的コストと利益のカスケード
 観光、ナマズの漁業、炭素回収などのケルプフォレストに関連する機能の価値が、経済への損失を上回っている
 生態系の回復は、生態系と経済の両方に利益をもたらす
2020年06月 Nature Emergent constraint on Arctic Ocean acidification in the twenty-first century
21世紀の北極海の酸性化に対する新たな制約
2020年06月 AFP  ドローンを使ってシャボン玉で人工授粉 研究
 手作業による人工授粉と同程度の割合で実を付けた
2020年06月 National Geographic  Sea turtles can carry more than 100,000 tiny animals on their shells
2020年06月 National Geographic JP ウミガメの背に10万もの生物がヒッチハイク、研究

2020年06月 EurekAlert-Science  ラッコ個体群の回復には費用を上回る便益がある

2020年06月 Science/AAAS  Plastic dust is blowing into U.S. national parks—more than 1000 tons each year
2020年06月 EurekAlert-Science  マイクロプラスチック汚染は米国西部の人里離れた保護地区にまで広がっている
2020年06月 Science  Plastic rain in protected areas of the United States

2020年06月 海洋酸性化は単細胞藻類の運動を低下させる   筑波大学
 鞭毛タンパク質の遺伝子発現の低下
2020年06月 見えてきた!土の中のミラクルワールド:根圏 ~植物の根と微生物が土の中で繰り広げる営みを観る~   北海道大学 農業・食品産業技術総合研究機構 環境科学技術研究所 量子科学技術研究開発機構
 植物体内の目に見えない元素の動きを追跡できるRIイメージング技術という量子技術に着目し、根が周りの土に放出した分泌物を観察する「根圏イメージング」という手法を開発
2020年06月 LiveScience Why these rattlesnakes are declining at an alarming rate
 カナダのブリティッシュコロンビアではガラガラヘビが脅かされており、多くの個体数が驚くべき速度で減少しています。
2020年06月 日本の森林の炭素貯留能力は本当はムチャクチャすごかった!   東京大学
 15000点に近い毎木調査
2020年06月 ワイアード  水田での稲作は地球温暖化を促進するが、魚を育てれば問題が解決する:米国のNPOが実証

2020年06月 National Geographic  This map shows where on Earth humans aren’t
この地図は、地球上で人間がいない場所を示しています
2020年06月 「冬水たんぼ」は水質保全に貢献する ~冬季湛水により水田からのリンの流出が平均して26%低下~   広島大学 京都大学 総合地球環境学研究所
 湿地を利用する生物に生息地や産卵場所を提供し、その多様性を回復させる
2020年06月 日本の水草に気候変動の影響 -120年・248湖沼のデータから見えてきた絶滅リスク-   国立環境研究所 東邦大学
 ヒシやクロモのように多くの湖沼で安定して存続していた水草が確認された一方で、コウホネ類(オグラコウホネ・オゼコウホネ等)、ヒルムシロ類(オヒルムシロ・ナガバエビモ等)のように顕著に減少した水草も見出されました。特に沈水植物(茎も葉も水中にある水草)の減少が顕著
生物的相互作用は外来植物の侵入に対する生態系応答を促進する
2020年06月 Science  Biotic interactions drive ecosystem responses to exotic plant invaders
 侵襲性植物が生物的相互作用を通じて炭素隔離に影響を与え、抑制する可能性
 外来種との新しい生物学的相互作用が、以前に認識されていたよりも生態系変換のより重要な推進力である
2020年06月 National Geographic  West Nile virus is still here, and it has killed millions of U.S. birds

2020年06月 National Geographic JP 世界で巨木が死んでいる、115年間で原生林の3分の1超が消失

2020年06月 BBC News Extinction crisis 'poses existential threat to civilisation'
絶滅危機は「文明に存在の脅威をもたらす」
温暖化にもかかわらず炭素を貯蔵する熱帯林
2020年05月 Science  Tropical forests store carbon despite warming
 温暖化が産業革命以前のレベルを2°C超えると、蓄積するよりも多くの炭素が失われ始める
乾燥した泥炭地のマイクロバイオームの再湿潤
2020年05月 Science  Rehydrating peatland microbiomes
微生物群集は、非排水泥炭地と乾燥泥炭地で異なっていました。 再湿潤された泥炭地は微生物群集の回復を示したが、長時間の乾燥時間中の有機物の損失は、微生物叢の回復を制限しているように思われた。
2020年05月 National Geographic JP 上海ガニの密輸に困惑する米国、すでに野生化も
昨秋1万5000匹を押収、ヨーロッパでは20世紀に大きな打撃

2020年05月 ツバルのサンゴが記録していたサンゴ礁劣化の歴史 サンゴ骨格年輪に黒色バンドとして記録された無酸素環境   東京大学
 2009年ツバルの首都フォンガファレ島で採取したサンゴ年輪の最上部に、黒色バンド
 硫化鉄がサンゴ骨格の炭酸塩結晶中に沈殿しており、海底堆積物に見られる黒色還元層と同様の成因
 嫌気性バクテリアによる硫酸還元(無酸素状態: Anoxic)が1990年代から季節的に発生し、サンゴが斃死(へいし=大規模死)して藻場に変わってしまう
2020年05月 National Geographic JP 北大西洋の絶滅危惧セミクジラ、痩せすぎが判明、科学者ら危惧

2020年05月 BBC News 'Billions of years of evolutionary history' under threat
 科学者によると、地球上で他に類を見ない「奇妙で素晴らしい」動物は絶滅に向かっています。
2020年05月 海洋コンベアベルトの終着点における栄養物質循環の解明~縁辺海が海を混ぜ,栄養分を湧き上がらせる~   北海道大学 長崎大学 東京大学
2020年05月 大学ジャーナル  海洋コンベアベルトの終着点である北部北太平洋が肥沃化する仕組み

2020年05月 National Geographic JP タツノオトシゴの新種、まさかのアフリカで発見
 最も近くに暮らす仲間から8000キロも離れた場所

森林微気象ダイナミクスは植物の温暖化への反応を促進する
2020年05月 Science  Forest microclimate dynamics drive plant responses to warming

2020年05月 Science/AAAS  Would you pay to save this creature? Fake beasties reveal why some animals get conservation bucks
 この生き物を救うためにお金を払ってくれませんか? 偽の獣が一部の動物が保護金を受け取る理由を明らかにする
 寄付者にとって何が魅力的かを知ることで、保全慈善団体のマスコットを特定できる



→ 「生態系、遺伝子プール、生物多様性」2020年4〜6月にはまだつづきがあります 

フェミニズム科学 ジェンダー問題と科学者:
2020年

ほか「フェミニズム科学 ジェンダー問題と科学者」の年月別目次


セクシャルハラスメントと闘う
2020年06月 Science  Combating sexual harassment
 今週、NIHは変更を発表します。これにより、助成機関や調査官がこの不正行為に責任を負うことで、研究やトレーニング環境でセクハラやその他の不適切な行動が許容されない文化がさらに育まれます。
2020年06月 Science  NIH requires disclosure about sexual harassment by grantees
NIHが被支給者によるセクシャルハラスメントに関する開示を要求
2020年06月 LiveScience Nonbinary astronomers need better support from their field, study finds
 天文学における男女平等は、男性/女性の性別バイナリで終わるわけではありません。
2020年06月 EurekAlert-Science  一部のSTEM分野の研究における根強いジェンダーギャップに取り組む
 生物学、化学、数学、他の多数のSTEM専攻では、男女比は現在ほぼ同等であるが、物理、工学、コンピューターサイエンス(PECS)といった分野では男女比は4対1に留まっている。 2020年06月 Science  Combating sexual harassment
セクシャルハラスメントと闘う

2020年04月 Science/AAAS  Female scientists allege discrimination, neglect of research on women at NIH’s child health institute
 女性科学者がNIHの児童保健機関での差別、女性に関する研究の怠慢を主張



→ 「フェミニズム科学 ジェンダー問題と科学者」2020年にはまだつづきがあります 

ヒト祖先の芸術・技巧、過去の文化:
2020年5〜8月

ほか「ヒト祖先の芸術・技巧、過去の文化」の年月別目次


分子遺伝学的および地球化学的アッセイにより、マヤの古代都市ティカルの飲料水貯水池の深刻な汚染が明らかになる
2020年06月 Nature Molecular genetic and geochemical assays reveal severe contamination of drinking water reservoirs at the ancient Maya city of Tikal
 有毒物質を生み出す2種類のシアノバクテリア(藍藻)の痕跡
 赤い塗料に使った成分のひとつは、赤い色をした鉱物、硫化水銀
2020年06月 LiveScience First evidence that ancient humans ate snakes and lizards is unearthed in Israel
古代の人間がヘビとトカゲを食べたという最初の証拠はイスラエルで発掘されました
2020年06月 Nature Hundreds of Israel’s archaeological sites are vanishing under concrete
埋もれゆく遺跡
  イスラエルでは、人口増から住宅建設のニーズが急増しており、研究者からは考古学遺跡の保護が不十分だと懸念の声が出ている。
2020年06月 National Geographic  Humans and dogs have been sledding together for nearly 10,000 years
 そり犬はまた、高脂肪食で繁栄する能力など、過酷なライフスタイルへの適応を進化させてきました
2020年06月 EurekAlert-Science  現代のそり犬の祖先は少なくとも9,500年前に登場し、人の暮らしを助けた
2020年07月 National Geographic JP 極寒地の「そり犬」、9500年前にはすでに活躍、最新研究

2020年06月 National Geographic  This pharaoh's painted tomb was missing its mummy
 セティ1世はエジプトで最もカラフルな王家の墓の1つに埋葬されていましたが、その豊かな装飾が施されたホールが1817年に発見されるまでに、彼の遺体は失われました。
2020年06月 LiveScience Oldest Viking settlement possibly unearthed in Iceland
 アイスランドで発掘されたおそらく最古のバイキング集落
2020年06月 豪州ABC  'Astonishing discovery' at Stonehenge reveals there's more to the prehistoric monument
 ストーンヘンジでの「驚くべき発見」は、先史時代の記念碑にさらに多くがあることを明らかにします
2020年06月 BBC News Stonehenge: Neolithic monument found near sacred site
 考古学者は、その構造は4,500年以上前のものであり、そのサイズは前例がないと言います。
2020年06月 AFP  新石器時代の「驚くべき」環状竪穴群、英ストーンヘンジ近くで発見
2020年06月 LiveScience Biggest prehistoric monument in UK discovered just a stone's throw away from Stonehenge
 英国で最大の先史時代の記念碑がストーンヘンジからすぐ近くにあります

2020年06月 Science/AAAS  Alaskan megaeruption may have helped end the Roman Republic
 アラスカの大噴火がローマ共和国の終焉を助けたかもしれない
2020年06月 National Geographic  The fierce Amazons were more than just a myth—they were real
 激しいアマゾンは単なる神話ではなく、本物だった
2020年06月 Science/AAAS  DNA from ancient Irish tomb reveals incest and an elite class that ruled early farmers
2020年06月 BBC News DNA study reveals Ireland's age of 'god-kings'
2020年06月 Nature 家族の絆:新石器時代のアイルランドの王家支配層の近親交配
2020年06月 Nature Incest uncovered at the elite prehistoric Newgrange monument in Ireland
先史時代のアイルランドの支配層の墓地遺跡で発見された近親交配
2020年06月 Nature A dynastic elite in monumental Neolithic society
新石器時代の墳墓建造社会における王家支配層
2020年06月 Science  Incest in ancient Ireland suggests an elite ruled early farmers
古代アイルランドの近親相姦からエリートによる初期農耕民の支配が示唆される
2020年06月 National Geographic  Ancient tools show how humans adapted to rainforests
2020年06月 National Geographic JP スリランカで太古の道具発見、人類が熱帯雨林に適応した過程示す

2020年06月 ワイアード  イースター島の文明は、通説のようには「崩壊」しなかった:論文が提起した新説が波紋

2020年06月 AFP  1万3500年前の鳥の彫像、東アジア最古か 研究
 中国・河南(Henan)省 焼け焦げた骨から削り出されたもの
2020年06月 AFP  万里の長城の北方区間、侵略防ぐ目的ではなかった 研究
 どちらかといえば、おそらく税を課すために、人々と家畜の移動を監視するか阻止する目的があった
2020年06月 AFP  地中の古代ローマ都市、レーダーで全貌解明 研究
 テベレ川(Tiber river)渓谷に位置する古代ローマの都市「ファレリ・ノビ(Falerii Novi)」の遺跡

2020年06月 National Geographic  Massive 3,000-year-old ceremonial complex discovered in 'plain sight'
 巨大なピラミッド型のプラットフォームは、レーザーを使用して検出されるまで気付かれず、マヤ地域で最も古く、最大の構造物です。
2020年06月 朝日新聞 マヤ文明で最大の建造物見つかる 「文明観を覆す発見」
 18年、森林や牧草地が広がる一帯の地下にアグアダ・フェニックス遺跡
2020年06月 マヤ文明最古・最大の大公共建築を発見 ―人社・青山和夫教授らの成果、「Nature」掲載   茨城大学
2020年06月 Nature マヤ文明最古の儀式用建造物が発見される
2020年06月 Nature 初期のマヤ人による大公共建造物
2020年06月 Nature Large-scale early Maya sites in Mexico revealed by lidar mapping technology
考古学:ライダーによって明らかになった初期のマヤ文明の大規模遺跡
2020年06月 Nature Monumental architecture at Aguada Fénix and the rise of Maya civilization
アグアダ・フェニックス遺跡の大公共建築とマヤ文明の起源
2020年06月 LiveScience Ancient DNA could reveal full stories on the Dead Sea Scrolls
 古代のDNAは死海の巻物に関するすべての物語を明らかにすることができた 2020年06月 AFP  死海文書の由来 「羊皮紙」のDNA調査で謎深まる
 ウシやヒツジの皮に書かれた写本は、発見地の砂漠に由来するものではない
2020年06月 National Geographic JP 死海文書、羊皮紙のDNA分析に成功、解読の新たな鍵に




→ 「ヒト祖先の芸術・技巧、過去の文化」2020年5〜8月にはまだつづきがあります 








about

  • ここは過去記事置き場です:報道や出版の経年変化を観察できます。
  • 「遷移」は「せんい」と読みます。移り変わりのことです。

ブログ内検索

 記事庫の新着・更新情報









過去記事のカテゴリー